忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   
カテゴリー「日常」の記事一覧

ガラジャ

今日は絨毯のほかにも、いいことがあった。日本への一時帰国から戻ったらいなくなっていたガラジャが、庭に来たのだ。

ガラジャは、子猫のときからうちで育っている雄猫で、去年の冬は毎晩家の中でおとなしく過ごしていた。すっかりなじんでいたはずなのに、姿が見えなくなったのでさみしく思っていたのだが、雄猫は親元から離れる習性があると読んでいたから、きっとどこかで元気にしているだろうと信じていた。実際、そのとおりだったようだ。ハリルに見せるために家の中に入れたけれど、ガラジャはすぐに窓に飛び乗って外に出たそうにし、外に出したらやはり一目散に逃げていった。もう戻ってこないかもしれないが、元気な姿を見せてくれたのでうれしい。
ナバット
話は変わって、先日クリスタルの砂糖をいただいた。先の宗教的な祝日にマシャッドという町にお参りした人のおみやげだそうだ。プラスチックのストローのようなものに砂糖が棒状に結晶化している。お茶に入れて溶かして飲むと、あまくてとてもおいしい。

PR

カーペットを洗う

先日降った二日連続の雨で、ようやく飲み水にする雨水を溜めることができた。今年は初夏に雨を溜めることに失敗したために、半年間水道の水を飲んでいたのだが、やはり、雨水の味は格別だ。お茶はもちろんのこと、お米を洗って置いておくだけでも香りがしてくるほど、水の質は違うのだった。
 

そして夏が終わるぎりぎりのところで、最後のカーペット(コンクリの床に敷き詰める化繊のもの)を洗って干した。写真のは一番大きいものだが、これを含めて五十平米以上のカーペットをわたし一人で洗って乾かした。

水切りしているところ

コンクリートの水槽の上で洗うのだが、幅が2メートルちょっとしかないので、適当に巻きながらゴシゴシ洗う。水に濡れるとカーペットは重くなって大変だ。もう今後一切洗いたくない気持ちだが、そうもいかないだろうから、大きなものは小さく切って扱いやすくしようと思っている。
残る作業はペンキ塗り。夏の宿題が終わらなかったけれど、ペンキ塗りは二階の部屋の中でしているので、そのうちに仕上げたいと思う。それが終わったらいよいよ刺繍作品の製作に取りかかることができる。いや、刺繍はもう始めなくては! いつのまにか10月半ばだ!

なぜ普通にできないのか

今週ハリルが爆買いしたものは、メロンとリンゴとサブジ。サブジに至ってはわたしが激怒して(処理しきれない)、来週からは5,000トマン分だけ買うとハリルが誓った。

この3倍の量を買ってきました(二人暮らしです)


りんごはよく食べるのでなんとかなりそうだが、先週買ったものがまだ残っていたのでジャムを煮た。またしても松浦さんのレシピを試してみたけれど、できあがったものは色味が違う。しかし母が昔作っていたジャムに味と香りが似ていた。


白いボウルに入っているまるいものは、イランのドライレモンだ。小さなライムを乾燥させたもので、煮ものなどによく使う。新鮮なレモンがあまり売っていないので、ジャムにもこれを使うようになった。

サーリジャ(小)

いつだったか、バイクに掛けるきれいなホルジュンを買ったのに、ハリルはなぜか裏返して使っている。裏返すときれいな模様が見えないばかりか、処理されていない糸が出ていて美しくないのだが、どうしてこんなことをするのだろう? なにか特別な理由で「自分のオリジナルな使い方」として気に入っているに違いない。が、しかし、どうして普通にできないのか?

一輪車とシャベル

今日はハリルと一緒に商店街に行き、一輪車とシャベルを買ってきた。家の塀を造るにあたり、土を移動させたり、本格的に仕事をする必要が出てきたからだ。


この一輪車は、今まで買ってきたものより鉄が分厚く、倍の値段がした。酸化防止のための塗料も塗ってあるようなので、長持ちすることを期待したい。バイクの後部座席にわたしが座り、両手にハンドルを持って、一輪車を後ろ向きに転がしながらとぼとぼ戻ってきた。


シャベルも分厚い金属と、まっすぐな竿を買ってきた。意味が分からない人のために、今まで使っていたシャベルをお見せしましょう。


持ち手のところに枝が出ていて手を切るし、曲がっているのでうまく力が入らない。しかも、シャベルがすぽっと抜けやすい。新しいシャベルにはかわいいマークもついていて、お気に入りの一本になりそうだ。



とりあえずは、先日できた排水溝の上にコンクリートを渡した部分に土を盛って、平らにする仕事をやるつもり。排水溝と土地のあいだの隙間も土や石で埋めようと思う。
暑さが和らいだと思ったらすぐに寒くなり、お向かいのアーフンの家はもうストーブを出したと言っていた。それでも晴れている日は、日中外で作業するならばシャツ一枚で十分だ。

インスタグラム

インスタグラムは SNS の一種かと思っていたら、ウィキペディアによれば「写真共有アプリケーションソフトウェア」だそうだ。たしかに、最初は Flickr と同じものだと感じたけれど、フォローとコメントの機能がフェイスブックと似たような感覚をもたらした。まあとにかく、写真をアップして見せたり見たりする場所のようです。わたしはスマホもケータイも持っていないので、カメラで撮影してパソコンに取り込んで、特別なアプリでインスタグラムにアップロードしている。

gomishanir(砂漠人クミコのインスタ)

このブログのリンクの一番上にリンクしておきましたので、よかったらご覧ください。ほとんどはブログに載せていない写真です。
しかしこうなってくると、いいカメラのついたスマホかタブレットを買えば、作業が楽になるのだろう。ブログやらネットやらをいっそのことやめてしまえば? と考えることもあるけれど、こういう進化によって気分が変わり、結局ずっとやっていくのかな。

悩みのるつぼ

朝日新聞に「悩みのるつぼ」という人生相談が連載されていて、それはウェブ版の朝日新聞デジタルでも読むことができる。トップページにリンクされることしばしばなので、わたしは見つけたら必ず目を通していた。
相談は新聞の読者から寄せられ、回答者は岡田斗司夫(評論家)、上野千鶴子(社会学者)、美輪明宏(歌手・俳優)、金子勝(経済学者)の四人が担当している。中でも、岡田斗司夫の回答が意表を突くようなおもしろさで、いつも感心しながら読んでいた。しかし「悩みのるつぼ」は、有料会員限定記事なので、無料会員であるわたしは一日に一本しか読むことが許されず、過去の記事をまとめて読みたくても叶わずやきもきすることになる。そんな折、岡田斗司夫の回答が一冊の本にまとめられ、しかも回答に至るまでの思考について解説されているということを知った。もちろん、即ポチった。日本で買ったKindleを使っているので、すぐにダウンロードして読み始めることができた。
著者によれば、この本は人生相談本ではなく「問題に対する考え方」を教える本だそうだ。そして11種類の「思考ツール」を披露し、それを使いながら考える方法を提案していた。思考ツールの一つ目は「分析」。何が問題点なのか、問題の本質を読むことだという。二つ目は「仕分け」。問題を解決できるものとできないものに分けていく。これだけでも、大抵のこんがらがった悩みははっきりとして、解決に近づく。残る9つのツールについても、その内容と使い方を悩み相談の実例(相談内容とその回答)をあげて説明している。
著者のように人の悩みに答える機会はあまりなさそうだが、自分の悩みにこれらの考え方を用いてみれば、だいぶ役に立ちそうだと思った。わたし自身は悩みというほどのものは抱えていないものの、つねに頭の中でもやもやしている、解決しない、こんがらがったものはあるので、これらの思考法をあてはめて考えたら、すぐにすっきりした。悩みに至る前に、整理してしまえば悩まずに済むというものだ。しかも、悩み相談の中には、自分が困っていることとぴったり同じ内容のものもあったので、それも解決した。朝日新聞に掲載された相談と回答は、本の後半にまとめて記されている。
ちなみにほかの回答者、車谷 長吉(前回答者)、上野千鶴子、美輪明宏の回答についても本は出版されている。読んじゃうかも。

夏の終わり

秋分の日にサマータイムが終わり、時計を一時間遅めた。翌日にはちょっとした嵐が来て、雨が降った。今年は、5月から9月のあいだに二回しか雨が降らなかったが、三度目の雨で、気温がぐっと下がったようだ。そして例によって、地面や木々の表面を覆った砂埃が洗われた。

ウーンラシュ

スープを作ろうと思ったらじゃがいもを切らしていたので、ウーンラシュに変更。羊で取ったスープで手打ちの麺を煮込むトルクメン料理だ。



スープを煮込んで、最後に羊の脂で揚げたニンニクを入れた

ウーンラシュを作ると、ハリルはいつも機嫌がいい。今日は「この天気にぴったりの食事だ。なんて賢い妻なんだ!」と。要は、これはハリルの好物なのだ。しばらくトルクメン料理を作っていなかったので、うれしかったはずで。

ブラマ

先週は牛No.5が出産した。子牛は、オスだった。牛の初乳をアウズというが、二日目以降でアウズほど固まらないけれど、普通の牛乳に戻っていないトロトロした状態のものをブラマという(トロトロするのは沸かしたあと)。搾乳をしているナーセル夫婦が届けてくれた。ジャムと一緒にパンにつけて食べる。



プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]