忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   
カテゴリー「食べもの」の記事一覧

雄鶏のゆくえ

 冷凍庫の肉がなくなったので、今朝は雄鶏を一羽、殺した。クミシュテペから引っ越す可能性があったため、うちは今年の犠牲祭で家畜を殺さなかったのだ。しかし、たとえ自分が食べなくても、犠牲は捧げて貧しい人に分け与えるべきだというようなことを義母は言っていた。結局、お祝いの際にナーセルの家から羊の後ろ足を一本もらってきたけれど、それももう食べてしまった。
 雄鶏は、ハリルが首を切って、わたしが捌いた。わたしたちにとっては、鶏を一羽殺すのも精神的にはきついことだ。でもクミシュテペの人にそういう感覚はないだろう。「肉が食べられる」、その一点に集約されているに違いない。実際、肉を食べるということは、その動物の血が流れるということだ。

二本のモモ肉は、ゲイメという煮込みになった

ささみは、オリヴィエ・サラダに。胸肉だけを冷凍した

昼食

ガラはスープに。2.5リットルくらい

 今日は日中ずっと台所にいて、鶏を処理し、果物を煮てケーキも焼いた。ひとつも失敗しなかったので、やりがいがあった。同時にいろいろなことをすると、失敗しがちなので。

桃ジャム

ズッキーニのパウンドケーキ

 けれど、最後で写真を撮るのを忘れてしまった。雄鶏の内臓は、トマト煮込みにして夕食に食べた。にんにくと唐辛子を効かせると、俄然おいしくなる。



PR

ウーンラシュ

 トルクメンの料理ウーンラシュ。スープと麺の比率をつかんでからは、ずっと上手に作れるようになった。羊肉のスープに小麦粉を練って作った麺を入れて少し煮込むのだが、そのときのスープの量は、わたしが想像しているよりずっと多いのが正解だった。

ケンドゥルック(ベーキングマット)の上で自家製麺を伸ばして切る

できあがりは、トロっとしたスープ。ドロッとしてはいけない

 麺の量は、二人分で小麦粉100gしか使わない。その半分の50gの水を入れてこねてまとめ、しばらく寝かせたら伸ばして切る。トルクメンは麺を薄く、細かく切っている。そしてウーンラシュには、パンを添えて食べる。


 パンの一部が欠けているのは、買ってきた人やその人が途中で会った人など、焼きたてを扱う際に関わった人がちぎって食べるからだ。焼きたてパンを持った人に差し出されたら、少しちぎって食べるのが礼儀のようだ。初めの頃は、焼きたてのパンが欠けているのは美しくないとわたしの美意識が感じていたけれど、今では一部欠けてこそ、そこに命が宿っているなどと考えることもある。いずれにしても、大したことじゃないけれど。

おうちごはん

 来週からこどもたちの学校が再開するので、ナーセルの三女と長男のために開いていた英語レッスンは終わりにした。彼らが覚えたのはアルファベットの読み書き、1から20までの数字、それからいくつかの単純な文章だ。英単語はよく覚えてきたけれど、100個には達していないだろう。しかしこの短期間でよくがんばったと思う(特に先生が)。長男はあいかわらず夕方に来て一緒にお茶を飲み、そのあと南庭でハリルを手伝っている。

ゴルメサブジ

 彼が来るのは午後3~4時なのだが、その時間にわたしたちはランチを食べている。ハリルは朝早くから牛と羊を放牧して、朝食をとるのが11時だったりするので、ランチも遅くなってしまう。

チョントリ

 今日はまたチョントリを揚げた。飲み物はチャル(ラクダの発酵乳)からヨーグルトに切り替えた。夏の暑い時期はヨーグルトを作るのに温度調整が難しいけれど、だいぶ涼しくなったので作りやすくなったからだ。ハリルは酸味のあるヨーグルトが好きなのだが、義母は酸味なしが好きなので、ナーセルの家から種をもらってきたら、しばらく冷蔵庫に放置して発酵を進ませて、それからヨーグルトを作っている。


 またハリルはチョントリはカリッと揚がったのが好みなので、今日は二度揚げしてみた。いつも、「次はカリッと揚げてくれ」と言われるのだが、一体どうやったら魚がカリッと揚がるのか、分からず困っていた。今日はうまくいったので、高めの温度で二回揚げる方法でしばらくやってみようと思う。
 インスタグラムやブログを見ていると、みなさんのおうちごはんは量が非常に少ないように感じるのだが、そのあとデザートをたっぷり食べたりしているんだろうか。うちはスウェーデン時代より食べる量が減ったけれど、それでもご飯は一人一合きっちり食べている。スイカは一人半分です。

バナナブレッドのレシピ



バター 75g
砂糖 125g
卵 1個
小麦粉 250g
ベーキングパウダー8g

バニラビーンズ
完熟バナナ 2本
レーズン 75g

(1)材料を室温に戻し、オーブンを190℃に予熱する。
(2)バターと砂糖をよく混ぜ、卵を加えてさらに混ぜる。
(3)小麦粉とベーキングパウダーをふるい入れ、塩とバニラビーンズも入れる。
(4)バナナを潰し、粉類と交互にボールに加えながら混ぜる。
(5)きつね色になるまで30分くらい焼く。

塩、バニラ、レーズンは入れなくても問題なし。もっとしっとりさせたい場合は、小麦粉を30gくらい減らすとよい。写真は、レシピの1.5倍量で作ったものです(直径24cm、深さ6cm)。

ディジー

 料理するのが面倒なとき、ディジーは最適の一品だ。材料を鍋に入れて蓋をし、弱火にかけておけばできあがる。でも前の晩にひよこ豆を水に浸しておく必要があるので、料理をさぼりたい気持ちも前日から用意しておかなければならない。


 羊肉、羊の脂、ひよこ豆、じゃがいも、トマト、たまねぎ、ドライレモンなどを入れる。スパイスはクミン、ターメリック、チリなど。何時間煮込んだかわからないほど適当に、ときどき蓋を開けて様子を見るだけだ。最初のうちはアクが浮いてきたら集めてとる。一貫して弱火なので、きれいなスープができあがる。
 この料理は、人里離れた放牧地である砂漠でも簡単にできる。ユルタの中にはストーブがあるので、その上に乗せておけば留守にしていても調理されるだろう。

二人の食事の時間がずれたので、小分けにした


 スープにはパンをちぎって入れておく。スープを吸い込んでやわらかくなったパンをスプーンに乗せてむしゃむしゃ。残りの具はまとめて潰して、パンにつけて食べる。生のたまねぎを添えるのも一般的だ。わたしは今でもトルクメンのパンの扱いがうまくならず、つまりパンに挟むとか乗せることができないので、いつも別々に食べて胃の中で一緒にしている。

カレーライス

 ひさしぶりにカレーライスを作った。ルーたっぷりの日本風カレーライスはハリルが苦手なので、カレーにしたらハリルは別の煮込みを食べるかと聞いたら、「そこまでエゴイストじゃない」と言った。つまり、わたしが食べたいのなら、自分は苦手でも同じものを食べるという。

イェ~イ! カレー!

 吉祥寺に武蔵野文庫という喫茶店があって、学生時代に友人に連れられて行った。名物のカレーライスを頼むと、いつもじゃがいもがゴロっと一つ入っていたという印象なのだが、あらためて検索してみたら、そうではないようだ。二十年以上前の思い出だから変わったのかもしれないが、これはずっとわたしの記憶に残っていて、今日はそのイメージで作った。

羊肉をチェクディルマの要領で煮込んで、骨を除く

ジャガイモはまるごと、ナスやスクウォッシュも大きめに

武蔵野文庫じゃ~

 赤いチリも入れてピリッと辛く、わたしは大満足で食べたけれど、ハリルはなにも言わなかった。普段はなにを作っても必ず「おいしい」と言ったり親指を立てたりするのだが…。そして明日の朝は、これを温め直して牛乳を入れて、カレースープにして食べようと思う。母はカレーの残りをそうしていたので、こどもの頃から食べ慣れていて好物なのだが、ハリルにとっては気味の悪いスープになるかもしれない。出さないけど。

 おやつのレシピに、ごまクッキーが加わった。ごまクッキーは前からあったが、これは見た目が違うのだ。バニラクッキーをアレンジして、グラニュー糖をまぶすべきところにごまをつけた。





 レシピどおりの配合で作ったら、甘さがたりないと感じた。グラニュー糖をまぶさなかった分、生地に砂糖を増やしたほうがよさそうだ。こどもたちに聞いたら「あまい」と言っていたけれど、(自分の)食べすぎ防止のためにもっと甘くするつもり。


 今週も夏野菜がおいしそう。チリビーンズ風の煮込みにして、もりもり食べている。面倒なので、みじん切りはやめて、すべて大きめカットだ。スイカも値上がりしたけど、まだこれだけ買えている。


ハリルの靴は30cm

ウーンラシュと果実

 夕方、ハリルがいちじくをもらってきた。近くに住んでいる親戚の家に木がたくさんあって、小さなバケツにもぎたてのを入れてくれた。待ちわびていた初物なので、とてもうれしい。

思う存分、食べました(もっとほしい)

 先日は暑い中、お昼にウーンラシュを食べた。日本のほうとうや中国の刀削麺のような、小麦の麺を煮込んだトロっとしたスープなので、「暑いから、まったく食べる気がしないよ」と言ったら、ウーンラシュは夏の食べものなのだとハリルが言った。

今回ちょっと少なめだが、ひよこ豆が入っている

和風に、ネギは刻んでみた

 ハリルは父方の祖母を見て、料理を覚えたそうだ。とてもやさしい祖母で、ハリルが初めて小学校に行った日、帰り道で待っていてくれて、学校から戻ったハリルを大いにほめてくれたのだそうだ。それで、ハリルは学校に通い始めた自分が重要な存在であると感じたそうだ。料理上手のその祖母が、冬にウーンラシュを作ることはなかったという。ならば、雄鶏のガラは大事に取っておかずに、夏のうちに食べきってしまおう。

先日、アーフンの家からもらった桃

 みなさんだいぶ実っていらっしゃる
ようで、うらやましい。
 

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]