忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   
カテゴリー「食べもの」の記事一覧

セルニック

すんごいものを焼いてしまった。こちら↓

ベイクドチーズケーキだが、ポーランド風にしたので「セルニック」か。アウズを解凍した後で、底に敷くためのビスケットがないことに気づいたけれど、どうしても焼いてしまいたかったので、セルニックのようにビスケット部分も自分で作ればいいと思いついたのだった。
材料は以前と同じだが、底と表面部分に使うビスケット生地は、材料をボールかビニール袋に入れてバターをすり潰しながらよく混ぜる。底にはしっかり敷き詰めて、表面にはパラパラと振りかける。表面に振りかける分には、カカオパウダーを混ぜて茶色い生地にしてもいいと思う。スウェーデンで買っていたポーランドのセルニックはそうだった。

[底と表面のビスケット生地]
- 小麦粉 100g
- 砂糖 50g
- バター 50g
- 卵黄 2個分
※余った卵白はメレンゲにしてケーキ生地に混ぜる

[ケーキの生地]
- アウズ+カイマック+スズメ=400g
- 卵 2個
- 砂糖 100g
- 小麦粉 30g
- オレンジの果汁(レモンジュースの代わり) 適宜
- オレンジの皮のすりおろし 適宜

ビスケット生地が用意できたら、半分くらいを底に敷き詰めたあと、ケーキ生地を作る。まずは、卵白をよく泡立ててメレンゲにする。別のボールで残りの材料を十分に混ぜ、最後にメレンゲと混ぜ合わせてからケーキ型に落とす。軽く空気を抜いてから、残りのビスケット生地をパラパラと乗せてオーブンに入れる。適度な火加減で、40分くらい焼く。

オレンジの皮のほかに、レーズンを入れたセルニックもたしかにあったと思う。
このチーズケーキのなにが特別かというと、乳牛が年に一度、出産した際にだけ出る初乳を使っていることだ。それから新鮮な牛乳で作ったスズメ(水切りヨーグルト)、生乳を温めたときにできる膜(カイマック)も特別だ。おまけに卵もうちのニワトリ様が産んだもの。オレンジが庭の木からもいだものだったら、もう夢のようだが、そこまではまだ叶っていない。いずれにしても、本来のチーズケーキというのは、酪農家のおばちゃんが新鮮な材料を使って焼いた、こういうお菓子のことなのだろう。差をつけるようで申し訳ないけれど、店で買ったクリームチーズや生クリームでは、この味は出せないのだ。

ところで、食事やパソコン作業に使っているうちの大きなテーブルとイスは、標準的な高さより10cm高い。発注するときに、なにを思ったかハリルが10cm足してしまったのだ。できあがったものは、足がつかないことはないけれど、座り心地が悪いし、腰にも悪そう…。それで、足元にフットレストになるよう大きなクッションを置いて足を乗せている。


イスを引いたところです

ところが最近は、気がつくとわたしのフットレストが猫に占領されている。足が置けないんだよね。


でもかわいいから、いいか♡

PR

ヤハナ

ヤハナは、魚を使ったチェクディルマのことだ。魚を揚げて、たまねぎ、トマトを炒めて水を入れて煮込み、お米を入れて炊き上げる。


アークバールク(白い魚)。軽くフライ


にんにく。刻む


レーズンも入れる

今回は切り身の魚を使ったので、頭でダシもとっておいた。煮込むときに水ではなくてスープを入れる。



たまねぎは色づくまでゆっくり炒め、トマトを入れて水気が飛ぶまで炒める。スープを足してグツグツ煮込み、いい感じになったら米、にんじん、レーズン、にんにくを一緒に入れる。にんじんは細切りにする。揚げた魚も入れるけど、煮込みすぎないうちに鍋から出しておく。

途中で何度か蓋を開けてかき混ぜたり、蓋についた水分を捨てたりする。これが日本米の調理と違うところだ。お米が炊けたらできあがり。煮込んでいるあいだにサラダを作ったり、ピクルスを盛りつけたりしておく。

今日も簡単なトルクメンの食卓のできあがり。朝はパンも焼いた。

カステラ

 暖かくなったからか、このところニワトリたちが卵をたくさん産むようになった。それでまた、卵をたくさん使うレシピを調べていて、今回はカステラを作ろうと思い立つ。

材料は牛乳75g、小麦粉150g、砂糖150g、溶かしバター50g、卵白と卵黄6個分。レシピをいくつか読んで、適当に配合した。卵白、砂糖、バター・卵黄・牛乳、小麦粉の順に混ぜて、生地を型に流し、弱めの火で40分焼いた。

ラップに包んで一日寝かせたりするといいようだが、わたしはパウンドケーキのようにしばらく布巾をかけておいただけで、冷めた頃に食べてみた。

外側が、ダックワーズという名前のお菓子を思い出すような食感だ。この配合だと甘さが控えめなのと、カステラに比べるとしっとり・もっちり感に欠ける。けれど、パウンドケーキとは違うたまごのおいしさが感じられたので、同じ配合でまた作ろうと思っている。

毎朝、パンを焼くことも続けている。温度計のないガスオーブンでも、こまめに使い続けると温める時間や炎の大きさを調節できるようになるものだ。最初の頃は焼きがあまめで、だんだん強く焼くようになり、今はマイルドな焼け具合に落ち着いている。


かりんジャム。最近は自分でジャム用の果物を少量買っている

チーちゃんの子猫たちは目が完全に開いて、歩きの練習を始めている。一日のうち多くの時間を子猫との添い寝に費やしているチーちゃん。それでもときどき外出しては、雄猫たちに追いかけられている。まずいと思って子猫を玄関まで持ってきて、わざと鳴かせると、チーちゃんが走って戻ってくる。すまんな。


しあわせそうだね

 
キティ。いつも隙がないね

 

アークバールク

今朝はパンを焼いていたら、親戚の漁師がまたアークバールク(白い魚)を持ってきてくれた。そして今日は2尾のうち1尾にキャビア(たまご)が入っていた!

これはバター炒めにして、パンと食べるのがクミシュテペ風だ。クミシュテペはカスピ海沿いの町なので、砂漠地帯とはいえ、漁師の町でもある。


小麦粉:全粒粉=1:1


冷めてからスライス

お昼は、魚を焼き網で焼いてデュシェメという料理にした。ジャガイモを油を敷いた鍋の底に置き、魚、たまねぎ、にんにく、レーズン、ゼレシュクなどを順に乗せていき、最後に茹でたお米を敷き詰めて弱火で炊く。できあがったら上から順に、お皿に盛りつけていく。


デュシェメ

そして夜にはキャビアを食べた。トーストしたパンにパセリバターを塗り、キャビアを乗せてかぶりついた。おいしい。さすがにここまで来るとワインが合うんじゃないかと思うけれど、イスラム共和国ではアルコールは禁じられております。

 

それから今日はタイちゃんが出産した。黒っぽいトラ柄が3匹と、黄色いトラ柄が1匹だった。またしても、ロミ夫の子が1匹(笑)。

イタリアンパセリでいろいろ


ハリルが買ってきたサブジ

大量のイタリアンパセリをどうやって食べるか、インターネットでいろいろ検索して、珍しいものを三つ作った。一つは、パセリ味噌。

味噌と砂糖を練って、茹でたパセリを加えて、フードプロセッサーにかけた。参考にしたレシピにはみりんと酒も入っていたのだが、それはないので、冷蔵庫にあった気の抜けたコーラを使ってみた。それでもなかなかおいしいものになった。日本のごはんがあったら、そこに乗せるだけでよさそうな、フキ味噌のようなものだ。うちではにんじんなど、スティック状にした野菜をつけて食べるつもり。
次に、パセリのソース。コリアンダーも似たようにして作っているのだが、今回は奮発してオリーブオイルを使ってみた。パセリ、ピーナッツ、塩、オリーブオイルで作った。これはスパゲティに絡めたらいいのかな?


うまくキューブができますように


イラン産エクストラバージンオリーブオイル

三つめは、パセリバターだ。みじん切りにしたパセリとチャイヴをバターに練りこんだ。パンにつけたり、ご飯を炊くときに入れるとよさそう。


こうやって冷蔵して、使うときに輪切りにしようと思っている


バターもイラン産(左はマッチ箱)。1個50円くらい

お察しのとおり、一日中台所仕事が続いたので、明日はもう裁縫に戻りたい。休憩用にあれがあるといいなと思い、最後のひとふんばりでこれも焼いた。


チーズケーキ

もう何枚撮っても写真がボケてしまうので、これにておしまい。ご拝読ありがとうございました~

チーズケーキ

アウズ(初乳)を使ってチーズケーキを焼いた。チーズケーキの材料は、クリームチーズと生クリームのようなので、わたしはアウズとカイマック(牛乳の膜の部分)とスズメ(水切りヨーグルト)を使った。卵も自家製なので、かなり贅沢なチーズケーキになったと思う。


焼けた~

生地を舐めたら、生のままでも十分おいしかった。これは期待が高まる。冷蔵庫で冷やして、明日味見をするつもりだ。レシピはベイクドチーズケーキを参考にした。

アウズ+カイマック+スズメ=400g
卵 2個
砂糖 90g
小麦粉 30g
オレンジの果汁(レモンジュースの代わり) 大さじ2

すべての材料を泡立て器で十分に混ぜ、敷き詰めたビスケット(バター)の上に流し込む。弱めの火加減で40分くらい焼いて、できあがり。参考にならなかったらスミマセン(笑)。

クミシュテペの店には必ず昔ながらのダイジェスティブビスケットが置いてある。15枚くらい入って、35円くらい。チョコレートがかかっているのは、50円くらいする。素朴な味のこれが好きで、ときどき食べている。


子猫も順調に育っています

カブ

先々週だったと思うが、ハリルがカブをたくさん買ってきた。牛や羊、鶏にやればいいと思ってか、あらゆる野菜を大きな袋にいっぱい買ってくるのだ。カブを10キロとか、買い過ぎだし、鶏の餌にするには細かく砕く必要があるし、あいかわらず手間がかかる。そして先週はダイコンとニンジンを同じく袋いっぱいに買い足してきた。
ピクルスを漬けたり、ポタージュにしたりして人間用にも消費してみたが、今日はまた二度目の処理をする気になった。つまり、またピクルスを漬けてポタージュの素を作り置きするのだ。


二丁できあがり

ポタージュはカブとたまねぎをうす切りにして大きな鍋に入れ、上から植物油をかけてバターをちょっと乗せて、弱火にかける。最初はオイルが回るようにかき混ぜるけれど、しばらくしたら蓋をして弱火のまま置いておく。野菜が透き通ってきたら、水を少し足してさらに煮込む。煮崩れしそうなくらい柔らかくなったら、火から下ろしてハンドミキサーでペースト状にし、火に戻して塩加減をしてできあがり。小分けにして冷凍し、食べるときに牛乳を入れて温めるだけの、インスタント食品となる。
はじめの頃は、だしを入れて作っていたのだが、だしが切れたので野菜だけで作るようになった。それでも十分おいしいので驚いた。もっとも、いつもものすごくおいしいものを食べている人には通用しないかもしれないが、シンプルな食事をしているわたしたちには十分なお味なのだった。


冷めたら冷凍する。これでまた夕食に手抜きができる~

追記:
これでようやく、カブの残りは100個くらいになった(笑)。

最新記事

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]