忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   
カテゴリー「思い出ばなし」の記事一覧

後ろ前・ちぐはぐの話

 時はさかのぼって、スウェーデンに住んでいたときの話。

 ハリルはトルクメニスタンを追われてスウェーデンに戻ってきてから最後の十二年間、タクシーを運転していた。わたしが彼に出会ったのはその期間だが、それ以前にハリルがどこで何をしてきたか、それは非常に興味深いものなので、また別の機会を作って書いていくつもりだ。今回は、夜のヨーテボリの街を運転していたハリルが遭遇した、ちょっとだけ怖い話である。
 寝ぼけ眼で仕事に出かけて運転を始めたある夜、一人の男がハリルのタクシーに乗ってきた。よく見ると、なにか薬物を摂っているようで、非常に危険な状態だったそうだ。危険というのは、人に危害を加えるといった類の暴力的なもの。ハリルは機転を利かせて、「よかったらコーヒーをおごるけど、飲みますか?」と言って、彼を店に連れ込んだ。その暴力的なナルコマン(薬物中毒者)は、ハリルの後ろについて列に並んだそうだが、そこでハリルは「あ、財布を忘れたから取ってきます」と言って外に出て、急いで警察に電話したそうだ。非常に危険な状況だから、すぐに来てくれと言った。
 電話をかけて店に戻ると、店の中ではすでに2~3人の男性が倒れていた。ハリルの予想どおり、ナルコマンは周りにいた人に暴力をふるったのだ。そしてそのうちに警官が車で駆けつけて、一人でゆっくり店に入ってきた。まずはハリルのそばに来て、「あなたが警察を呼んだんですか?」と聞いた。ハリルはそうだと答えたが、警官は彼を上から下まで落ち着いて眺めて、こう言った。

 「右と左で違う靴を履いていますね?」

 そう、寝ぼけ眼で家を出てきたハリルは、二種類の靴を片方ずつ履いていたそうだ。警官は、この通報者が本当に信頼できるのか、すばやく、しかし冷静に判断したのだろう。それからガタガタと物音がする方向にゆっくりと進み、大きな体のナルコマンをひょいとひっくり返したそうだ。そして電話をして応援を頼んだ。
 その警官がどんな風貌だったのかを尋ねたら、普通の体格のスウェーデン人だったとハリルは言っていた。なにか特別に訓練された人だったのだろう。たった一人で現場に出向いて、ゆっくり静かに任務を遂行したそうだ。最初はハリルの機転に感心して聞いていた話が、警官への憧れに変わっていったほど、小気味よかった。

 なぜこんな話になったかというと、今朝わたしは早起きして羊・ヤギ・牛の搾乳をして庭の水やりをし、朝食を用意して一服したあと、Tシャツを後ろ前に着ていたことに気がついたから。後ろ前や裏表のハプニングがあると、ハリルはいつもその一件を思い出すらしい。

PR

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]