忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

畑の様子

3月の終わりごろから試行錯誤して作った畑は、結局メロンとカボチャとトマトの畑となった。最初に植えた豆類は次々と枯れてしまい、グリーンピースも収穫したのはたった2さやで、しかもそれはサヤエンドウだった(豆なし)。でもちょうどその頃、メロンとカボチャが芽を出して植え替えどきだったので、畑を大改造してメロンとカボチャの苗で埋め尽くした。最初のころは黄色い大きなメロンの花が咲き乱れていい感じだったのだが、メロンもカボチャも徐々に勢いを失い、四ヶ月経った今は、あまり芳しくない状態になってしまった。


なんとか持ちこたえている畑

手前の一角がカボチャで、奥の壁際がトマト、残りはすべてメロンが植わっている。これだけの数があっても、握りこぶし以上の大きさで今後も大きくなりそうなメロンはたった4つしかない。小さな実がついても、途中で枯れてしまうことが多いのだった。


写真で見ると順調に育っているように見えるのだが…

また去年に比べて、メロンが成長する勢いがない。今年は春以降に雨がまったく降っていないこともひとつの理由だが、水やりが足りなかったということもありそうだ。朝か夕方、毎日一回だけやってきたのだが、近所の人は朝晩、しかもホースでびしょびしょになるまでやっているのが見える(わたしはバケツに水を汲んでやっている)。
もうひとつ別の理由もある。それは、じつはこの畑は、下がコンクリートだということだ。畝の高さはたった20~30cmしかない。だから土が足りなかったのかもしれない。メロンの根は、細いもやしのようなものがたくさん生えて比較的浅く張るので大丈夫だとハリルは言っていたが、それでもやはり土が浅かったようだ。さらに、連日の強風で少しずつ土が持っていかれて、やった水もうまく浸透しなくなってきたので、少し前に全体的に土を足してみた。そうしたら緑の葉の勢いが盛り返したようだが、一方で、いくつかの苗を枯らしてしまった。余分にかかった土が原因で、根元が焼けてしまったようなのだ。もう少していねいに作業する必要があった。


カボチャ畑

カボチャも苦戦している。本葉5枚で剪定してから、蔓がなかなか伸びなかった。葉が枯れそうに黄みがかってきた最近になって、ようやく全体的に伸びてきた。そして今日、初めて雌花が開いたので、受粉しておいた。雌花も雄花もたよりないくらい小さいものだったが、雄雌両方の花が一度に咲いたので助かった。


トマト

トマトは5cm以下のものすごく小さい苗をもらって植えたうち、1本だけが大きくなった。残りは、庭の隅で見つけた苗を植え替えたものだ。途中、果実の下側が黒くなってしまい、調べたら「尻腐れ病」といってカルシウムが不足すると出る症状だということが分かったので、家にあった消石灰を根本の土に混ぜ込んでみた。ただそれは即効性がないそうなので、トマトがぶら下がっている付近の葉を剪定したりして応急処置をしたら、今のところなんとかなっている。もらった苗のミニトマトが2粒、赤くなってきた。

その他にはひまわりが4本あって、今日最初の1本が花開いた。種から植えて、花が開いたのでとてもうれしい。あいにくの曇りの朝だったが、ちゃんと太陽の方角を向いていた。

ひまわりの下に植えたオシロイバナは、確実に生きているものの、成長が遅い。断食月の終わりにあるお祝いの食卓に飾りたかったのに、間に合わないだろう。苗をくれた人のうちでは、もっと大きく茂っているそうだ。
水やりの回数を朝晩の2回に増やすかどうか、まだ迷っている。砂漠で、ここまで水を使って植物を育てる意義を考えてしまうのだ。ちなみに去年、収穫後に拾いに行ったメロン畑は、今年はまったくの不作だそうだ。雨が降らなかったのだからそうだろう。家畜からの被害は防げたのに、なかなか思うようにいかないメロンとカボチャの栽培だ。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by Tamihime
  • 2015/07/04(Sat)11:12
  • Edit
連作障害ということはないですか?
私はあまり知識がないのでわかりませんが、同じところに同じ科の植物を植え続けると育ちが悪くなると聞いたことがあります。
多分、土から必要な養分が抜けてしまうからだと思いますが。
最近、近くの家庭農園ではメロンなどは行灯仕立てというやり方で、土から離して育てているようです。
それにしても農業は大変ですね。
だからこそ、収穫の喜びがあるのでしょう。
広い畑、羨ましいです。今年はちゃんとメロンがKumikoさんのお口に入りますように!(^_-)-☆

Tamihieさん

  • by 砂漠人
  • 2015/07/04 19:16
この畑は今年初めて作ったので、連作障害ではないと思います。
その前2~3年は、羊や子牛を囲っている場所だったんです。
羊たちが糞をしたまま放ってあったので、ここにあった土はいい塩梅だったようです。
でもそれだけだと窒素が多すぎるとのことで、外から土を足したんですが、
それがあまりよくなかったようで(粘土質)、もう少し上手に混ぜるべきだったと
反省しました。
知識が足りないなあということを痛感するのですが、どこから始めていいのやら。
いま大きくなっているメロンは死守して、なんとか食べたいものです。
報告をしばしお待ちください。フフフ

No Title

  • by paprica
  • URL
  • 2015/07/06(Mon)22:57
  • Edit
写真で見る限り、生い茂っていて元気そう!だけど、近くで見ると違うのかな。何が原因なんだろうと読み進めて… なるほど。下がコンクリートというのは野菜たちにとってはつらい環境かもしれませんね。熱がこもるし水が自然に浸透しない部分もあるでしょうし。土の栄養バランスって、私たちは「これくらいでいいんじゃないの」って気軽に考えちゃうけれど、草花は微妙なバランスをちゃんと読み取ってしまうんですよね。
このメロンさん、しっかりと大きくなって欲しいです!めちゃくちゃ甘いですよね〜。あ、トマトの尻腐れ病、私も去年ありましたよ。Epsom Saltを根本に混ぜてあげるとほとんどが止まりました(一度黒くなったのは回復しないけれど)。
野菜や花を育てていると、毎年新しいことを学びますよね♪

papricaさん

  • by 砂漠人
  • 2015/07/08 02:00
このあと水を気持ち多くやるようにしたらさらに緑が茂って、
今は盛り返した感があります。
でも果実が… 増えませんね。もう少し我慢したらできてくるかも。
今後もここで畑をやるなら土をもっと盛らないとダメですね。
でも水やりが大変なので、もうやらないかも~(笑)
バケツに水を汲んで、10往復くらいしてるんですよ。毎日。

papricaさんとこのお庭、花が次々と咲いてすてきですね!
ポピーが強く印象に残ってます。
花壇もいいなあ!

最新記事

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]