忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

メロンの味

ようやくメロンが黄色くなったので、最初のひとつを収穫した。外皮もやわらかく、十分熟していたけれど、味は特に甘くなく、苦くもなく、なんともいえないものだった。うれしい! というよりは、「収穫ができただけで一安心…」という気持ちが正直なところ。

これはクミシュテペにもよくある、地元のメロンの種類だそうだ。去年食べた中でおいしかったメロンの種を取っておいたのだが、結果として地元のものがよく育った。次は下の二つ目を収穫する予定。これも同じ種類だろう。

今日はまた驚くべきことが起きた。正確にいえば、もう驚きはしないのだが、コンクリートの壁で囲まれたわたしの畑に残っているトマトが、子牛に食べられていたのだ。


子牛の襲撃前。たくさんの実がなっていた

畑には廃材で作った出入口用の扉がついていて、それは地面に埋め込まれた太い柱に紐で括りつけてあった。ところがこのところ続いた強風で、前日にその紐が取れてしまい、仕方がないので扉は柱と柱のあいだに立てかけておいた。その扉がまた風でずれたようで、わたしが気づいたときには子牛がもう畑に入っていて、熱心にトマトを食べていたのだ。畑の扉だけでなく、鉄でできた牛小屋の扉も全開だった。ハリルが別の牛を外に出した際、閉め忘れたのだろう。二つの扉はどちらも常に閉まっているはずなのに、偶然にも両方が同じタイミングで開いていたので、子牛は小屋から抜け出し、畑に入ったというわけだ。
唖然としたが、ここではおなじみの「あり得ること」だ。赤くなったトマトは半分以上食べられていたが、少しは残っている。よっぽど苗を引き抜いて全部子牛たちにやってしまおうかと思ったが、今のところそのままにしてある。それにしても子牛は、これだけわんさか生えている緑の葉は除けて、赤い実だけを齧っていたのだから、分かっているんだなあと感心した。その背後にあるメロンには手をつける前だったようだ。


オシロイバナ

あとはこのオシロイバナが花を咲かせてくれるのを待っている。ここでは黄色いものが多いので、職人にもらったこれも黄色が咲くんじゃないかと予想している。

 

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by 大福
  • 2015/07/22(Wed)12:15
  • Edit
熱心に食べていた… (⌒-⌒; )
もうよっぽど美味しかったのでしょう 笑

大福さん

  • by 砂漠人
  • 2015/07/22 18:47
トマトはとくに気にかけていなかったんですが、かなり立派に育っていて驚きました。
それにしても、どうしてこういう結末なんでしょうね。フ~

No Title

  • by paprica
  • URL
  • 2015/07/23(Thu)06:42
  • Edit
「正確にいえば、もう驚きはしないのだが」っていうのに吹き出してしまいましたヨ。「唖然」という表現がぴったり、というのもわかります。まぁ。。。飼っている牛=家族の一員が美味しそうに食べていた、ということで、大きく深呼吸してあきらめるしか無いですよね。これが「どこぞの誰やら」の仕業となると、きーーーっ!!!としてしまうのですが。
メロン、美味しそう!!

papricaさん

  • by 砂漠人
  • 2015/07/24 13:56
笑ってもらえたなら、救われましたよ(笑)。
papricaさんも野生動物のアタックがありますもんね。
メロンはそれほどおいしくなかったんですー。
今年はいつもと違う理由で、切ない園芸体験でした。とほほ~

最新記事

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]