忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

「朝活」始めました

まだ二日目だが、早起きをして南庭の仕事を少し手伝うことにした。ハリルが先に起きてお茶を沸かしてくれるので、承知した次第です。


朝活の内容は、「牛追い」


牛に追われる猫(笑)

バイクに二人乗りして南庭に着いたら、牛と羊を放牧する。牛は、南庭のまわりの草が生えている場所に放し、羊の群れはもっと遠くに追う。ハリルがバイクで羊の群れの様子を見るので、わたしは牛たちを見張る役だ。牧草地に放しているのになぜ見張るのかと思うかもしれないが、草の生えている場所は、大きな畑に囲まれた空き地なので、畑とのあいだに柵などの隔たりがない。見張っていないと、よそ様の畑を荒らしてしまうので、牛追いが必要というわけだ。

朝の砂漠は静かで、聞こえてくる音もおだやかだ。どこかの羊の群れがゆっくり移動する音(羊がつけている鈴の音)や、家畜が咳をする音など。でも空気が澄みすぎていて、遠くにいる羊飼いが話している内容まで聞こえることがある。うかうかおならもできないね。牛たちはマイペースで草を食べていて、わたしはそれを眺めるだけなので、これはすばらしい朝活だ。


群れのリーダー、牛No.3

No.7(No.4の娘)が水路を渡ってしまった。水を飲むだけかと思ったら、ずぶずぶと足を入れて、深さを確かめながら向こう岸まで歩いていた。たしかに、向こう岸に赤いおいしそうな草が生えているのはわたしも見たのだが、妊娠しているのだし、勝手な行動は慎んでもらわないと。


まあ、いいでしょう

今日はブラシを持っていって、牛たちをきれいにしながらマッサージしてやった。No.5が何度もわたしに寄ってきて鼻を突きだすので、なでてやったら喜んでいた。自宅で飼っていたときに、大事に世話してやったのを覚えているのかもしれない。No.5をマッサージしていたら、No.4が「わたしも!」と寄ってきて、No.5を追い払ってしまった。今度はNo.4を一所懸命マッサージしていたら、ほかが嫉妬したのか、行ってはいけない場所にさっさと移動していた。慌てて追いかけて、「へウ! へウ!」と言いながら南庭に戻したのだった。

牛を走って追うこともあるし、犬や猫と遊んだりもして、運動になる。会社の始業時間があるわけじゃないので、朝活というよりは朝の仕事のようで、自宅に戻ったらぐっと疲れて、ひと眠りする。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by ボーダ
  • URL
  • 2016/10/07(Fri)06:59
  • Edit
うわー こんな朝活いいなぁーーー
今頃の季節はお天気も暑すぎず寒すぎずって感じなのかな。とても気持ちが良さそう。
ところで、川を渡って向こう岸で赤い草を食べているのは、No. 4に見えますが。。。 No. 4の娘は猫を追いかけている2枚目の写真がそうだよね?

ああー! 本当だ。

  • by 砂漠人
  • 2016/10/07(Fri)14:50
  • Edit
鼻が違う(笑)。No.7だと思っていたら、No.4も悪さをしてたんだ~
ボーダさん、マニア過ぎます。朝活代わってもらっていいですか?

最新記事

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]