忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

モノと思い出

わたしはどちらかといえば、物に思い入れのない方だと思っている。つまり、「これは思い出の品だから捨てられない…」といろいろなものをしまい込むタイプではないということだ。しかしよくよく考えてみると、そういうモノもいくつか持っていた。
ブロ友の papricaさん は、急須の蓋が割れたのに何度も接着剤で継ぎ直して使っているそうだ。じつはわたしもまったく同じことをしている。スウェーデンから持ってきたティーポットの蓋を落として割ってしまい、何度も継ぎ直して五年くらい使い続けているのだ。ティーポットごと沸かすので、しばらくすると接着剤が剥がれてしまうようで、継ぎ直しが必要になる。

これはめずらしく思い出のあるモノなので、できれば捨てたくないが、今度割れたらなんとかしよう。
ヨーテボリに住んでいたときに週末に通っていた市場は蚤の市で、アンティークや中古の品もいろいろと売っていた。いつもステキなものを持ってくるお兄さんが一人いて、これは彼の店でハリルが見つけたティーポットだ。じつはそのとき、通りがかりのイラン人の奥さんがこれを欲しいと旦那さんに言ったのだが、旦那さんは「そんなの全然よくないよ。もっといいのを買ってやる」と、奥さんのリクエストを無視して買わなかったそうだ。ハリルがこれを買おうと値段交渉を始めたとき、わたしは高くても必ず買いたいと思ったほど、気に入っていた。そして案の定安く買ってもらい、ごきげんで帰ってきたのだった。
だからクミシュテペ生活が始まってわりとすぐ、蓋を床に落として割ったときは泣きそうになった。持っていた接着剤で必死に修復して、なんとか精神の平安を保ったものだ。思うのだが、モノというのはかなり確実に壊れるものだから、モノに強い思い入れを持つことは、賢明ではない。

これはまだ壊れていないけれど、ポットつながりで、伯母にもらったお気に入りの土瓶。1.5リットル入るので、スパイスを入れた紅茶を沸かすのに毎朝使っている。壊れても同じものを買い直したいくらい。

それから日本の友人にもらった白いお茶碗も大事にしている。誕生日祝いにもらって、なぜか駅のホームで包みを開けて喜んだ記憶がある。しかしいつのまにか底の一部が欠けていた。犯人はハリルか?(笑)

おまけに、食器置き場の写真。お皿以外の食器は、これでだいたい足りている。ヨーグルト用の小さな器とか小皿とか、買い足したいものを市場で見ているのだが、どの店も毎週同じものを持ってきているようでなかなか見つからない。日本だったら買いたい放題なのにな。ちなみに、モノに思い入れをしないとこだわりを持たないことは別の話だと考えている。こだわってモノを選ぶけれども、所有しているものを手放すことに固執しない、という意味で。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by Tamihime
  • 2017/03/15(Wed)10:42
  • Edit
砂漠人さんといい、Papuricaさんといい、金継ぎにぴったりの割れ具合ですね。漆は高温には弱いのですが、直火にかけなければかなりの強度があるようです。最近では焼き付け漆とかいうやり方もあるらしいのですが、私は初心者ゆえまずは基本の古くから伝わるやり方を覚えているところです。
このやり方は漆を乾かしながらやるので、出来上がりには、何週間もかかります。丁寧にやると何ヶ月も。実用的というよりも愛着ある器を再生しつつ、更に前の状態よりも美しくしようという、昔の日本人の美意識と理解しています。近くなら練習も兼ねて金継ぎさせていただきたい。

Tamihimeさん

  • by 砂漠人
  • 2017/03/17 03:06
金継ぎのことを伺ったのも、この茶色のポットのことがあったからなんです。でもグラグラ煮出すのに使っているので、いずれにしてもだめでしたかね。今度バラバラになったら、観賞用にするか、ガラスの蓋で代用するか、迷っています。
祖母が持っていた食器に、金継ぎされたものがたくさんあったので聞いてみたら、昔は継いだかもしれないけれど、お金があるようになってからは新しいものを買ったからね… などと期待外れの返事が返ってきました(笑)。わたしも日本にいたら、習ってみたかったです。

No Title

  • by paprica
  • URL
  • 2017/03/17(Fri)06:58
  • Edit
おおおっ!このお急須なのですね~!取っ手の部分が(なんていうのでしたっけ?この材料?とう?)変わっていて素敵!デザインがとてもシンプルで飽きが来ないものですね~。蓋のちょぼもかわいらしい。砂漠人さんが「好きだ」って惚れちゃったのもわかりますよ。でも、まだまだきれいじゃないですか!大切にしてあげてくださいね♪

金継ぎ、私も興味ありです!が、セットが結構なお値段なんですよね。金継ぎセットの値段で、私のボロ急須が9つ買えそうデス。。。モノもひとを呼ぶ、ということがあるように思います。「買って~」って強く叫んでいるモノには妙に強く惹かれたり。先週末、私の急須を重奏でごしごし洗いましたよ。ちょっとツヤツヤしていい感じになりました♪
あ、リンクまでありがとうございます!

papricaさん

  • by 砂漠人
  • 2017/03/18 03:52
そうそう、金継ぎセットの値段で急須が何個も買えるというのが、ひとつの指標ですよね。それにつけても、すばらしい技術だと思いますけど。
重曹で洗った後の papricaさんの急須、想像できます。わたしもやろうかな!

最新記事

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]