忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

犬猫について

今日はハリルが悪いニュースを持って帰ってきた。南庭の犬たちに餌をやっているとき、老犬ガラウェズ(キング)に手を噛まれたそうだ。それでワクチンを打ちに行ったのだが、そこで医者から文句を言われたとのこと。
イランには狂犬病があるので、犬や猫に噛まれたらワクチンを打つ。ところがそのワクチンが非常に高価なものらしく、保険に入っているので患者はそれほど支払わなくて済むものの、クミシュテペの診療所がそれを負担することになる。医者が言うには、ハリルは一人で何度も打ち過ぎだそうだ。
たしかにハリルは、わたしが覚えている限りでもこれまで3回は打っている。そのうち2回は飼い猫と飼い犬に噛まれた。きっとハリルは「うちには犬と猫がたくさんいすぎてどうしようもないんだ」と話したのだろう。野良をケアする施設などがあるはずだろう、と医者に尋ねたら、クミシュテペでもそういう議論は行われたのだが、結論は、増えすぎたら殺すということになったそうだ。だから、殺処分してほしい犬や猫がいる場合、連絡すれば取りに来てくれるという。
最初の一匹だったチーちゃんが毎年子猫を産むようになって、わたしはこのときが来ることは想像していた。猫を飼う習慣のない地域では、避妊ができない限り、数が増えたら殺すしかなくなるだろう。市の政策がそうであることも今日はっきりしたので、絶望的だ。
毎日毎日、ハリルは家畜の世話のほかに、犬と猫のために餌を買いに鶏肉屋へ、パン屋へ出向いている。ひょっとすると、犬猫の餌代にはわたしたちが食べるよりも多くのお金を費やしているかもしれない。子犬や子猫も合わせて41匹となった今、その負担は体力的にも経済的にも大きいのは事実だ。
牛や羊は食べていくための家畜なので、人間がその生をコントロールしている。うちなどはコントロールしていない方だが、それでも犠牲祭のときは殺している。犬や猫は食べるためではないけれど、庭を守らせたり、ネズミを捕らせたり、かわいがって癒されるために飼っている。食べるわけじゃないから、その生をコントロールしてはいけないという理屈は、あまり論理的じゃない。実際、避妊という形で解決するのが日本の場合だ。
しかし、自分の大事な犬や猫を、どうして殺すことができるだろうか。殺処分に出すくらいなら、自分で安楽死させてやりたいと想像したのは確かだが、子猫を前にして、成長したチーちゃんやロミ夫を見て、そんなことは非現実的に思える。しかし50匹、60匹、100匹の猫を目の前にしたら、どうだろう。餌をやったり庭に置くのは現実的ではなくなるだろう。
ぼんやりとした嫌な予感がして、子猫を眺めても悲しくなってくる。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by May
  • URL
  • 2017/03/29(Wed)05:59
  • Edit
ハリルとkumikoさんなら自分たちで犬猫の避妊手術が出来るのでは、って思いました。
雌は難しいけど、雄はどうでしょう。麻酔が出来るのかどうか、ですが。(雌にはホルモン剤を与えて懐妊状態にさせておく方法もあるようです。これもどこで薬が手に入るのか、ですが)
今いる全員の生涯を看取る頃には、ハリルは70代になるし、だんだんと世話が大変になるのではないでしょうか・・・。
50~60匹の猫が庭にいるのは、他人事ではない気がします。

Mayさん

  • by 砂漠人
  • 2017/03/31 02:49
「ハリルとkumikoなら…」って、なんでやねん!(笑)
そういった繊細な仕事はダメですよ~
オスの手術はできると獣医が言いましたが、オスは手術する必要もないんですね。うちのメスも、別のところからやってくるオスと交尾するので、うちのオスを去勢しても数は減らないからです。
犬猫みんなを看取ることはできないでしょうね。だって、永遠に増えるんですから。第一世代のチーちゃんとロミ夫は可能性がありますね。

No Title

  • by ちきちき
  • 2017/03/29(Wed)12:31
  • Edit
うーむ、、、ですね。
日本でも、野良猫がたくさんいる島が観光名所になったりしてますが、地元の人達にとっては問題になっているそうで。。
そういった、野良猫が大繁殖してしまった島にボランティアとして行って、無料で避妊去勢手術をする獣医さんが少数ですがいるようです。

テヘランでは猫の避妊去勢手術はできないのでしょうか。お金持ちとか外国人もいるからそういった需要もあるような。その人をクミシュテペに連れてきて出張手術してもらうとか?
お金はけっこうかかりそうですが、、、

ちきちきさん

  • by 砂漠人
  • 2017/03/31 02:50
一斉に手術をした記事、読みましたよ。ここにも来てもらえないかなあと思いましたが、まあ無理でしょうね。
獣医が言うには、雌の手術をするにはテヘランに行かないとだめだということでした。しかしね、人間もテヘランに行けないがために死ぬ人がいるこの地域で、猫にそれをするということについて、肯定しがたいです。それ以前に、うちにはその財力がないですが…。
獣医さんで砂漠旅行をしたい人がいれば最高ですが、獣医さんって、病院を構えて地域の動物を診ているでしょうから、それも厳しそうですよね。それにやっぱりクミシュテペの猫を避妊すべきかどうか、よく分かりません。
今は考え続けるしかないですかね。

No Title

  • by ユーコ
  • 2017/03/30(Thu)15:47
  • Edit
kumikoさん、お久しぶりです

こんなに可愛い子猫たちを見ながら将来を考えて不安で暗い気持ちになるって悲しいですね…

チーちゃんから始まって、ロミ夫くん、チロ、ロチ、ガウシャン、タイちゃん、バートゥルあたりまでは姿と相関図もきっちり頭に入っていましたが、裾野が広がるにつれ、覚え切れなくなりました

猫は条件が良いと年に数回妊娠出産しますし、ベテランは多頭産みますし、1歳にならずに妊娠しちゃうし、あっという間にネズミ算ならぬネコ算で増えてしまいますよね

そちらでは日本と違って様々な理由で不慮の死を遂げてしまう猫さんがいますが、そのたびに悲しいですが、それによる自然減を上回る勢いなのですね

どうしたら良いのか、わたしもものすごく考えてしまいました
多分絶対自ら手をかけることは出来ないと思います。日本人の、kumikoさんの感覚では無理ですよね…

そうなると手術しかないわけですが、もう本当に避妊去勢手術をご夫婦でやることを考えてみるとか…

前の方もコメントしていらっしゃいましたが、雄の手術は麻酔さえできれば可能なんじゃないかと…
あ、それに雄の手術は近所のお医者さんがしてくれるんじゃなかったでしたっけ?
それか日本で猫の避妊去勢手術講座を受講するとか
ないですかね、そんな講座…

以前、猫の生について書いていらしたkumikoさんの彼らの本能を尊重したいというお考えも猫の幸せという観点から見ると本当にその通りと思うのですが、増えすぎてどうにもならなくなるという問題は
最近テレビで見た日本で増えている猫の多頭崩壊の現場とも重なって、わたしも暗い気持ちになりました

彼らが本能で、これは増えすぎてやばい!とバースコントロールしてくれたら良いのに…
猫たちが自力で生きて行けるくらいネズミが豊富にいたらいい?

それにしても子猫の写真があまりに愛らしくて…
何か良い方法があるといいですね
クミシュテペでも愛玩動物、犬猫は家族という概念が育ってくれることを願ってやみません

ユーコさん

  • by 砂漠人
  • 2017/03/31 02:51
タイちゃんがこどもを産むようになってからは、わたしも「孫以下は分からん」的になってきました。色以外の名前つけてないですしね。
増えてしまうのはやはり、餌をやって家に入れて大事にしているからでしょうね。餌を減らして家に入れないというのも一手ですが(別の場所に移住していく)、それがなかなか難しい!
避妊去勢手術講座…。ないでしょう(笑)。

うちは崩壊するんでしょうね。崩壊するとどうなるのかな? でも行政が来たら、わたしは渡せないと思います。

哀しい現実ですね・・・

  • by あん
  • 2017/03/31(Fri)23:48
  • Edit
また数日前にコメントが消えてガクッときました。

現在ネコちゃん達が41匹って…これはすご事です。避妊手術がままならないって事は、「増え続ける」これはもう避けられない現実です。子猫達をみていると本当に心がドヨーンと暗くなります。殺すのなら何の為に生まれて来たのか?だけど生きる為には食べなきゃならない。食べると成猫になり又子供を産む。キリがないと言えばそうですけど…せめて避妊ができれば…何か簡単な避妊法が発見できるといいのに。避妊薬を餌に混ぜて飲ませては?って思いましたけど、アレは毎日飲ませないといけないらしいし、薬の量も半端じゃなくなるしやはり難しいですね。

このままだと猫が増え続けて、人の数を超えるかもしれないって危機感もあるかもですね。私はネコ好きだから嬉しいけど、食べ物や病気や色々衛生面でも問題が出て来ないとも限らない。だけど殺してしまえば済むとは思いたくない!本当に難しく悲しい問題です。

昨日スーパーの帰りに道でネコに出会って「くそ~ッ、猫飼いたいな~!」って思ってたら、数時間後に突然猫を2匹飼ってる友達が私をお茶に誘いに来て彼女の家に連れて行ってくれたので、4時間も猫達と遊びながらしゃべりまくって最高に幸せな時を過ごしました。41匹いたらもう猫の学校ができますね。(笑)彼女は成人した息子2人いますけど、彼女曰く「猫の居ない生活なんて絶対に考えられない!」そのとおりですよ。私も他所の猫にとっても癒されてます。

あんさん

  • by 砂漠人
  • 2017/04/01 03:10
あんさんのは詳細なコメントですから、消えてしまうとわたしもガクッです。
猫に関しては、倉庫を持っている人を早急に探す必要がありそうです。ネズミ捕りとして、数匹をまとめて一緒にあげるためです。
毎日ちゃんと餌をやって、怪我したら手当をしているのはうちだけでしょうから、クミシュテペ全体で猫が増えることはないでしょうけど、うちに対して苦情が出たらまずいです。それとやはり、餌やりに半端なく労力が必要です。
でもね。今も足元に小さいのがいて、わたしの足に手を乗せたりするんですが、その軽さがもうなんともいえず快感です(笑)。悲しくなったりうれしくなったり、もうなにがなんだか…。

No Title

  • by コハク
  • 2017/04/01(Sat)18:01
  • Edit
はじめまして。以前から愛読させていただいている者です。

避妊についてものすごく単純な方法として、発情したメス猫を隔離するというのは難しいのでしょうか。
以前同居していたお宅ではメス猫に避妊手術を行わず発情が始まると個室に隔離して乗り切っていました。(ケージに閉じ込める事もありました)
発情期間は大体一週間ぐらいでしょうか…大声で鳴いたり腰を上げて誘ってきたり常にテンションが高すぎて体力を消耗したりで、猫にも見ている側にもストレスはかかるのですがお金は(!)かかりません。
ただ、発情しても妊娠しなかった場合は個体差がありますが多い場合だと一ヶ月に一回発情を繰り返す事もあるのでなかなか大変ではあるのですが。

私自身も猫飼いなのですがもし自分なら…と考えた場合、発情時だけでなく普段からメス猫すべてを完全室内飼いにする事を目指すかなと考えました。お家も大きくていらっしゃるので不可能ではないように思います。
どうしても動物たちに不自然な暮らしを強いることにはなるのですが、「現実的には不可能な手術」や「処分」がチラつかざるを得ない以上、まずは簡単な「隔離」から試されてはいかがかなと思います。

長々とすみません。少しでも心労が晴れると良いのですが…ご参考までに。

コハクさん

  • by 砂漠人
  • 2017/04/02 16:01
コメントありがとうございます。読んでくださって、本当にうれしいです。
メスを家の中に隔離は難しそうです。半野生で自由に生きているので、そのパワーもものすごいんですよ。
今はできるだけ子猫の世話をさせて、それでも今年また妊娠したら、場所を移す(人にやるなど)方向で今は考えています。技術的には可能でも、獣医を含めたこの社会の人は避妊に否定的であると感じています。そういう中で実行するのは、これがまた難しいんですね。
あらゆるご意見をいただいて参考になります。ありがとうございます。ハリルの弟が、クミシュテペ以外の町でネズミの出る倉庫を持っている人に、当たってくれているようです。時間がかかってまた心配なんですが、いい知らせを待とうと思います。

最新記事

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]