忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

トルクメンの靴下

気候が変わったので、衣替えを始めている。冬物のセーターなどを洗濯して、虫がつかないようにビニールの袋に入れたあとスーツケースに入れて、クロゼットにしまう。衣替えついでに衣類の断捨離もしたのだが、その際、ずっと放ってあった2~3足の靴下を見つけた。

これは市場で買ったもので、トルクメンの手編みの靴下。素材はウールではなくアクリルのような化繊である。数回履いたような感じだが、まだ新しい。

これも市場で買ったものだが、トルクメンのものかペルシャ人のものか、それ以外か、まったく分からない。けれど、トルクメンの伝統的な手仕事を売っている店で買ったので、トルクメンの可能性が高い。それにしては、非常にモダンな色柄だけれど。
数年前、トルクメンの手編みの靴下を日本で販売しようと思っていて、いろいろ調査していた際に買った2足だが、よく見ると青い方はかなり日焼けしているし、靴下を扱う気は今はないので、洗濯して来年自分で履くことにした。

これも典型的なトルクメンの手編みの靴下。トルクメニスタンの人におみやげでもらったものだ。自分で履いていたのだが、かかとの部分がほつれてきたので、これも来年直して履こうと思っている。しかし編み直し方が分からないので、かがるだけになりそうだ。
しかしトルクメンの仕事は大概において雑だと感じることが多いのだが、女性の手仕事となるとなぜこんなにも緻密なものができあがるのだろう。特に刺繍と編物はそう。本当に不思議でアルヨ。

最後に、古いスーツケースの上に乗っているのは、わたしが持っているスカーフのすべて。数えたら18枚もあった。ろくに被りもしないのに、よくもこんなに集めたものだ。自分で買ったのは半分くらい、もらいものが半分。しかも、この他に未使用のスカーフがまだ何枚もある。これらは断捨離しがいがあるが、するつもりはない。これからとっかえひっかえ被って、クミシュテペのファッションリーダーを目指すことにする。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

素敵な靴下

  • by な。
  • 2017/03/30(Thu)05:41
  • Edit
はじめまして。1年半ほど前から読ませていただいています。

この靴下、日本でも扱っている店があります。毎年秋になると短いものと長いものが、店頭に並ぶのですが、私も好きで3回ほど買いました。その店では、イランのザクロス山脈辺で使われているものだと説明していますが、模様は1枚目の写真のものに近いです。 しかし、ここまで緻密で手が込んだ編みの靴下はお店では見たことがありません。美しいですね。とても素敵。

こういう靴下は、いつものファッション(ワンピ+下履きズボン)の時にあわせて着るんですか?

な。さん

  • by 砂漠人
  • 2017/03/31 02:50
コメントありがとうございます。
そうですか、トルクメン靴下も売っているんですね。思うに、わたしが買った靴下は、売り物ではなく誰かのお祝いに贈られたものだと思います。そして事情によりそれを手放さざるを得なくなったんでしょう。手仕事はいいお金にならないので、編物も刺繍も売り物ならもっと労力を減らすはずです。
一枚目の靴下は、結婚式のときにお嫁さんが履くそうです。三枚目は、日常生活で家で履きます。これはおそらく三足ともトルクメニスタンから来たものだと思いますよ。

No Title

  • by May
  • URL
  • 2017/03/30(Thu)06:05
  • Edit
クミシュテぺのファッションリーダー!ぱちぱちぱちぱち。
そちらの女性は大体において丁寧なんでしょうか、それとも刺繍と編み物だけ?
男性は(大工仕事などを見ていると)なんともいい加減な感じですが~。もし女性が大工をしたら、丁寧な仕事をしてくれるのだろうか・・・そちらは男女の役割分担がハッキリしてる?ようなので、女性が家の工事をすることは有り得ないのかもしれませんが。

Mayさん

  • by 砂漠人
  • 2017/03/31 02:51
ウフフフ。
よく考えて自分でも笑えたのですが、ていねいかそうでないかは個人差ですよね。ていねいな人は、刺繍や編物が上手でしょうし。刺繍の刺し手も上手な人とそうでない人の差は大きいです。
おっしゃるとおり、女性が大工をすることはないですね。まあ全体的に、日本人は細かすぎるのとトルクメンが大まかすぎるという対比があります(笑)。

No Title

  • by るぴなす
  • 2017/03/31(Fri)01:24
  • Edit
魅入りました。
すばらしいです。
バラックに見られる模様のような。
鳥の足のような刺繍に似ている気がします。
青のほうの幾何学模様ははっきり出てますね。
3枚目の仕上げが、モッタイナイ気がしますが、それぞれに
編み込み模様が、すばらしいです。
化繊の糸でしょうか。
ウールは毛玉ができるし、洗いを重ねるとフェルト化もするし、ハレの日におしゃれに身につけるものなどには化繊は良いのかもしれませんね。
スカーフは並べて眺めるだけでもハッピーになりますよね。
クミコさん手製のシンプルなワンピースにピッタリです。
イランのトルクメンの衣食のシステムや、女性たちの手仕事をまとめて本になるのを待ってますよ。
わたしも靴下編み(ソックニッターと言うらしい)趣味で、
外国の織の布や毛糸や刺繍の作品を見るのが大好きです。





るぴなすさん

  • by 砂漠人
  • 2017/03/31 02:51
ソックニッターなんですか。憧れます。わたしも靴下が編めれば実用的だなあと思いつつ、難しそうで手が出ません。ハリルの足のサイズが大きすぎて、市販のものではダメなんですよ(笑)。初心者でも編める方法や編み図を知っていたらぜひ教えてください。かっこよくなくてもいいんです。
え、本ですか? 売れないから難しいそうですね。まだまだ経験すべきことがありそうな一方で、ここの暮らしも環境も変わっていきそうなので記録はしたいですね。

No Title

  • by no name
  • 2017/04/01(Sat)00:35
  • Edit
ソックニッター。なんて自慢しちゃいましたね。
砂漠地方であっても、湿度が高いとあったような気がしたので日常に靴下は履かないのかなと思ってました。絨毯の生活だからでしょうかね。
『初心者でも編める方法や編み図』はネットでは厳しいかも
しれません。日本では書店に並ぶ本が近道だと思いますが、わたしが靴下編みにハマッタきっかけは、雑誌暮しの手帖の『猪谷さんの靴下』です。靴下編み愛好者には有名だと思われます。そのあとは『attiのよこずき』さんのブログです。とても丁寧です。
手編みの靴下いいですよ。市販品との大きな違いはフィット感、温かさです。冬場には毛糸を2本取り、夏場や外出用には1本取りにして気候に合わせて編めます。
わたしは棒針編みは60歳からの復活で、複雑な編み込みなどは出来ませんが、断捨離を迷っていた手編みの古いセーターを解いて、極細の新しい毛糸を足して楽しんで編んでいます。自己満足の作品ですがウエア物より楽しく編めます。
ネットがあって、世界中の素晴らしい作品や伝統のスゴ技に出会えるのも。昔では考えられなかったことで。
砂漠人さんのトルクメン刺繍も他の手作り作品も楽しいです。書きすぎましたね。長くなりすみません。


るぴなすさん

  • by 砂漠人
  • 2017/04/01 03:03
ありがとうございます。
さっそく「猪谷さんの靴下」を掲載している暮らしの手帳を調べたら、ものすごい値段がついていました。分厚い、武骨な感じの靴下でドンピシャだったんですけどね。まずは日本で靴下の本を買ってみようと思います。
古いセーターをほどいて新しい毛糸を足して… とっても楽しそうですね。よし、がんばろう~

No Title

  • by paprica
  • URL
  • 2017/04/01(Sat)05:02
  • Edit
この投稿をちらっと見て、ずーっとコメントしたかったんですよー。
靴下、とっても素敵ー!! 手編みだから分厚いのでしょうか?そちらの人は男女とも、こういうおしゃれな靴下を履くのですか?肌を見せない分、ちらりと見せるズボン下着の裾や足元は、本当に色鮮やかで素敵な刺繍でおしゃれするのですね! そちらの人は「裸足」が多いのかなって思っていたのですが、こんなかわいい靴下があるなんてー。本当に驚きました。

私は編み物は全くできないのですが。。。これって靴下の形に編みながら、これだけ細かい模様を編み込んでいくのですか? 気が遠くなりそうです~。 こういう刺繍、髪留めやブローチみたいにしてもかわいいでしょうね~。うっとりしちゃいました。

papricaさん、どもども!

  • by 砂漠人
  • 2017/04/02 16:00
一番上のは分厚いですよ。結婚式のときにお嫁さんが履くそうです。こちらの人は、おしゃれな靴下を履きません(爆)。おっしゃるとおり、冬でも素足が多いです。一日5回のお祈りの度に足も清めますしね。
お祝いごとやお土産にはこういう靴下が贈られますが、日常生活は貧乏ですから粗末なおしゃれですね。ズボンの刺繍だけはなぜかおしゃれですが、それでも普段使いはほんの1cmくらいの簡単な刺繍です。
編みこみは本当に気が遠くなりそうですね。だからこれは結婚のお祝いに編むだけで、売るために編む人はいないでしょう。仕事した分の金額を払ってもらえるわけがないからです。

最新記事

(08/22)
(08/21)
(08/19)
(08/17)
(08/16)

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]