忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

クミシュテペに戻る

一時帰国していた日本から、クミシュテペに戻った。わたしは五週間、ハリルは二週間の滞在だったが、ハリルは最初の、わたしは最後の一週間にひどい風邪をひいてしまい、不完全燃焼の感は拭えない。それでも二日近くかかる帰途に無事着いた。
戻ってみると、自宅の庭に草が高く茂っていた。母屋からトイレに向かう小道の両脇が、ジャングルのようになっている。ハリルが植えた果樹もほとんどが芽を吹き、葉が育っている。

自宅玄関を出たところでパチリ

しかし二十数羽いたニワトリは、十羽以下に減っていた。十五羽死んだとナーセルの奥さんが言っていたが、たった二週間でどうしたらそんなに死ぬのだろう。薬代わりのたまねぎをやらなかったんじゃないだろうか。


茂みの陰では、チーちゃんと子猫が昼寝をしている。チーちゃんは4匹、タイちゃんは3匹に、変わらず授乳していたようだ。二匹とも二回目の妊娠はしていないし、まだ子猫たちをそばに置いて面倒を見ている。

子猫たち

チーちゃん

ロミ夫

猫はチーちゃん、ロミ夫、タイちゃん、サーリジャ、キティと子猫7匹を確認した。不在なのは、ガラジャとお隣のアークジャ。こちらに戻って四日が経つが、まだ姿を現わさない。

ジャポンと隣の家の犬

犬はジャポン、バグティ、タロー&ジローの4匹は健在だった。しかし犬も猫も、心持ち毛並みが悪いように見える。猫たちはみな、雌のライオンのようにスリムになり、顔もほっそりしている。
南庭の犬や猫も元気だそうだ。猫たちは出産したらしく、近いうちに見に行くつもりだが、何十匹になっているのか考えるのも恐ろしい。しかし賑やかでポンコツな生活がまた始まる。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by May
  • URL
  • 2017/05/23(Tue)07:13
  • Edit
おかえりなさい。
犬猫たちに、ちゃんと餌をあげてくれていなかったのかな・・・。あと鶏はご飯になっちゃったのかな・・なんて。
風邪・・帰国すると洗礼みたいなもんですかね、よく聞きます。人が多いものね。
カメラ目線のロミ夫可愛い~
写真は暖かそうに見えます。いい季節なんですね。
ポンコツ生活といえど、kumikoさんはクミシュテペの人になっちゃったんだなぁ、って感じです(^_^)

Mayさん

  • by 砂漠人
  • 2017/05/24 00:19
ごぶさたしています。お元気ですか?
ニワトリは、食べたりしていないでしょうけど、管理に問題があったと疑ってしまいますね。まあ、すべては諦めるしかないです。雛がたくさん育っているので、そちらを大事にしたいと思います。
「洗礼」ですか。風邪ひく人が多いのならば、少しは救われるのですが。帰国のたびに大きく体調を崩し、さすがに落ち込みます。社会には適応できていないとはいえ、たしかにわたしはクミシュテペの人になっちゃったようです。

おかえりなさい~

  • by あん
  • 2017/05/24(Wed)18:46
  • Edit
日本は如何でしたか?
そう言えば確かに…ロミ夫のちーちゃんのホッぺがほっそりしてますね。お痩せになったって感じです。でもきっとすぐにまた栄養を取り戻して前の様になるでしょう。日本は美味しいし情緒的には楽だけど、自分のホームのあるクミシュテペが一番ほっとして良いでしょう?私は自分の台所のある所が一番落ち着きますよ。(笑)

あんさん

  • by 砂漠人
  • 2017/05/24 23:50
最初はかなり楽しんでいたはずなのですが、終わり悪ければすべて悪し。といった感じで、後味が悪かったです。
そう、実家とはいえ、ホームとはまったく違う環境で過ごすので、調子が狂うということはあると思います。いや、ハリルから菌をもらったのが原因でしょうけどね。
自分の台所のある暮らしが一番ですね。

最新記事

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]