忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

ホルジュンのお直し

日本に行く前に買ったホルジュンが、ほつれてきたので直してほしいとハリルが言っていた。ホルジュンとは、バイクの後部座席に掛けて使う荷物入れのこと。キリムを織って作る民芸品だ。

美しいキティは健在です
細長いキリムの両端を折り返して縫い、飾り紐をつけた構造になっている。白黒の飾り紐が緩んできたと同時に、袋の端が解けてきたので、思い切ってすべて解いて縫い直した。


子猫を必死で舐めるサーリジャ。猫が舐めるときは、相手に「あっち行け」という意味のようだ


作業中ずっと昼寝をしていた子猫。ホルジュンを動かしても起きなかった


飾り紐もしっかり縫いつけてできあがり。これでしばらくは壊れず使えるだろう。キリムはしっかり織ってあるのに、やはり詰め
の甘い、トルクメンの仕事なのだった。
 
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

キリムと子猫

  • by しろちゃん
  • 2017/05/30(Tue)12:03
  • Edit
キリムとはとても美しい柄ですね?
そこで眠る子猫ちゃん、何て可愛いんでしょうか!
布や敷物が日本人には思い付かないような配色が多いんですね?

それにしてもキティさん、美しい敷物の柄にも負けず、このままハガキになりそうです。
小顔でスレンダー、そしてその目にやられそうです(笑)

しろちゃんさん

  • by 砂漠人
  • 2017/05/31 18:58
ホルジュンの配色も、よく見ると刺繍と同じく、赤、緑、白、黒が基調となっていて、そこにアレンジされる感じだと思いました。
キティはちょっと特別な猫ですね。じっと見つめるところや声が電子音のように通るところが、母親のタイちゃんによく似ています。

No Title

  • by no name
  • 2017/05/30(Tue)14:47
  • Edit
こんにちは。
馬の鞍掛のようなものでしょうか。
バイクに応用するとは…
現代の馬なんですね、バイクって。
赤い色の中の緑や青がとても素敵です。

no nameさん(大福さんかな?)

  • by 砂漠人
  • 2017/05/31 18:59
ホルジュンは、まさに馬の鞍掛です。馬やロバに掛けていたものが、今やバイクに代わったんですね。町を走るバイクはみんな掛けています。

最新記事

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]