忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

ひよこ

ひよこは順調に育っている。1羽だけ、目から黄色っぽい液体が出て固まり、いつかのコッコのように瞼がふさがったのがいたのだが、水で洗って目を開いてやったらまた餌を食べ出した。回復を願っている。




なんとなくだが、日々大きくなっているような気がする。毛並み(?)もいいし、コロコロしていい感じだ。
このところ、庭のあちこちから生えてきたトマトの苗を移植して、一ヶ所に畑を作ろうとしている。それで土を掘ると、小さなイモムシのようなのが出てきたので、集めてひよこたちにやってみた。案の定、喜んで食べていた。ひよこは、隣の人が餌の小片を咥えて離れ、食べようとすると追いかけていってそれを横取りしようとする習性がある。同じ餌が自分の目の前にあるにもかかわらず、である。でも賢いのもいて、虫をやったらすぐに理解し、集中して捕獲し、独占して食べていた。他のひよこは目の前にあっても、初めてだからか踏んづけたりしていたのに。
コッコは以前よりも他のニワトリたちになじんできた。不思議なことに、自ら距離を縮めているようだ。ニワトリたちは、夕方になると開けっ放しにしている家禽小屋の一階の部屋に入って、寝る支度をする。今日は見ていたら、なんとコッコもそこに入って行った。これまでは一人だけ、草の茂みで寝ていると思っていたのに、いつのまにかニワトリの仲間入りをしていたようだ。それでも日中はまだ一人の行動も多く、わたしを見ると追いかけてきて餌をねだっている。成長するにつれて、自分が猫ではないことが分かってきたのかな。



PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by ボーダ
  • URL
  • 2017/06/27(Tue)06:49
  • Edit
自然って、動物って本当に面白いものですね。コッコの行動の変化、生き残ってきた強さや運、ひよこの中にも賢いのがいるなど、見ていて飽きませんね。kumikoさんの毎日は物語満載の毎日ですね。
ひよこは本当に日に日に大きくなっているのでしょう。私は子どものころ、お祭りでひよこを買ってもらって、あっという間にどんどん大きくなって、鶏になってしまったことがありました。家では飼えず、小学校にもらってもらいました。kumikoさんはそんなひよこがたくさん飼えて羨ましいです。

ボーダさん

  • by 砂漠人
  • 2017/06/28 19:08
観察すればするほど、彼らにも日常の物語があるのが分かります。あまりに小さな物語なので、全部書いていたら「この人だいじょうぶなのか?」と思われそうなくらいです。動物って、人間となんら変わりがないようです(笑)。
ひよこを鶏にしたんですか? 「すぐに死んでしまう」という話は聞いたことがあるような気がしますが、大きくしたなんて! やはりボーダさんには細やかな気遣いというか、対象を育てる能力がこどもの頃からあったんですね。わたしは乱暴なところがあるので、植物を育てるのが苦手だなあと日々感じているんですよ。がんばってますけど(笑)。

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]