忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

排水溝の工事

家の前の排水溝(地下)の設置は、いつからうちの話題に上がっていたかと過去のブログを検索したら、二年半前に「もう二年以上待っている」と書いてあった。ということは、四年半? 排水溝がないまま暮らしているのだった。家の中で使った水は排水管を通って家の前に流れ出る。しかしその水が垂れ流し、ということだ。二年半前にシャベルカーで溝を掘ってくれたので、水が地面より低い位置に流れてくれるのはいいけれど、その深い溝が家の前にあるままなので、不便で仕方がない。二年半もそうやって生活しているので、たいして不便じゃないとも言えるけれども。
先日、また工事が始まった。ある朝突然、キャタピラーが来て、道路を平らにし始めた。しかも家の前の通り、三軒分をすべて平らにしていった。そしてシャベルを持って溝を掘る人が半日働いて、通りの半分くらいまで作業を終えていった。ただ、そのくらいなら、過去にも何度も同じことが起きている。これで工事が終わると思うのは、まだまだ甘い。
しかしである。今回は通りの始め、お隣さんの家の前に排水溝のコンクリートが敷かれているのが見える。敷き始めたようだ。さすがにコンクリートにはお金がかかっているので、放置することはないだろう。ダンプカーで砂利も三山運ばれてきて、なんと溝に敷かれ始めた。今回こそは、排水溝が設置されるのだろうか。

7月3日

7月12日、突然の工事開始(何度目?)

7月15日

結論。クミシュテペ在住5年のベテランとしては、今回の排水溝設置に関しては、今のところ半信半疑である。このまま頓挫したとしても、まったく驚きません。


家の前の通りの未作業の部分。このお隣さんはおとなしくないので、ここだけ工事が放置されたらコミュニティにガンガン抗議に行くだろう。しかし砂利の山も置いてあるので、この部分も近いうちに作業がされるような気もする。
これはうちの敷地を出て左に曲がったところなのだが、この通りを突き当たったところに大きめの水路が流れていて、それがカスピ海(向かって右方向)につながっている。この水路には羊や犬の死骸が浮いていたり、人々がなんでも放り投げていく、つまりゴミ捨て場なので、それらがすべてカスピ海へ流れ出ていくというわけだ。汚染をなんとかするようになるのは、まだまだ先の話だろう。でも水路にはカエルや野鳥がたくさん棲んでいるので、想像するほど化学物質による汚染はないのかもしれない。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

最新記事

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]