忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

フルーツマフィン

義母の家には、今は亡き義父が植えた大きな無花果の木があって、採っても採っても食べきれないくらいの実を毎年つけている。今年も熟してきたので採りに来いと言われていたものの、このところ、わたしは家を出ないことに決めているので諦めていた。しかし姪っ子のオグルグルがもいでくれるようで、牛乳を受け取りに行くハリルが無花果も持って帰ってくれる。そこで今日は、オグルグルにかわいいお菓子を焼いてお返しにしようと、やってみた。


てっぺんに無花果を乗せた小さなマフィンを焼こうと思いついたのだ。難しいことはせず、でもちょっと魅力的なものにしたかったので、おおむね成功か。試しにと思って焼いてみたけれど、これはこのままオグルグルにあげてしまおう。


アイシングをしてもっとかわいくしたいと思ったのだが、粉砂糖が手に入らないし、素朴な路線を保った方がいいかもしれない。24個のマフィン型はクミシュテペ用にと思って日本で買った。しかしオーブンの形が円形なので焼き具合にむらがあり、最後の方は最初に取り出したマフィンの残りが焦げ始めてそのにおいが立ち込める。どうしたものか、悩ましい問題だ。
ところで、どうしてわたしが外出しないことにしているかというと、歩いていて「チーニー」などと冷やかされることが絶えないのと、人にジロジロ見られることに耐えられなくなったからである。そんなことは以前から同じくあったが、なぜ今回また嫌になってしまったのだろう。気候のせいか、人が多く外に出ているために頻度が上がったからかもしれない。それと、何年ものあいだに親戚や色々な人との関係で嫌な思いをしたことが積み重なって、うんざりも限界を迎えたのだろう。とぼとぼ歩いているあいだに、あからさまに噂話をする人がいるし、たむろっている人たちの遠慮のない一斉の視線が耐えがたいのだ。最近では、たむろしている人たちの3メートルくらい手前からおもむろにそっぽを向いて(わたしが)、通り過ぎたら顔をまっすぐに戻す… というような具合だった。もちろん、外出時にサングラスは外したことがない。それで自転車を買ってくれるようハリルに頼んでいるのだが(自転車なら通り過ぎる時間が短くなる)、クミシュテペではそう簡単に手に入るものではないようで、未だに買えていない。昨日も、修理して用意してくれているのが一台見つかったとのことでハリルが見に行ったけれど、「試乗したらブレーキもないし、ボロすぎて機能していなかった」と帰ってきた。「ゴミでもかき集めてお金にしようとしている」とハリルは言っていた。
とにかく、無花果も諦めるくらい外を歩きたくないので、自転車は必要だ。手に入ったところで、乗って出かけたら「クミシュテペ初の女性自転車乗り」ということでさらなる視線を集めそうだが、疾風のごとく駆け抜けるつもりなので、そちらの方がましだろう。しかしその視線も憧れではなく、蔑み(女で外国人のくせに自転車に乗っている)または妬みなので、日本のみなさんはどうか誤解のないようお願いいたします。


Instagram にも写真を載せています!
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by mariko
  • 2017/08/01(Tue)18:21
  • Edit
可愛くて美味しそう!無花果そのままがいいですね。私の好みで言えばアイシングはいらないけど、そちらの皆さんは甘~いのがお好きなようですから、あったほうが喜ばれるのでしょうね。

marikoさん

  • by 砂漠人
  • 2017/08/02 13:57
姪っ子の家は甘さ控えめな家族なので、よかったかもしれません。砂糖が溶けてべたべたするのも残念ですしね! これはまた作ろうと思っています。

No Title

  • by May
  • URL
  • 2017/08/02(Wed)07:26
  • Edit
市場で卵を売りたくない理由が分かりました。
いっそサングラスを外して、ニコニコしながらゆっくりと歩いてみるのはどうだろう・・・とか思いましたが、お気持ちは痛いほど分かります。
今後の幸せな生活を考えて、ハリルと話し合って住む場所を考慮されてもいいかも。
私は60になってやや真剣に考え始めたところです。

Mayさん

  • by 砂漠人
  • 2017/08/02 13:57
いろいろ聞きましたが、自家製卵は衛生管理の点で簡単に売れないようです。お店でも、夏のあいだは販売をやめるとか。苦情が出たら店が潰れかねませんからね。そんなわけで売るのは諦めて、親兄弟に分けたり、雛を孵したり(これは鶏の力にかかっていますが)しようと思います。
Mayさんだったらニコニコ路線、いけそう! わたしは生まれついての不愛想なので、そっぽを向く方向で(笑)。

最新記事

(08/22)
(08/21)
(08/19)
(08/17)
(08/16)

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]