忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

発酵食品など

最近ハリルは、あるトルコ人女性のインスタグラムを見るのに夢中になっている。彼女はどこか地方に住んでいて、自家製の野菜などを使っていろいろな料理を作り、それらを販売しているようだ。昔ながらのやり方であらゆるものを作っているので、ハリルの興味をひくのだろう。彼自身は、料理のコツを祖母から教わったそうだ。
そして先週、そのうちの一つを試作していた。レシピは公開されていないものの、ハリルは彼女の書いた文章からそれを想像して作ったそうだ。それは、ヨーグルトで漬けたピクルスのようなものだった。しかし小さなガラス瓶に対するハリルの作業がワイルドすぎて、うまくいっているようには見えなかったので、今週は同じ材料でわたしが詰めてみると申し出た。


材料はスズメ(水切りヨーグルト)、ヨーグルト、牛乳、パプリカ、唐辛子、塩。ヨーグルトをさらに発酵させて、パプリカのピクルスにするようだ。ハリルはパプリカを半分に割って、そこにスズメを詰めたものを瓶に入れ、上からガシガシ押していた。わたしは最初からパプリカを四等分し、内側にスズメを塗って、ひとつひとつていねいに瓶に詰めていった。そうすれば、使うパプリカの量を増やすことができる。



3~4日後

今回は唐辛子と塩が足りなかったようで、マイルドな味になってしまった。来週は、それらの量を増やして再挑戦したい。しかしオリジナルの味が分からない料理ほど、作るのが難しいものはない。
毎週、夏野菜をたくさん買ってくるので、ラタトゥイユを頻繁に作る。夜の軽い食事に、これを温めてポーチドエッグを添えて食べている。





あいかわらずトマトソースのパスタもよく食べている。ほとんどベジタリアンになってきた。


最後に、チャルというラクダの発酵乳。夏はこれをよく飲む。近所にラクダを飼っている人がいるので、最初は彼から発酵乳を買ってくる。すべてを飲み切ってしまう前に、温めた牛乳を足して、温かいところに置いて発酵させたら、また冷やして飲む。ラクダの乳はかなり滋養があるようだが、そばにラクダがいない地域では手に入れるのは難しいだろう。味はうまく説明できないけれど、発酵乳なのでシュワシュワしている。ありがたいものを思って味わうので、おいしい気がするのだった。

ロミ夫と昼寝

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by May
  • URL
  • 2017/08/07(Mon)08:31
  • Edit
(しつこいですが)体に良さそうなものばかり食べてらっしゃって、病気になりようがない、って感じですね。しかもその”ふんだんさ”が素晴らしい~
昨日ファーマーズマーケットに行った時、パプリカが「1個」$4って値段が付いてて、夫と顔を見合わせて”マジか!”と思いました。

kumikoさんもワイルドだなぁ、私はラクダの乳と聞いたらちょっと引いてしまうかも。まぁ、最初に牛の乳を飲んだ人も同じだけど。

ロミ夫、べろが出ててかわいい~~~

Mayさん

  • by 砂漠人
  • 2017/08/12 03:35
はい、食べるも寝るも働くも理想的なので、病気にならないと思います。
パプリカ1個が4ドルって、日本より高くないですか? どういうことでしょう? パプリカも自生のを探すしかないですね。
ラクダのチャルは、初めて飲んだときは「もういい」って感じでしたが、徐々においしさが分かってきました。野生に近い食べものは、食べる人の味覚が訓練されていないと、おいしさが分からないような気がします。その点、わたしはお子ちゃまの舌なので、大変です。

最新記事

(08/22)
(08/21)
(08/19)
(08/17)
(08/16)

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]