忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

エビ

エビの季節がやってきた。季節といっても、エビは養殖なので、太って食べ頃になったということだ。

初日は刺身で食べました

一度に2~3キロ買ってきて、100尾くらいを一気に処理する。頭を取って、殻をむいて、背ワタを取る。もちろん、脇にわさびを溶いた醤油皿を置いておき、ちょっとつけては「パク」。これがたまらない。このときばかりは、日本酒が必要だ(ハラム)。
頭でスープを取ってチェクディルマも作ったけれど、やはり刺身が一番おいしい。加熱する場合は、最後にほんのちょっとにしないと、せっかくの風味が減ってしまう気がする。地元の人は、ほとんどケバブ(グリル)にして食べているようだ。
エビの養殖は数年前に始まったばかりなので、クミシュテペの人にとってエビは未知の食べものだと思う。今のところ頭は捨てられているので、殻と一緒にハリルが市場からもらってくるようになった。鶏肉の骨や皮とは違い、エビの殻はタダなのでうれしい。


エビは、頭からものすごく美味なスープが取れる。犬や猫は、エビの頭をやるとそのままガリガリ食べるけれど、殻も残さず食べてもらうためにひと手間かけることにした。エビの頭と殻を煮て柔らかくし、それをフードプロセッサーで粉状にし、スープに戻し、パンととも混ぜるのだ。これだけのエビをすべて粉にするのは本当に手間だが、そうすると鶏にもやることができるので、今のところやっている。エビも1~2ヶ月のあいだに終わってしまうので、少しの辛抱か。

エビ待ち

エビ待ち

鶏に占領される餌場

猫より鶏が強い

それはバグティの餌入れです


鶏の餌場は牛小屋なのだが、犬猫の餌を横取りしにくる鶏が増えている。犬は鶏より強いが、猫は引いている。コッコは猫を突いていじめているが、今日はチーちゃんにパンチをくらっているところを目撃した。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by ボーダ
  • URL
  • 2017/09/25(Mon)00:48
  • Edit
プリプリ感が伝わってきます。おいしそ〜〜!!
私が住んでいる所では冷凍しか手に入らないので、うらやましいです。
エビの頭と殻がタダで手にはいるだなんて。きっと長続きしないと思いますので、今のうちにたくさん使ってください。殻はまだしも、頭はこちらのお寿司屋さんでは唐揚げにして出しますよ。カリカリして味が詰まっていてとってもおいしいです。次はぜひエビの時期にお邪魔したいです。

ボーダさん

  • by 砂漠人
  • 2017/09/25 12:43
エビは歯ごたえがあります。
頭こそ、すばらしい味が詰まっているのに、本当にもったいないですね。でもできる限り、このままであってほしいなあ(笑)。
次回のお越しは、エビに合わせて。決まりですね。

無題

  • by 大福
  • 2017/09/25(Mon)03:55
  • Edit
ほんと私も唐揚げにして食べたいです!笑
エビは揚げたときのあのカリカリがおいしいですもんね。
アスタキサンチンが身体に良さそうですしね 笑
甲殻類は猫には良くないと聞いた覚えがあったので今グーグルしてみたら、生はリスキーのようですね。
砂漠人さんは、お食事をすごくたくさん食べておられるようですが、ちっとも太らないのですね。きっとたくさん動くからなのでしょうね。

大福さん

  • by 砂漠人
  • 2017/09/25 12:43
唐揚げですか! じゃがいもを揚げるときにやってみます。塩だけ振って食べて… おいしそう。
生は、猫にリスキーなんですね? やっていました。よく食べるんですよ。でもこれからは加熱してからにします。ありがとうございました。
不思議なくらい太らないんですが、これは体質ではなく、ここの状況と食べものの質のような気がします。日本に帰省したとき、一ヶ月以内に3~4キロ増えたんです。たくさん食べている気もしなかったのに!
でもハリルはいつでもどこでも太るなあ(笑)。やっぱり食べているんでしょう。

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]