忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

家具の発注

だいぶ前からほしいと思っていた、小さめの食卓を発注した。今は、210 ×120 cm の巨大テーブルをあらゆる作業に使っているので、事務仕事(というか電話とチャット)が増えてきたハリルのデスクと、食卓を分けようというわけだ。おまけに、わたしのミシン用デスクと、物置部屋(別名:アトリエ)に置くキャビネットも注文した。

家具職人の店

これまで木製の家具はすべて親戚のワハブに発注していたのだが、今回は MDF「中密度繊維版(medium density fiberboard)」という素材を使って作ることにした。日本ではすでに一般的に使われている材料だが、クミシュテペでは最近流行り始めたばかりなのだ。もちろん、手製の木製家具の方がこの手作りの家には似合うと思うけれど、最近ワハブは仕事がいっぱいで当てにならないので、MDFは木材より手に入りやすいし、安価なので試してみようということになったのだった。
 
職人の工房

しかし心配なのは、彼の腕だ。彼が作ったものを見たことがないし、工房に置いてあった靴箱は、こういうのだった。


ハリルは、靴箱は余った素材で作ったものだとか、彼はいい奴だとか擁護していたけれど、デスク2台、キャビネット2台、テーブル1台、それから家中の壁につける棚板をたくさん、一度に発注して、納品が一週間後と言われたら心配にもなるだろう。おそらく納品は遅れるだろうけれど、期待と不安が入り混じっている(いつもどおり)。
しかしどんなものが納品されようと、きっと十分使えるし、人生思い通りにならないのが当たり前、失敗して直していくのが当然なので、なんでも喜んで受け入れようじゃないか! いつのまにか、わたしの寛容性は増しているようである。というか、無駄な心配性になっている。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

それは心配ですね〜

  • by yayoi
  • 2017/10/20(Fri)11:35
  • Edit
こんにちは^^
私も心配になってコメントしてみました。
まず1つ発注してみてからでもよかったのかな。。
その大量注文。危険な匂いが。。
カナダに住んで3年の我が家には家具は数えるくらいしかありません。
私の住んでいるカナダにもIKEAがありますが、私の住んでいる所からはフェリーに乗って、、という感じで往復に丸1日費やす距離なので近場で家具調達となると何処も信頼できるところはなく、いつもアンティーク(ただの中古品?)を吟味して購入したりしています。
GOOD LUCK!

yayoiさん

  • by 砂漠人
  • 2017/10/22 01:38
こんにちは!
大量注文によって価格を下げるという、ハリルのいつもの戦法です。わたしも一つ作ってみてから他のをオーダーしたいと、もちろん考えましたよ。しかし、ね。
カナダでも簡単に家具が手に入らないのなら、ここはあんがい、消費生活が進んでいるのかもしれませんね。また報告いたします(笑)。

寛容性

  • by なかぐろや
  • 2017/10/30(Mon)15:43
  • Edit
家具を揃えるのは大変でもあり楽しみでもありますよね。広いおウチのようで羨ましいです。
たとえ心配いっぱいでもね。
日本では二週間連続で台風が襲来し、私宅では雨漏りが始まってしまいました。
私はちょっと凹んでたのですが、砂漠人さんの、人生思い通りにならないのが当たり前、という言葉に励まされました。

なかぐろやさん

  • by 砂漠人
  • 2017/10/31 04:01
うちも嵐が来ると雨漏りするので、憂鬱なお気持ちはよく分かります。でも、そう、人生って思い通りにならないし間違いだらけだと思うようになりましたよ。
部屋も整ったことだし、冬は刺繍に励みたいと思います!

最新記事

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]