忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

刺繍あれこれ

悪いニュースはなぜか連続してやってくるものだが、そういうときは一瞬「この世の終わり」というくらいに気分が落ち込んでしまう。しかしたとえ数分でもそんな気分では過ごすのはつらいので、なんとか精神的ダメージを緩和しようとあらゆる方法を考えて、落ち込みを回避しようとする。若いときは、落ち込んだ気分にはまったまま長い時間を無駄にしたこともたくさんあったと思うけれど、クミシュテペで鍛えられたおばちゃんは、今では比較的短い時間で気分を建て直すことができるようになった。三十年前にこれができていたら、人生変わっていたと思う。
よいニュースも連続してやってくる傾向はある。今回はめったいにない、そっちの方だった。いつだったか、わたしが一番気に入っている刺繍の刺し手が、公務員試験のために勉強する(つまり刺繍はしない)ということになって、彼女を応援したいと思うと同時に刺繍の件ではがっかりしていた。彼女ほどの職人はほかに知らないし、もう二人ほど腕が確かなのは分かっている人はいるものの、彼女たちは小さいこどもがいて刺せないし、一度刺してもらったときにちょっとしたトラブルがあったので、頼むのを躊躇していたところだった。
刺繍の刺し手は多くいるのだが、職人レベルとなると限られてくる。それから家が遠い人も、行き来するのが大変なので避けたいと思っている。トルクメンの刺繍を商品にして日本で売るという仕事は、採算の面では儲からないからやる意義がないだろう。でも彼女たちの文化を紹介するという意味では、自分がやるべきで、それ以前にやりたいことなので、商売ではなく趣味としてでもしばらくは続けたいと考えてきた。だからこそ、一番上手な人が刺したものを採用したいのに、彼女たちが無理だとなると、いったい何のためにやるのか? 続ける意義が揺らいでしまう。いっそのこと、自分が刺繍を覚えること一本に絞ろうか? と思い詰めたりもしていたところに、なんと、いいニュースは向こうからやってきた。
まずは、公務員試験の受験を終えた彼女が、刺繍を再開したいと言ってきた。わたしにとって、こんなうれしいことはない。そして彼女のために材料を準備しているあいだ、今度は心当たりのあったもう一人(二人のうちの一人)も、自ら刺したいと言ってきたのだった。いつかこちらから頼むしかないだろうと考えていたくらいなので、願ったり叶ったりだ。その二人に渡す布地を準備するのに忙しく、うれしい悲鳴をあげている。


これは鍵十字に似ているのだが、ヨムート族の刺繍の伝統的な模様のひとつ。先日、義母にできあがった商品などを見せていたら、急にやる気が出たのか、「刺してみる」というので急いでこの図案を描いて持って行った。ところが今日は、手に取ってすぐ「見えない」と言って、布を返してきた。先日のやる気はすっかり忘れてしまったようだ。認知症が始まったのか? と思ってしまったくらい、態度が豹変したので焦ったが、単純に「やはり見えない」ということなのだろう。そういうことなので、これは自分の練習用に使おうと思う。

配色のシミュレーション。なんか変なのは、単にわたしがパソコンのソフトを使いこなせないからです

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by Tamihime
  • 2017/12/21(Thu)15:20
  • Edit
お義母さん、刺繍なさりたのでしょうが、目が見えにくくなっているのですね。父は緑内障で晩年は目が見えませんでした。
刺繍の刺し手が見つかって良かったですね。
「採算の面では儲からないからやる意義がないだろう。でも彼女たちの文化を紹介するという意味では、自分がやるべきで、それ以前にやりたいことなので、商売ではなく趣味としてでもしばらくは続けたい」
この部分は同感です。感動したところでもあります。
トルクメンの刺繍、絨毯。砂漠人さんのブログで学んだこと、たくさんあります。

Tamihimeさん

  • by 砂漠人
  • 2017/12/22 03:09
ありがとうございます。本当に偶然、義母が刺繍の名手だったことで、こういう機会がもてました。それでも最初の三年くらいは余裕がなくて、刺繍にはまったく近寄らなかったんですよ。来たばかりの頃は、義母のスティッチもかなりシャープなものだったのに、惜しいことです。
気負わず、続けたいと思います。

No Title

  • by とむとむ
  • 2017/12/21(Thu)20:29
  • Edit
こんにちは!お義母さまは、白地に青色の下絵が見えにくくなっておられるのではないでしょうか。高齢者は青色が見えにくくなるそうです。http://eye-media.jp/entertainment/%E8%89%B2%E8%A6%9A%E4%BD%8E%E4%B8%8B%E3%81%AE%E8%B1%86%E7%9F%A5%E8%AD%98/
コントラストをはっきりさせて、白地に黒線だと見えるかもしれません。刺繍糸も、濃い色を使われたほうがいいかもです。

とむとむさん

  • by 砂漠人
  • 2017/12/22 03:09
ごぶさたしております!
これはいいことを教えていただきました。もっと大きな図案を、白地に黒いインクで描いて見せてみるつもりです。成功したらまた、書きますね。
まあでも、87歳ですから、期待する方がまちがっていますが、奇跡も見たいです。ありがとうございます。

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]