忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

鶏の産卵再開

鶏がようやく、卵を産みだした。

完璧ないろかたち!

過ぎてみれば、卵が産まれなかったのはたったの二ヶ月なのだが、この期間はものすごく長く感じた。先日、ある場所に6個まとまってあるのを見つけた。色と形からして、それは一羽の雌鶏が毎日産み溜めたようだったのだが、今日は別の鶏が別の場所で1個産んでいた。
庭の洗面所には段ボールを設置して、その中に湯たんぽを入れ、猫ハウスを用意してある。夜はそこで寝る猫がいるのだが、昼間にそのあたりで鶏の鳴き声がしたので、急いで見に行った。案の定、箱の側面に開けた穴から、鶏のしっぽが見えていた。鶏が鳴きながら段ボールから出てきたので、わたしはいそいそと箱の中を見た。やった! 二羽目の鶏が卵を産んだ! と思いながら箱のふたを開けてみたら、鶏が座っていた場所の奥に猫が2匹座っていた。つまり、段ボールの中で猫2匹と鶏1羽が一緒に温め合っていたようなのだ。
 
朝食に目玉焼きを食べました

さて、今はおなじみペンケースの仕上げにかかっている。ペンケースはまず布地をジッパーに縫いつけて刺し手に渡し、刺繍が仕上がってきたら袋状に縫って、さらに裏地をつける。裏地を縫いつけるところは手縫いなので、すべてが仕上がったときは自分の手の中にある。これはなかなか気分がいいものだ。





ジッパーの横の緑の線とカラフルな模様の部分がトルクメン刺繍だ。おととしの展示会のときに、お客さんの中で刺繍をする人が「これはテープを貼っているのよ」と見間違えていたくらい、細かいスティッチなのだ。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]