忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ペンケース

ペンケースの刺繍をまた買い取ってきたので、さっそくケースの形に縫った。あとはそれぞれに裏地をつける作業が待っている。
この刺し手は仕事ができるので、ペンケース1本を約一日で仕上げるようだ。とはいえ、十日で10本という訳にはいかないだろう。非常に細かい作業のため、ぶっ通しで8時間できるものではないし、家事や子育ての合間に集中できる時間を見つけるのも大変だろうから。この仕事は収入はたいしてよくないけれど、家で好きなときにできるのがいいところだ。しかしトルクメン刺繍はほとんど売買されないので、お祝いの品としてオーダーがくる以外、お金をもらって刺している人は稀だろう。どの刺し手にも、わたしは精度を高く要求するので、相場より少し高い値段を支払おうと思っている。


これらの小さな模様は、どれも幅が1センチ以下の大きさだ。刺繍はどれもバラック(女性がワンピースの下に履くズボン)が基本となっていて、ペンケースに刺しているのは、バラックに刺す中でも一番小さな模様だ。最近は薄い生地で一本のズボンを縫い、こういった刺繍をささっと刺して、古くなったら再利用せず処分してしまうのだと思う。昔ながらの大きな模様を刺したバラックは二枚仕立てになっているので、上の方が傷んだら、生地を変えて縫い直したり、裾だけを再利用したりしていたようだ。


今作っている商品は春にウェブショップで販売するつもりだが、この刺繍はぜひ間近に見て手に取って選んでほしいと思っている。予定はまだないものの、展示会をぜひまたやりたい。ワークショップなんかも楽しそうだ。本当は熟練された刺し手を一人、日本に連れて行きたいが、これはまだ夢の域を出ない。

裏地をつけるともう少ししゃんとします

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by まつざわ
  • 2018/01/22(Mon)18:09
  • Edit
オレンジと白のハートみたいなのがいいと思いつつ、前に書いたかもしれないけど、何の模様?

まつざわくん

  • by 砂漠人
  • 2018/01/22 18:15
これはね、羊の角だという説と、ハートだという説を聞いています。今後もっと調査する。

刺繍

  • by 月
  • 2018/01/22(Mon)21:22
  • Edit
乙嫁にドはまりしているので、是非本場の刺繍を見てみたいです(ワークショップ、いいですね!)
緑生地のがどれも好きな感じ。
ウェブショップ、楽しみにしています。

月さん

  • by 砂漠人
  • 2018/01/23 22:20
4巻までは読んだんですが、いまだ続いているんですね。驚きました。読み始めた頃は刺繍に携わっていなかったので、「これトルクメンだ~」と思っただけでしたが、刺繍をよく見直しながら読んでみたいですす。
刺繍は、実際に手に取ってみるときっと驚きますよ。ペンケースなんかは本当に小さい面積ですが、同じ刺繍でズボンや服の装飾をしていたわけですから、驚愕です。ちなみに、わたしが住んでいる地域の刺繍はトルクメンのヨムート族のものです。個人的には、トルクメンのチャウドゥル族(日本語表記が分かりません)のものも大好きです。
おっと、マニアな領域に入るところでした(笑)。

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]