忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

平川克美『俺に似たひと』

わたしは去年、祖母と伯母を亡くしたのだが、二人が亡くなる前の数年間の様子を見ていて、色々と思うことがあった。また、日本が超高齢化社会となったことに不気味な不安を感じることもあり、「老いる」ことについて、もっと知りたいと思っている。以前に読んだスウェーデンの小説とは違い、この本は日本で親の介護をした著者の物語だ。非常に示唆に富んだ内容で、同じく「老い」について向き合いたい(若い)人には薦めたい。


著者の平川克美という人は、ウィキペディアによると、日本の実業家・文筆家だそうだ。わたしは偶然、あるサイトの記事で知り、「少子化の原因は家族が変わった(壊れた)ことだ」など、日本の社会についての分析がとてもおもしろいと思い、彼の著書を調べているときにこの『俺に似たひと』を見つけたのだった。
本の内容は期待どおり、年を取ったご両親の生活について、詳細に書かれていた。そして病や老いについての考察がある。わたしがとくに印象に残ったのは次の二つの点だ。
ひとつは、「せん妄」について。著者の父親は、入院してから最期まで、せん妄という状態にあることが多かったようだ。それについて、著者は「疫病利得」という言葉を用いて説明している。
ーー疫病利得ということがあるように、老いにも、それによって得るものもあるはずである。記憶の連続性を失うことで、何かが守られる。端的にいえば、それはひとりになったことの寂しさや、これから先の不安といったネガティブな心の動きを緩和させて、精神の安定を守っているということになるのだろう(p.46)。
ーー俺は、介護の過程で「利得」の意味を強く実感するようになっていった。(略)つまり、元気なときの自分のプライドを守るための症状が、この頃あらわれた「記憶の喪失と断絶」だったのではないか。「老い」もまたひとつの利得でもありうるのだ(p.49)。
ーー(略)最初は、せん妄は一種の逃避機制だと思っていたが、実はもっと自然な身体機能なのだと思うようになっていたのである。
 人間には、生きるためには処理しなくてはならないさまざまな障害や苦痛がある。もっと正確に言うならば、それらの障害や苦痛がもはや処理しきれなくなったときにひとは死ぬのであり、処理できているということは生きているということである。
 障害や苦痛の処理には、ふたつの方法がある。ひとつは、それらを努力や薬品によって肉体の外部へと放出することである。内臓にはもともとそのような機能が備わっている。
 そしてもうひとつの方法は、肉体に障害や苦痛を感じなくさせてしまうことである(P.192)。
ーーせん妄とは、身体的あるいは精神的痛苦に対する最終的な防衛機制であり、生命体が平衡を保つ最後の防衛線として最初から備わっているものなのだ。もしこの機能がなければ、ひとは発狂するか自殺へ走ること以外に、逃避の方途がない(p.193)。
印象に残ったふたつ目は、人間の一生にある転轍点について。著者によれば、人間の一生にはいくつかの転轍点があり、子どもから青年になるところに最初のカーブ、青年期を過ぎて成熟したおとなになる成長のピークのところに、最初の折り返し点がある。そこからこれまでたどってきた旅程を、降り下っていく。季節に例えて、秋だ。そして冬になり、
ーー成熟し、老いていく体と、それを受け入れたり抗ったりする精神が拮抗し、葛藤する。そして、いよいよ最後の転轍点を跨ぎ越すという段になる。
 そこには、それまでの転轍点とは異なった仕掛けがある。再びやり直そうという自分がいなくなっているのだ。自分がこれまでの延長上の自分ではなくなっていることに気づくことができないのだ。だから、この転轍点は知らずに跨ぎ越すほかはない(p.145)。
人生の最期のところはどういうことになっているのか、それを父親の様子と自らの分析によって明らかにしている。そうなのか… と、わたしは新しいことを知ったような気になった。
著者は、父親を介護している時期に、突然の、若い知り合いの死にも遭った。彼が「自分が死んだことすら知らずにいるのではないだろうか」「それは不幸なことなのだろうか。あるいは、老いや死というものを見ずに旅立つことは悪くはないのではないか」などと自問している。「老いのただなかで生活している父親を見ていると、どうしても死への親近感が湧いてきてしまうのである」とのことだ。そう思わせるほど、老いの生活の中にはつらいものがあるのだろう。

要約の仕方が分からないほど明晰な文章なので、心地よく読むことができる本だった。彼の別の本も、必ず読んでみたいと思っている。
最後に、なぜタイトルが『俺に似たひと』なのか、について触れておきたい。解説で、関川夏央がこう書いている。
ともに暮らしてみてわかった。自分は父親によく似ている。「相容れない」と信じたのは、人生の夏を迎えた時期が違っていたからにすぎない。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by ユーコ
  • 2018/02/18(Sun)11:07
  • Edit
クミコさん、こんにちは
亡くなられた叔母様とはいつか話して下さった転落して入院してらした叔母様でしょうか
親戚をお二人も亡くすなんてお辛かったですね
さて、こちらの本ですが、老いた両親のいる私にもとても興味深いです
昨年10月まで元気で一緒に旅行に行った父が、年末に腰椎に細菌が入っていきなり動けなくなり今も入院しています
今はだいぶ良くなり今週リハビリ専用の病院に転院するまで回復したのですが、最初の頃はせん妄が見られたのです
あまりの激痛に疫病利得が起こっていたのですね
当時母は父がいきなり痴呆になったと非常に怯えていました
わたしはなーんか違うと思っていたのでとても納得できました
その父の痛みからの逃避先が大好きなパソコン麻雀ゲームだったり、テレビのナイター中継だったりでシリアスな場面なのに笑えてしまったのですが…
人間の身体って脳って本当に不思議です

この本読んでみます
紹介してくださってありがとうございます!

ユーコさん

  • by 砂漠人
  • 2018/02/18 20:26
ありがとうございます。
そう、ケガをして入院していた伯母が亡くなりました。二人とも亡くなる前にいろいろとありましたが、あっけないなあと感じました。老いて問題がある場合、介護される側も、する側も、取り巻く側も、みんな経験値が少ないために起きてしまう混乱もあると思いました。
父上様、夢を見ながら「大三元~!」とかおっしゃっていましたか?(笑)この本はきっとなにかしら参考になると思います。お大事になさってください。

No Title

  • by 大福
  • 2018/02/25(Sun)19:00
  • Edit
「せん妄」
かねがねひょっとして人間にはそのような機能があるのでは?と思っていたのでなんだかすごく納得いたしました。まだ全く老いていない人々にもその入り口くらいの症状が見えるように思ったことがあります。
女性は若さを失ったらその価値も尽きるかのようにあつかわれている社会で暮らしているいま、「老い」について知りたいとおっしゃる砂漠人さんをいいなあ〜と思いました

大福さん

  • by 砂漠人
  • 2018/02/26 03:38
おひさしぶりです!
価値の尽きそうなわたくしですので、老いになにかを見出そうとしています(笑)。老いについて「分かった!」わけではないですが、それは人生における自然なプロセスなんだなということは納得できました。ひどく悲観的になる必要もないかな、と。

No Title

  • by paprica
  • URL
  • 2018/02/28(Wed)00:06
  • Edit
クミコさんの抜粋を読んでいるだけでもとても無駄のないストレートな分析をされる著者だなぁという印象を受けました。老いというプロセスの中で得るもの、という視点も面白いです。そんなこと考えたこともなかったです。残念ながらKindle版が出ていないので読めないですが、リストの加えておきました〜。次回の帰国の際に。
クミコさんの動物たちの生き方をふと思い、人間ってほんと、手のかかるイキモノだなぁと思いました。

papricaさん

  • by 砂漠人
  • 2018/02/28 03:05
Kindle版が出ている本はけっこう限られていますよね。この人の文章は、かなの使い方が自分の好みに合っているのも読みやすい一因でした。
日本で「介護」というと一定の形があると思いますが、それが具体的に分かったのもよかったです。人間、長生きすると最後は自分で食べられなくなったりお風呂に入れなくなったり…。最後の一線を超えたら、放っておくのが自然なのかもしれません。ここの動物たちのように。

最新記事

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]