忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

南庭の動物たち

毎朝7時半ごろ家を出て、南庭に向かう。南庭ではナーセルと奥さんが家畜の世話をしているが、わたしは犬たちに餌をやりに行くだけだ。しかしこんなに律儀に犬の餌やりをする人は、クミシュテペにはいないだろう。南庭のお隣さんは牛と羊を少し飼っていたのだが、おじさんが病気になったとかですべて売ってしまったそうだ。そして今はもう敷地に人が来ることはない。ただ、そこで飼っていた番犬も、そのまま置いていったそうだ。ハリルが「犬が餌を待ってるぞ」と何度か伝えたそうなのだが、「行ったらいなかった」などと言ったとか。

正面に見えるのがうちの倉庫

犬たちは、道の途中までわたしを迎えに来る。というか、餌を迎えに来る。5匹の犬と4匹の猫に、バケツ一杯の餌をやっている。同じくらいの量を、家では4匹の犬と10匹の猫にやる。キティとガウシャンはその中に含まれず、特別な餌を家の中でもらっている。決して十分な量ではないけれど、あとは自分で鳥とかネズミを捕ってくれ… ということだ。

乳牛No.4~No.6

乳牛No.3

子ヤギが一頭いた。あまりに細くて、生き残れるのか心配だ

子牛たちも大きくなって、倉庫や小屋に繋がれて、餌をもらっていた。羊の群れは朝早く、羊飼いに渡して一日中放牧してもらっている。

母娘。母はタイちゃんの娘

アッコ(右)とガラジャ(左)

南庭を出て左に行くとカスピ海

右に行くとクミシュテペの町

周囲の畑には作物が順調に育っている。うちの庭も草が爆発的に生えているし、気温も上がってきて、いよいよ春を迎える様子だ。その前に、大小ふたつの嵐が通り過ぎるのを待たなければならないが。


最後に、いつも見かけるロバをお披露目。ときどきにんじんをやっている。まったく歩いている様子がなく、筋肉もなく、スタイルが悪くてかわいそうだ。買い取ってやりたいけれど、ハリルに話したら否定的だった。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by Tamihime
  • 2018/03/07(Wed)09:58
  • Edit
ロバがいるのですね。手に入るのでしょうか?
動物の世話は大変ですが、頼られている嬉しさもありますね。どの子もみんな可愛いですね。
楽園を現実のものとしているのですね。
自転車でさっそうと走っている砂漠人さん、格好いいです。

Tamihimeさん

  • by 砂漠人
  • 2018/03/08 02:55
本当に、二十数匹の犬と猫が、わたしをあてにしています。
夢みたいな暮らしだと感じることは、よくあります。非現実的な現実、と言いましょうか。
自転車はやはりスピードが速いので、じーっと見ている人も3秒くらいでサヨナラ~となるので、よかったです(笑)。

無題

  • by May
  • 2018/03/07(Wed)10:14
  • Edit
すごい。地平線が見えますね!
そして写真を見ているとやはり砂漠の音が聴こえてくるようです。
妹は、空き地も緑も無く高架道路とビルに囲まれた灰色の街で暮らしているので、ウェリントンでもかなり感動していました。
ロチは食べる機能に関する場所を負傷しているのが辛いですね。ゆっくりでも回復するといいけど。。
ロバの写真は想像していたのと違って驚きました。ほんと!足が痩せていて気の毒。
kumikoさんちの子になれないなら悲しいかな運命だから仕方ないですね。

Mayさん

  • by 砂漠人
  • 2018/03/08 02:55
ウェリントンはそんなに都会なんですか!
砂漠の音は、カラカラという羊の鈴の音や、牛の鳴き声などです。猛烈に走るバイクとかは、興ざめですけど。
ロバ。もっと早くに買っていればよかったです。飼ってしまえば、思っているほどロマンチックな動物ではないかもしれませんけどね。

No Title

  • by 大福
  • 2018/03/07(Wed)19:37
  • Edit
砂漠人さんはお家のことをそりゃあ良くやっておられるって思いますよ。そんな良い子には、たまには「あれが欲しいのだ」と主張する権利があるって思いますよ。それがなんであってもね。わざわざ遠くの先進国から、あらゆる話題がふれるほど教養のある、しかもかなり年下のお嫁さんをもらって、そのくらいのこと「いいよ、いいよ」って言ってほしいもんだわ(笑)。
もしもそのロバちゃんを買い取るのでしたら、歳は確かめたほうがいいかも。もうご隠居されてのんびりしておられるのかもしれないですしね。「可愛いから散歩に連れていってもいいか?」ときいたら「いいよ」って言いそうですけどね。ロバちゃんきっと喜びますよ。

大福さん

  • by 砂漠人
  • 2018/03/08 02:56
ありがとうございます! なんか褒められすぎていますが…。
わたしが欲しいと言ったものは、たいてい買ってくれたと思います(クミシュテペには売っていない、という結論がいつもありましたが)。ロバは… 「先の予定が分からないから」とハリルは言いましたが、モンゴルから戻るつもりがないんでしょうかね。心と体があっちに行っちゃってますから、ロバが非現実的に写ったんでしょう。とにかく戻ってきてもらわないことには、話が進みません。
飼い主がいい人かどうか、ちょっと調べてみます(笑)。

No Title

  • by mizuki(mirooo)
  • 2018/03/08(Thu)20:40
  • Edit
 ロバが登場してから、食事のときの話題がロバになっています。
 
 昔話や小説に出てくるロバはちょっと間抜け、あるいは気のいい穏やかな動物というイメージだったので、初めて鳴き声を聞いたときはショックでした。

 夫に聞いたところ、ロバの一般的な認識は「馬を買うお金がない人が代用に飼うもの。性格はわがままで頑固。やりたくないことはやらない。頭はあまり良くない」だそうです。

 本の世界では主人に忠実で、重荷を運んだりして働き者なはずなのですが、実際はどうなんでしょう。

 上に大福さんのコメントを見つけました。前に「miroooはどうしていますか」という書き込みを見かけました。もう覚えていらっしゃらないかもしれませんが、元気で、ブログに書いていたのと変わらない生活です。

 問題が解決できず停止しましたが、変化といえば壁紙を張り替えたくらい…。大福さんの目に留まれば嬉しいです。

 

mizukiさん

  • by 砂漠人
  • 2018/03/09 01:25
ロバや羊飼いって、日本にはない文化だからか、ロマンチックな印象ですよね。でも実際にそれらが身近なイランやヨーロッパでは、どちらもちょっとバカにする対象のような気がします。彼らの態度を見ていて、そう思ったんです。だから「ロバを飼おう!」「すてき~」となるのは、日本人だからかな、と。
スウェーデンにいたときに書いたブログ記事、ぜひ読んでみてください。一度は読まれているかもしれませんが。
人間とロバ・その1
http://sabakujin.blog55.fc2.com/blog-entry-389.html
人間とロバ・その2
http://sabakujin.blog55.fc2.com/blog-entry-390.html
人間とロバ・その3
http://sabakujin.blog55.fc2.com/blog-entry-391.html
『黄金のろば』という古代ギリシャの話があるんですが、これもおもしろいです。と言いつつ、内容をすっかり忘れちゃったので、また読もうと思いました。

No Title

  • by とむとむ
  • 2018/03/09(Fri)22:59
  • Edit
こんにちは!!
このロバさん、痩せすぎではないですか。。ご飯をもらっているんでしょうかねえ。。(ToT)

とむとむさん

  • by 砂漠人
  • 2018/03/10 04:22
そうですね。毎日繋がれる場所が変わっているので、草は食べていると思うんですが、穀物などはもらっていないんでしょうね。それに、歩かないと太れませんよね。こういった、ケアの足りない動物がクミシュテペにはいっぱいいます。

miroooさんへ

  • by 大福
  • 2018/03/10(Sat)10:06
  • Edit
わあmiroooさん!お元気そうで良かったです!そちらはまだまだ物騒に見えます。街中にお出かけの際はどうかお気をつけください。

最新記事

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]