忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

今月の目標:えいっとやってしまう

やってしまえばそれほど時間はかからないのに、つい先延ばししてしまうことが溜まりがちだ。今月(イラン暦の)はそういうタスクをえいっとやって、家中をすっきりさせようと思っている。
今日は、義母から託された刺繍の残りを済ませ、敷物を完成させた。義母の最後の、そして未完の作品ということで、そのまま額に入れて飾るというおもしろい提案もいただいたが、やはり仕上げなければどうしようもないと思い直し、やってしまった。一応、義母に見せるつもりだ。



???

それから肉体労働の部は、鶏小屋の掃除をした。


二階建ての小さな家は、もとは牛の世話をする人が寝泊まりできるよう造ったようだ。地上階はひとつの部屋のとなりにシャワー室も配置されている。しかし壁や床の工事が始まらないまま、例によって鶏御殿となったのだった。二階は一部屋だが、こちらも餌用のパンを保管したり、雛を育てたりするのに使っている。よって、この建物が鶏小屋だ。

地上階の部屋

入って右のシャワー室入口

鶏が止まって寝るための道具をすべて出して、床に敷き詰められた乾燥トマトの皮をきれいに掃き出した。鶏の糞がトマトの皮と混ざって発酵し肥料になるのだが、それは庭の隅にまとめておいた。自分たちの寝床の糞なのに、鶏はアホなので一所懸命その山を引っかいて餌を探していた。だいぶアホなのに、ほうれん草の芽はきれいに摘むことができるという、不思議な鶏たち。

新しいトマトの皮を敷き詰めて、道具をもどして完成

シャワー室も同様に

作業はお昼休憩をはさんで、合計3時間くらいで終わったと思う。鶏糞のにおいがツーンときていたので、すっきりした。ちなみに庭仕事をするときに一番便利だと思う道具は、これだ。


熊手というのかな? ハリルがスウェーデンから持ってきた鉄製のものだが、もうバラバラになってしまった。それでもかなり使える道具だ。
お昼は昨日作ったチリビーンズ。どういうわけか、わたしはチリビーンズが大好きだ。市場でパプリカを買うときは、たいていこれを作ろうと考えている。しかし今週は、肝心のチリを買うのを忘れ、仕方なく乾燥したチリを使った。コリアンダーも入っているけれど、食べるときにまた生のものを刻んで入れている。おいしい!



これだけ入ってます

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by Tamihime
  • 2018/03/24(Sat)22:55
  • Edit
鶏は3歩歩くと忘れると、祖母がよく言ってました。市民農園でも鳥、鶏ではなく飛んでくる鳥ですが、種や芽を食べられないように不織布でトンネルを作って防いでいます。
暖かくなると、体がよく動きますね。私は今日毛糸のセーター類の洗濯をしました。
チリビーンズは私も大好きです。

Tamihimeさん

  • by 砂漠人
  • 2018/03/25 02:06
今日はナーセルが網で壁を作ると言っていましたが、わたしはもうこの畑を諦めます。これ以上、仕事を増やすのは得策ではないと考えたのです。十種類植えたので、どのサブジが食べられないかなどと観察しようと思います。全滅の予感はしますが。
本当に、春は不思議なほど活動的になります。この機を活かしていろいろやっておきたいですね。
Tamihimeさんもチリビーンズがお好きとは。うれしいなあ!

最新記事

(07/17)
(07/14)
(07/13)
(07/12)
(07/10)

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]