忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

水曜市場

今週は、チリを忘れずに買った。それからコリアンダーをまたたくさん買ってしまった。トマトがあまくておいしいので、果物の代わりにサラダをたくさん食べるとよさそうだ。サラダは、わたしの場合、つい食べないで済ませてしまう品目だが、今はトマト、きゅうり、チリ、ハーブ類などを混ぜて、もりもり食べるつもり。


近々ピクニックがありそうなので、お菓子用にハリルの弟ユスフから、クルミを買った。ユスフは以前スイカなどの青果を売っていたのだが、車を売ってトルコに行っていたようだ。ついに彼はイスラム国へ向かったのか… などと半分冗談で話していたのだが、いつのまにか戻っていて、今度は長男と一緒にクルミの販売を始めたようだ。車が買えるほど、儲かるといいね。

スプリットピーとじゃがいものカレーライス

今回のカレーはおいしくできた。たぶん、新鮮なチリとコリアンダーが効いているのだと思う。保存してあったマッシュルームも入れて、いい味が出た。何にでもコリアンダーをたっぷり入れて、ほぼ中毒だ。

いろいろと順調に行っていたところだが、昨日は自転車が壊れた。ペダルの一部をどこかに落としてしまったようで、修理屋さんに探して来いと言われ、自転車で一周、歩いて一周して回ったものの見つからず、壊れたままだ。おまけにその道中、ガキどもに何度も罵倒された。一人は過去最悪で、"Japanese! Motherfucker!" というフレーズをトルクメン語で連呼してきた。腹の底から絞り出したような声で怒鳴っていたのだが、途中一回だけ "Glasses(めがね)! Motherfucker!" も言った。ちょっと笑った。あまりのひどさに、そばにいた大人がたしなめるような態度を取ったのも見えたが、ペダルのことで切羽詰まっていたので、幸いにもわたしは怒りも沸かなかった。
あれほどの嫌悪感を抱かれる理由は、実際わたしにはないだろうから、彼自身、問題を抱えているのだろう。きっと家では父親から同じ言葉で罵倒されているのだろう。父親は働いても満足にお金が稼げず、奥さんからも文句を言われ、家庭がすさんだ雰囲気であるに違いない。典型的なクミシュテペの貧しい家族だ。同情して寄り添うことはかなり難しいが、そういう人たちに対して腹を立てるのは、わたしの立場からして正しくないと考えなければならない。
けど、ムカつくわ(笑)!

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by May
  • 2018/03/29(Thu)06:03
  • Edit
広いからペダルの一部を探し出すのは難しいでしょうね~
見つかるといいけど、見つからなくても何かテはあるのでしょうか?だといいけど。
ガキ(言葉が悪くてすみません)にはムカつきますね(笑)
私は別のことでガッカリすることがたまにあります。
公民館で「日本人なの!鯨食べるんでしょう」って・・未だそんなことを言う人がいます。オーストラリアでも言われたことがあります。
”調査”を名目に捕っているらしいけど、市場ではほとんど見かけませんよね、誰が食べているのかといつも思います。

Mayさん

  • by 砂漠人
  • 2018/03/29 14:50
捕鯨のことを「日本人代表」として受け止めなければならないのは、困った状況ですよね。わたしの場合「そうだよ~、わたしが日本人のマザーファッカーだよ~! あなた正解!」と答えれば相手も黙りそうですが、大人相手に「You're right! クジラ食べてるよ~!」言えませんね。逆効果かも。
ちなみに、わたしは小学校の給食で出ていましたし、店にも食べに行ったことありますから、イルカよりはなじみがありますよ。給食の「クジラの竜田揚げ」は人気メニューだったと思います。

最新記事

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]