忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

退屈な日々

毎日、犬猫に餌をやり、淡々と雑用をこなしている。年初め(イラン暦の)にリストアップした庭仕事は、一つを除いてすべて終えてしまい、玄関ドアの外に花を飾る余裕まで出てきた。花といっても、庭で切り落とした菜の花を古いバケツに入れただけだが。

家の中の雑用も然り。しかしがんばって設置した洋服ハンガーが、服の重みのせいか、ネジごとすぽっと落ちてしまった。たまたま通りかかったワハブ(木工職人)に見てもらったら、ネジが短すぎるので直してくれるとのことだったが、その後連絡はない。

 
見事に抜け落ちた
 
落ちた服をすかさず利用する猫たち

一人暮らしが退屈になってきたので気晴らしをしたいと強く感じるのだが、クミシュテペではできない。買物に行ったり(東京で)、友達とお茶(おしゃべり)したりしたいのだ~ 

仕方がないので、また端切れ処理を兼ねた手芸を始めた。刺繍作品の縫製仕事もぼちぼちあるけれど、もうちょっと解放感が得られることをしたくなる。結局は、いつものパッチワークとなった。できあがっているので、写真は明日撮ろうと思う。
今日は雄鶏を二羽、殺した。一羽はナーセル家、一羽はわたし用だ。雄鶏の数が多すぎるので食べることにしたのだが、どれも肉がほとんどついていない。餌が足りていないのと、交尾しすぎなのだと思う。雌鶏が卵を産まない原因も、それかもしれない。卵を売ろうと思って鶏を一年世話してみたのだが、知識不足と予算不足で結果は悪かった。ハリルがいなくなって、青果類の餌の確保がなくなったのもよくない。これからは食べるか売るかして、10羽以下に減らそうと思っている(現在34羽)。

わたしの分は、最年長の雄鶏だった。ほとんど肉がないけれど、色のきれいな赤身だ。店で買ってくるブロイラーの鶏肉は白っぽいので、これとはまったく異なっている。でも右手前の二切れはささ身ではなく、胸肉。どんなに痩せているか分かるだろう。ささ身は小さすぎて、ガラにつけたままにしておいた。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by May
  • 2018/04/12(Thu)09:07
  • Edit
買い物行ったり(東京で)←笑、友達とお茶(おしゃべり)、分かりますぅ~
うちは動物もいないし庭もないしkumikoさんよりもっと退屈だと思います。
ウェリントンは小さな街なので、どの店も見尽くしてしまい目新しいものは無いし。
(なのにブログは放置ですが)
と言うのもパソコンを開くとかなり退屈しないで過ごせてしまうので、なるべく開かないようにしています。その方が建設的な日々を送れる気がして・・・ってたいして建設的な日々を送ってもいませんが(笑)
裁縫道具もお絵描きの道具も楽器もあるんですがやる気が起きません。
それよりも外に出て行く方が好きなのですね、きっと。
でもボランティア再開すると、これまた決まった曜日の決まった時間に出て行くのが億劫という、なんちゅう我が儘。
一ヶ月ほど前からスペイン語教室に行き始めて、今のところそれが唯一の楽しみです。

鶏は10羽以下だと餌の確保が何とかなりますかね。なんか想像つきませんが。
ハンガーはそのままだと大分長いネジが要りそうなので、上下ひっくり返して付け直したらどうでしょう?テコの原理でもう少し耐久力が上がるかも。う~ん、同じかな。

Mayさん

  • by 砂漠人
  • 2018/04/13 14:51
たしかに! Mayさんは外に出て行くことがお好きなんですよね。絵や音楽も、習ったりサークルに入ったりできるといいですね。パソコンをなるべく開かないというのは、いい考えだと思い、わたしもやろうとしています。これがなかなか、難しい…。
雄鶏1羽と雌鶏5~6羽ならば、だいぶ違うと思います。飼い始めた頃はハリルがいなくなることは予定していないですから、まったくうまくいかないものです。
ハンガーはもう、本当に、どうしましょう? 放っておいて、弟のジェリルが来るのを待とうと思います(笑)。

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]