忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

çaý gap(チャイ・ガプ)

クモのパターンを以前に作った、チャイ・ガプ(茶葉入れ)。今回は「サソリ」のパターンができあがった。例によって、キンドルが入る大きさにしてある。


トルクメンのバラック(ズボン)は、裾にいろいろな柄の刺繍を施すものなのだが、メインとなる柄の外側(つまり裾から一番遠いところ)に、白でレースのように刺して仕上げる部分がある。それを「サーリチヤン」という。サーリチヤンは、トルクメン語で「サソリ」の意味だ。たしかに、サソリに見えるサーリチヤンもあるのだが、多くのものはメインの柄に似合った、さまざまな形をしている。



メインの柄が大きくても小さくても、それに合ったサーリチヤンを刺す


このチャイ・ガプに施されたメインの柄は、それ自体がサーリチヤンという名前だ。いろいろな色で刺してあるので、ドゥルリ(various)・サーリチヤンという。そう言われると、サソリが並んでいるように見えなくもない。色の組み合わせで、同じ図案でも別の形に見えることがあるのも、おもしろい。

義母が刺したハンドバッグ。大きな刺繍部分がサーリチヤン

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

すっごく素敵!

  • by yayoi
  • 2018/04/16(Mon)14:23
  • Edit
わぁ~どれも色合いがとても綺麗ですね。
そしてお義母様が刺された刺繍の細かいこと!
どのくらいの時間をかけて刺されるのでしょうか。
私ならすぐに肩が凝ってしまいそうです。

私はいろいろな大きさのポーチをよく使います。バッグの中がごちゃごちゃしないようにです。
チャイ・ガプの大きさのがあったら欲しいです^^

yayoiさん

  • by 砂漠人
  • 2018/04/17 02:18
義母のバッグは、一ヶ月以上かかっているんじゃないでしょうか。チャイガプも、模様の刺繍だけでも一週間では終わらないです。ベテランも、肩が凝って目が痛くなり、指を擦り切らせて刺していますよ。決して簡単な作業じゃないんです。
ポーチ、検討させていただきます! ありがとうございます!

No Title

  • by May
  • 2018/04/17(Tue)10:12
  • Edit
南米ペルーの色合いにも似ているかも、と思って見ていました。
時間がかかるのですね~
想いがこもっているようで持っていると心が温かくなりそうです。

Mayさん

  • by 砂漠人
  • 2018/04/19 02:09
ペルーのは、紫とかピンクが特徴的ですよね。こちらの人も、自由にやっていいと言うと、若い人は派手な色を使いたがります。が、ベーシックな色というのがあって、これはそれに近いです。周りのチュナールに黄色が入るので派手になりましたかね。

最新記事

(07/22)
(07/19)
(07/19)
(07/18)
(07/18)

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]