忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

義母と鶏

鶏があまり卵を産まない。それは仕方がないことなのだが、義母が会うたびに「鶏は卵を産んでいるか?」と聞くのである。彼女は幼い頃から馬に乗って羊を追いかけていたような、本物の自然人なので、食べものに関するこだわりも相当なものだ。店で買うブロイラーの鶏は食べたがらないし、卵も然り。家で飼っているオーガニックな肉や卵じゃないと、文句がすごい。だからつまりは、その質問をすることによって、わたしが育てている鶏が産んだ卵をくれ、ということなのだ。
はっきり言って、わたしは好きでもない鶏を、お小遣いを得るためにがんばって世話してきたので、その肉や卵をはいはいと義母やナーセル家族にあげる気にはなれない。わたしがケチだということはもちろんあるが、義母も卵を産まない鶏の話をすると「草を食べ過ぎて太ったんだ。処分してしまえ」などと、世話もしなければ見たこともないわたしの鶏に対してケチをつける。まったく腹が立つじゃないか。
しかも先日は、数を調整するためにあげた雄鶏に対して、その肉がブロイラーの肉のにおいがしたなどと言うのである。犬猫にやっている鶏肉の骨や皮の部分を、わたしが鶏にやっているんじゃないか、などと憶測しているのだ。その場では「やっていませんよ。鶏に肉なんかやるわけないじゃないですか」と反論するに留めたけれど、本当に腹が立ってきて、「お母さん、今後一切、わたしの鶏に干渉するのはやめてください」と言いたい衝動にかられた。しかし相手は、87歳の刺繍の名手の、本物を知っている大人物だ。そんな敬意のない態度を取ってはいけないだろう。(…ときどきやっていますが。)どうしたものかと思い、後日こっそりナーセル夫婦に雄鶏のにおいについて聞いてみた。
奥さんはにおいはなく、雄鶏をもらえることは大きな助けになると言い、ナーセルは義母が年を取って食べものに対して神経質になっていると言った。じつは、よく考えた挙句、わたしもそういう結論に達していたのだった。
80歳、90歳にもなると、多くの人間は自分で食事の用意やその他のタスクができなくなる。でも大抵口は使えるから、文句だけは若いときと変わらずに、あるいは若いときより堪えが効かないためにたくさん出てくる。他にやることがなくて時間が余っている、というのもあるだろう。それをいちいち真に受けて腹を立ててはいけないのだ。そんなことに気がついていたところだった。
今日は考えを変えて、昨日と今日で産まれた4個の卵をポケットに入れて、義母に持っていった。産みたての卵を受け取った義母は、まるで孫でも産まれたかのように喜んだ。トルクメンが大事なものを受け取ったときにするように、卵を額に何度かあてて、少女のような笑顔でありがとうと言った。
結局、わたしは義母に卵を進呈しつづけるだろう。ケチなわたしでも、喜びを感じたいのだ。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by May
  • 2018/04/24(Tue)08:15
  • Edit
kumikoさんケチだったんですか!(笑)知りませんでした。
そうですよ、人は年取ると口がうるさくなるんですよ(自分もそうかもしれないと反省)
4個の卵でそんなに喜んでもらえるとあげる甲斐がありますね。

Mayさん

  • by 砂漠人
  • 2018/04/25 01:37
「ケチ」が自分の性質だとは思いませんけど、この場合、牛乳はただでもらっているのに卵をあげたくないので、ケチに違いありません(笑)。
体が動かないからすることがなくなって、でも頭は働いているから、文句は出るでしょう。若いときはそれをコントロールしますけど、その力も衰えちゃうんでしょうね。…誰にでも起こる、自然なことですよね。

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]