忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

またもや帰れず

先日、イランのパスポートの更新に行ってきた。じつはゴールデンウィーク明けから月末まで、日本に帰るつもりでいろいろ手配していた。そしてついに、テヘラン行きの長距離バスに乗り込んだのだが… 結論としては、隣町からタクシーで帰ってきた。クミシュテペでバスの出発を待っているあいだ、イランのパスポートを見たら、なんと有効期限が切れていたのだ。わたしはイランの出入国はイラン人としてすることになっているので、これがないと出国できない。
でも実際、バスの中で失効の事実を確認したときはそう考えていなかった。日本のパスポートがあるんだから、日本に行く権利はある… などと自己中心的な考えを根拠に、強行突破できるんじゃないかと思っていた。なによりも、一度キャンセルしている日本行きなので、今回は行かなければならないという思いが強すぎたのだ。それでも隣町までに行くあいだに、空港での尋問などいろいろと考えを巡らせていて不安になってきた。ハリルに電話すると、「引き返してこい」という。「確実に準備をしてから出発した方がいい」と。それでもまだわたしは一か八かのことを考えていたけれど、今思えばとんでもないことだった。入国したパスポートでしか出国できないに決まっているじゃないか。
タクシーの運転手もパスポートは三日でできると言ったし、さっそくクミシュテペの事務所に申請に行ってきた。すると、二年前に六ヶ月以上イランを留守にしたことが問題となり、ゴルガンという大きな町の警察に行かなければならなくなった。そこはわたしがイランのパスポートを取得する際にものすごく嫌な思いをさせられた部署だったので気が重くなったが、数日後行ってみたら、驚くべきことに仕事はほぼ5分で済んだ。最悪だった役人(まだいた!)が、親切な対応をしてくれた。晴れて新しいパスポートの申請ができることになったので、その足でまたクミシュテペの警察に行って届け出た。これ以上問題がなければ、十日くらいで発行されるようだ。
そういうわけで、いつもどおり格安航空券を買っていたので、今回もまた無駄に捨ててしまった。でも手配したフライトに乗らなかったなどということは、人生で初めての経験だ。よく考えると、自分がイラン国籍を持つ者としての自覚が足りないことからくるミスだった。そして今後のイランでの人生についても、よくよく考えてしまった。ペルシャ語(イランの国語)もまったく理解していない状態でこの国に住むのは、今更ながら、あまりに心許ない。それに、少しくらいペルシャ語が分かったところで、どうにもならない不条理なことがあるのがイランだ。

もとの生活に戻るとそれなりに安心だが

しかしとりあえずは、三度目の正直の一時帰国に向けて、再び準備を始めたい。近いうちにこっそり帰って、ウェブショップを開きます。取返しのつかないくらいの赤字スタートだ~(笑)

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by May
  • 2018/05/14(Mon)07:52
  • Edit
もったいな~い。
イランは、そうなんですね。確かに・・日本人に永住権を与えそうな国ではない印象。(その点こちらは日本のパスポートだけで不自由ないです)
またお会いしたいけど、私は金欠で(笑)今年は帰れません~

子猫ちゃんたちは温めたミルクで、自力で食べられるようになるまで無事育ってくれるといいですね。

Mayさん

  • by 砂漠人
  • 2018/05/15 04:09
いえいえ、イランは永住権どころか、パスポートをくれるんですよ。外国人ではなくて、イラン国民と同等の権利を行使できるということです。しかし逆にいえば、外国人としてのエクスキューズが利かないということでもありますね。
ええ、わたしも金が欠です(笑)。

残念ですね!

  • by しろちゃん
  • 2018/05/14(Mon)11:07
  • Edit
まさかの航空券2度目の廃棄!
何とか3度目の正直で今度こそ帰れるように祈ります!

それにしてもハリルの腕で眠るきなこの可愛らしいこと!
大きな男性に小さくか弱い子猫、この対比がたまりません!(笑)
キティさんの新体操のひねりの途中、みたいな寝姿も可愛いなー!
無事に育ってほしいです。

しろちゃんさん

  • by 砂漠人
  • 2018/05/15 04:09
きなこは、さきほど死んでしまいました。日に日に弱ってしまい、今朝はさすがに助からないと感じましたが、さらに急激に弱りました。明日、きなこのことを書くつもりです。

そうですか..

  • by しろちゃん
  • 2018/05/15(Tue)10:51
  • Edit
きなこは亡くなってしまったのですか..。
こんなに愛らしく眠っていたのに胸が痛いです。
キティさんの子と言うこともあって、きなこには特別な気持ちがありましたのでとても悲しいです。
乳飲み子は医療がそろっている日本でさえ、ちょっとしたことで亡くなってしまうので難しいですね?
でも、きなこはとても幸せそうな顔をしています。
短い生涯ですが、そこに産まれて、大事にされてきっと幸せだったと思います。
またキティさんの子として産まれて来て欲しいです。
遠い日本からご冥福をお祈りします。

しろちゃんさん

  • by 砂漠人
  • 2018/05/16 04:01
ありがとうございます。わたしも特別に思っていて、成長を楽しみにしていたんですが、かわいそうでした。死産だった兄弟のそばに埋葬しました。今日書けませんでしたが、次はきっと、きなこのことを書きます。

無題

  • by よしこ
  • 2018/05/16(Wed)02:41
  • Edit
どうしてるかしらと思って、そういえばフェイスブックでブログの更新最近見ないなと心配になりきてみました

くー

  • by よしこ
  • 2018/05/16(Wed)02:44
  • Edit
途中で送信してしまった…
普通に元気そうなのが確認できて良かったです。日本行きがんばれ!笑

よしこさん

  • by 砂漠人
  • 2018/05/16 04:02
たしかにフェイスブックは遠ざかってしまいました…。でもウェブショップ開いたら投稿するつもり!
コメント入れてくれてありがとう。Saknar dig verkligen だよ~

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]