忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

きなこ

子猫が一匹、死んでしまった。キティの子で、その毛色から「きなこ」と名づけたばかりだった。



順調に育っていると思っていたのに、あるときから急に弱っていった。お腹が痛いのか、突然走り出してシャワー室の隅に座っては鳴くというようなことを繰り返していたのだが、みるみる痩せていき、息絶えてしまった。
キティは出産直後はおっぱいが少し膨らんでいたが、きなこの具合が悪くなった頃には胸を触ってもぺったんこだった。母乳はほとんど出ていなかったのだと思う。なぜかというと、キティはほとんど拒食症と言っていいくらい、ものを食べないのだ。それでもきなこを一所懸命なめたり、授乳(の恰好)をしていたが、子猫にとって母乳は唯一の栄養だから、肝心なものが足りていなかったかもしれない。しかし獣医ではないので、病気や死因についてはまったく分からない。体についたノミの数が異常だったので一度洗ってやったが、それも悪かったのかもしれない。



外に出すと、いつも階段下のこの場所に隠れていた

きなこは、死産だった兄(姉)のそばに埋葬した。思えば、その兄(姉)も口が上下に大きく開いた状態で産まれてきたし、キティの体にはなにか問題がありそうだ。餌を食べないのは、においを嗅ぐことができないのかもしれない。こどもの頃から特別に弱い子で、一匹だけ家に残した猫だから、仕方がない。しかし3~4日のあいだに手羽先の先端を数本しか食べていないのに、痩せた様子もない。いったいどういうことなんだろう。まさか、外でネズミや野鳥を食べているとか?
ガウシャンの子猫2匹も、マッチ棒のように痩せてしまったが、昨日今日で少しましになってきた。家の中で、キティと一緒に住まわせている。ガウシャンもあまりおっぱいがない。彼女は消化器官に問題があるのか、鶏肉を生で食べると吐いてしまう。これは妊娠した頃に始まった症状だ。よく食べるものは、パンと残飯。そんなものを食べて育ったのだろうか。子猫2匹は、餌を食べられるようになったあとで具合が悪くなったので、母乳がなくても餌を食べられれば回復が望めそうだ。
それから、右頬が異様に膨らんでいたチーちゃんだが、その後それが破裂し、顔の右半分の毛皮が完全に剥がれてしまった。その状態を見たときは、チーちゃんは今回は助からないと思ったのに、ものすごい食欲に応えていたら、なんと傷が小さくなってきた。まだ肉が見えている状態だが、においもしないし、治る希望が見えてきた。ケンカでもして引っかかれて、化膿したのかもしれない。
その他、妊娠していたはずの猫2匹が流産したようだ。左右に出っ張っていたお腹が凹んでいるのでそう考えた。でも2匹ともすこぶる元気なので、こちらは心配していない。
猫だけでも次々と問題が出てきて、まったく落ち着かない日々。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

可愛いきなこ

  • by しろちゃん
  • 2018/05/18(Fri)10:41
  • Edit
階段下の筒?のような物に隠れている写真を見ると小ささが分ります。
キティさんも可愛がっていたのが伝わります。
美しい色合いで可愛いきなこ、ずっと忘れません。

ちーちゃんは回復してきたんですね?
臭くないということは、膿んでいないってことだから何とか元気になって欲しいです!

階段下の大きな缶も気になります!

きなこさん

  • by 砂漠人
  • 2018/05/19 16:54
キティが確認する前に埋葬してしまったので、しばらくきなこを探していましたが、今日は落ち着いています。でもキティって、つねに神経質な猫なんですよね…。チーちゃんはもう大丈夫そうです。
きなこが入っているのは排水管で、となりはピクルスの巨大缶です。空き缶なんですが、買ってくるんですよ。

無題

  • by 大福
  • 2018/05/21(Mon)06:10
  • Edit
動物を飼うと喜びもあるけど悲しみもある。。。喜びだけってわけにはいかなくて。
だからだと思うんだけど、ものすごくかわいがってる人はそのこが亡くなると、もう飼わないとなる。そういう人いっぱいいる。
うちも望んだわけではないけれど捨て猫に出会う確率が多くて複数飼いになってしまったことがある。みんな15年以上長生きしたけれど、複数だとそれぞれをじゅうぶんにかわいがってはあげられないので、今は一匹だけ。
うちの三毛子も若い若いと思っていたけどもう5歳か6歳。白髪も出てきた。チイちゃんも確か同い年だったと思うんだけど、早く傷が治りますように。可愛がってあげてくださいね。

無題

  • by 大福
  • 2018/05/21(Mon)06:20
  • Edit
それからうちの場合はもうこの大きさだったら普通にご飯食べさせてた。もちろんすごく柔らかくしたやつだけど。小さくても食べさせてみて本人が食べるようならあげていいと思う。牛乳より、柔らかく煮た魚とか。ではまた!

大福さん

  • by 砂漠人
  • 2018/05/26 11:41
わたしもかなりの猫好きだとは思いますが、もう飼えなくなるほどにセンチメンタルになったことはないですね。でもやはり、助けられなかったときが一番きついです。
猫って、近づけば近づくほど答えてくれますもんね。あ、動物はみんなそうか?
チーちゃんはとても強い猫のようです。治りそうです。弱い猫たちには卵をやるようになりました。みんな卵は好きなようなので、よかったです。

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]