忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

ホルジュンの直し

 ハリルがバイクに掛けているホルジュンを直した。前に直したのは一年前だったが、今回は五ヵ所が大きくほつれている。直せない(直したくない)と断ったのだが、ハリルの頭には新しいものを買うという選択肢はないようなので、結局わたしが折れた。

縫いにくいし、暑いし、猫が邪魔するし、まったくやる気がしない作業だ

キルティングした布を五ヵ所に縫いつけて、布に空いた大きなほつれを直した

長すぎるので、座席部分を折りたたんで縫う

脇を袋状に縫う(猫ら、もうやめてーーー)

新顔の子猫まで来た

できました(五日もかかって)

 「もうこれが最後の直しだから。次回はお母さんのところに直行してね」と言って、ハリルに渡した。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by May
  • 2018/07/10(Tue)07:04
  • Edit
kumikoさん偉い!
ホルジュン用の布は手に入るのですか?そうだったらミシンでダーッと新しいのを縫った方が早そう・・と思ったけど、ホルジュンはかなり丈夫な作りじゃないときっとすぐに破れるのでしょうね。
外で直しているのですか?猫たち邪魔だけど、見てる分には可愛い~

Mayさん

  • by 砂漠人
  • 2018/07/11 03:49
ホルジュンは、キリムという織物でできているんです。だからミシンでは縫えません。手に穴を開けながら縫うんですけど、これが痛いんですよ! ご覧のとおり、ものすごく汚いので、家の中に持ちこめません。どうして猫はこれが好きなんでしょうね? ホルジュンが好きなのか、仕事を邪魔するのが好きなのか(笑)。

No Title

  • by mizuki
  • 2018/07/12(Thu)21:08
  • Edit
 きれいな布。いい赤ですね~。バイクにかけるのはもったいないような気がしますが、馬の背にかけていた名残りか何かなのでしょうか。

 こちらは夏休みの時期に入りました。夏の読み物としてイランにお戻りになってからの投稿を楽しく拝見しています。カスピ海の投稿の写真がきれいでうっとりしました。

mizukiさん

  • by 砂漠人
  • 2018/07/15 03:06
そう、馬がバイクに代わったんでしょうね。みなさんホルジュンを丁寧に使っていらっしゃるようですが、ハリルはワイルド過ぎて…。

夏休み、いいですね! 今年は旅行には行かれますか? あのビーチで泳げるといいんですが、ちょっと難しそうでした。

最新記事

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]