忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

プルニ

 プルニという、イランのデザートがある。これは牛乳のライスカスタードで、トルクメンは断食明けの食事によく食べるようだ。ペルシャ語では「フェルニ」だと思うが、トルクメンは "f" の発音ができないので「プルニ」となる。

牛乳500g、水270g、上新粉50gをよく混ぜる

砂糖は50g、後で加える


 鍋を中火にかけて、かき混ぜながら15分くらい煮る。砂糖を加えてさらに1分ほど煮て、器に入れる。火からおろす直前にローズウォーターを入れてもよい。かき混ぜて15分くらいすると、木べら(スプーン)に上新粉の塊がついてくるようになるので、そのくらいドロッとしたら器に移すころだ。

粗熱が取れたら冷蔵庫へ

 夏休みなので、ナーセルの三女(12歳)と長男(9歳)が毎日うちに通っている。二人に英語を教えるよう、ナーセルから申し付けられたのだ。英語を習うことは、クミシュテペでもはやっているらしく、ナーセルは「お金を払う必要はない。おばちゃんに教わればいいのだ」というので、「タダだと覚えないんだYO!」と言い返しておいた。しかし二人ともまだかわいいので、試しにやってみようと思っている。英語といっても、まだアルファベットを覚えているところだし、毎日30分くらいしか教授しないので、たいしたことではない。それでもわたしはものすごく疲れている! YouTubeでアルファベットソングなどを見せていても、いつのまにかわたしが一番大きな声で歌っている。どなたか上手な教授法を教えてください。
 アルファベットをやった後はお茶を飲んで、長男はハリルと一緒に家畜の世話に出かける。三女はわたしの手伝いをしたり、一人で帰ったりする。頼んでいないのに、机の上や棚のものを動かして、部屋の整理整頓をするのだ。物はなんでも端っこに追いやるのだけれど、どうしてそうなるんだろう? と、感心すると同時におもしろく思う。
 こどもがいるので、おやつの用意に手が込んできた。

ごまクッキー

マフィン

ネクタリンとあんずのコンポート

 次はコンポートでジェリーを作ろうと思っている。

牛と羊を追うナーセルの長男。かなり様になってきた

 彼は将来、日本に行くと言っているけれど、さばくの羊飼いが似合っているような気がする。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by May
  • 2018/07/19(Thu)07:26
  • Edit
英語教室は数知れず行ったし、ボランティアの先生にも数知れず教わりました。今はスペイン語に行ってます。
だいたいが自己紹介の仕方から始まり、好きなもの(事)を言ったり相手に質問し返したり、何月何日の何曜日とか、お天気の話題とかいう簡単な会話から始まります。それで頻出する名詞とか動詞を覚えて・・。
現在形を習ったら、次の段階は「先週末はどうだった?」という話題に移るので過去形が必要になってきて・・・という具合です。
毎回出てくる単語をノートに加えていきます。
教室では絵の描いたカードも使います。
引いたカードでお話を作ったり。
私が行ってたのは日常生活に必要な会話できる事に重点を置いてる教室ばかりだったので、覚えたセンテンスでロールプレイとかも。

”それはどうしてそうなるの?”なんて質問ばっかりしている頭の固い大人ほど上達しないようです~
その点子供は言われたまま素直にスポンジが水を吸うように頭に入るからやりやすいんじゃないですかね。
確かにめちゃくちゃ疲れそうですが(笑)

Mayさん

  • by 砂漠人
  • 2018/07/20 02:59
詳しくありがとうございます!
自己紹介なんかは学校で習ってほしいです~(笑)。
アルファベットも知らないこどもに A から教えるのは大変ですが、むしろそれだけやれば進歩するから簡単とも言えますね。C と S、G と J などが混乱してしまうようです。テストしたら、弟の方がよくできてビックリ! まだ9歳だから、スポンジ状態なんでしょうね。

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]