忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

 子猫がまた一匹、姿を消した。正確には、昨日の朝からその姿を見せていない。前日は無理に飲ませていたミルクも拒否したし、数日前から餌をほとんど食べていなかった。黒トラが産んだ数匹のうち、唯一生き残っていた猫だったが、体が異常に小さかったこともあるので「やはり」ということか。勢いよく鳴いて、元気な子だと思っていたのに。それにしても、毎日玄関のそばで他の犬や猫たちと過ごしていたのに、あんなに小さい猫が最期はどこかに隠れて一人でひっそりと死を待っているのかと思うと、いたたまれない気持ちになる。でも、これが自然なのだろう。ハリルが "nature" という一言で片づけたときは腹が立ったけれど、結局はそういうことなのかもしれない。

日陰で昼寝中の犬猫

右が、いなくなった一番小さかった子猫

 夜中に、猫の鳴き声がした。ベランダに寝ているので外の音がよく聞こえるのだ。まさかと思ったが、泣き続けるので気になって庭に出てみたら、それはサーリジャだったようだ。数か月の放浪の末、最近帰ってきた雄猫だが、甘えん坊になっていつもわたしにしがみつくようにしている。留守のあいだ、どこでなにをしていたのか、なぜ戻ってきたのか、話を聞いてみたいものだ。

サーリジャ。すごい伸びるね

 さて、次は美猫キティの話。今年は初めて出産したものの、子猫はしばらくして死んでしまった。そのキティが、また妊娠しているようだ。ときどき家の中に入ってきてお風呂場で涼んでいるが、このところお腹まわりが太くなったので気がついた。外で産むのか、ちゃんと育てられるのか、心配が尽きない。母猫がしっかりしていれば、子猫の生存率は高くなるのだが、チーちゃんとタイちゃん以外はまだまだ安心できない。

キティ


PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

子猫ちゃん

  • by しろちゃん
  • 2018/08/06(Mon)11:55
  • Edit
耳が大きくて(顔が小さいからか?)可愛かったのに、残念ですね?
子猫は本当にいつ弱ってしまうか分からなくてハラハラしますね?
いつかまた、健康な猫に生まれ変わって来て欲しいです。

それにしてもキティさん、凛として美しい~!
跪いて御用を聞きたい(笑)

今度こそ、丈夫な赤ちゃんを産んで欲しいです。
楽しみです!

しろちゃんさん

  • by 砂漠人
  • 2018/08/08 00:09
御用を聞きたい(爆)。
毎日台所から入ってきて、特別に餌をもらったり休んだりしていますが、段ボールを用意したらそれは拒否していました。今回は外で産むのかなあ? 心配です。
ちなみに、また黄色の猫が出てくると思います。

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]