忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

バルトリン問題

 体の一部の具合が悪くなり、しばらく様子を見ていたのだが、いよいよ病院に行かざるを得なくなった。婦人科マターで、患部が局部なので気が重く、自然治癒を願っていたのに悪化という始末だ。
 この病気は二十年以上前からときどき現われていた症状で、バルトリン腺が腫れるというもの。気になる人は、「バルトリン腺炎」や「バルトリン腺嚢胞」で検索するといろいろ出てくると思う。十年前にスウェーデンで穴を広げる手術をしたことで治り、さっぱり忘れていたけれど、ここに来て再発してしまった。クミシュテペのクリニックに行くと、トルクメン語は話さないペルシャ人の女医さんが診てくれて(通訳なし)、隣町バンダルの病院に行くようにとのことだった。診断書も紹介状もなく、口頭での指示だけだったのでどうなることかと思っていたら、偶然出てきてくれた別のドクターが助けてくれた。彼はハリルの知人で、いつもなにかしら助けてくれる。
 彼に連れられて、ドクターたちが待機する二階の部屋に行くと、別のドクターと相談の上、なにか手配をしてくれたようだった。わたしの受けるべき手術は簡単なものだそうで、バンダルの手術室を予約する必要があるということだった。一階にいるまた別のドクターに手配を頼んでくれたので降りていったら、最初に診てくれた女医さんが出てきて、その手配をしてくれた。なぜ最初からそうしてくれなかったのかと後でハリルに聞いたら、おそらくわたしが英語を話したので、金持ちの外国人だと思い、私立の病院に行くよう指示したのだろうという。貧しいクミシュテペ民用の保険証も見せたのに、女医さんは初め、それは使えないと言ったそうだ。私立のドクターは手術室を持っていないため、国の手術室を借りることになり、わたしは多額の医療費を請求されるところだったろう。予約までの時間も長くかかるだろうし、このヘルプは大きかった。わたしはたしかに金持ちの外国人かもしれないが、ここクミシュテペで、貧しいクミシュテペの人と同じように暮らしているのだ。日本に戻ってお金をもってくるくらいだったら、日本で医療を受けたい。と言いたいが、そんな理屈は通じないだろう。
 結局、三日後の朝、その病院に予約を取ってくれた。腫れは大きくなってきているので、それまで絶対安静だ(自己診断)。しかしわたしが受けるのは手術ではなく、「処置」だと予想している。注射器で局部から膿を抜くという、恐ろしく痛い処置だろう。受ける前から泣けてくる。
 ハリルの友人ドクターのヘルプは大きかったが、それ以上に有用な情報も手に入れた。彼が言うには、クミシュテペの経済ももう機能しておらず、人々は騙し合いながらお金を得て生活するしかなくなっているとのことだ。彼も鶏ファームを持っていたのだが、少し前に手放していたので、本当に運がよかったと言っていたそうだ。そういえば、このあいだ居間の扇風機を直しに来た職人も、いい加減な仕事をして帰っていった。彼が帰った後、扇風機が傾いて落ちそうになり、危うく怪我人(または死人)が出るところだったのだ。扇風機はその後、別の町から職人を呼んで、2~3倍の料金を払って直したので今のところよくなったけれど、プロペラが古いのでそのうち替える必要がある。


 気を取り直して、かわいい子猫を見よう。どうやらオス・メス半々のようだ。黄色が二匹オスで、白っぽいのと黒がメス。黒いのは顔と手足の先っぽが黄色く、また首回りが黄色い、おもしろい色をしている。もう少ししたら、ライトを当ててきれいな写真を撮りたい。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by May
  • 2018/08/12(Sun)08:29
  • Edit
病気は何でも嫌なものだけど、患部がそういうところだと余計に気が重いですよね。よく分かります、というのも私も7年ほど前から粘膜の欠損があって一進一退、4年ほど前に日本で簡単な手術をして以来、オロナインなんかで自分でなんとかしているので。
イランの医療は安全ですか?簡単な手術とはいえ感染を起こさないといいですが。
でもって、めちゃくちゃ痛そうな・・・。私のも死ぬほど痛かったです。
ところで、扇風機で死人とは物騒な!
経済が機能していない・・・スェーデンに戻ることも考えないといけなくなるのでしょうか。

Mayさん

  • by 砂漠人
  • 2018/08/18 18:49
無事、処置してきました。ご心配をおかけしました。
イランの医療はそれほど遅れていないと感じていますが、地元はまた別の事情があります。でも、病院での感染がありそうな印象は受けませんでした。やたらに抗生物質を投与されているのが心配ですが、感染するよりいいのかな? 処置が無痛だったことはかなり救われました。
この国を出ること、それは大いに考えましたよ!(笑)

痛そう(涙)

  • by しろちゃん
  • 2018/08/12(Sun)08:50
  • Edit
局部の患部から膿を抜く、なんて聞いてるだけで涙が出そうです!
しかもそれを日本で受けるわけではない…。
こういう病気があるんですね?
ハリルのお友達がいて良かったです!

キティさんは赤ちゃんが産まれたんですね!
しかも4匹も!
犬も猫も初産は少ない赤ちゃんですが段々と沢山産みますね?
この黒に黄色い部分がある子猫ちゃんは珍しい柄ですね!
これはサビ柄?になるんでしょうか?
サビちゃんは魅力的で見付けるとラッキーな気持ちになります!
無事に皆育ちますように!

しろちゃんさん

  • by 砂漠人
  • 2018/08/18 18:50
実際は、全身麻酔の手術だったので、ラッキーでした!
日本でも膿を抜く処置を受けたことがあるんですが、それはひどいものでした。何も言わずにあそこに注射器をぶっ刺した(笑)医者がいたんです。とにかく、急場をしのいだのでよしとします。
キティの赤ちゃんと庭にいる子犬が癒しです。サビ柄って、初めて知りました。そうかもしれません。まだらというには、黄色い部分が規則的ですけどね。もうすぐ目が開きそうです。

No Title

  • by Tamihime
  • 2018/08/13(Mon)09:18
  • Edit
無事に処置が終わりますように。
文化の違うところでの治療は緊張しますね。日本が一番ではないですが、言葉が違うと、些細な誤解が生じますよね。
我慢強く、前向きな砂漠人さんならこの困難を乗り越えられると信じます。
トランプ大統領の政策はいろんな国に大きな影響を与えてますね。任期まで続くなら心配です。

Tamihimeさん

  • by 砂漠人
  • 2018/08/18 18:51
ありがとうございます。
誤解どころか、医療のシステムがほぼ理解できないまま入院が終わりました。わたしはちっとも我慢強くないですが、周りの女性たちがもっと我慢強くなかったので、大人ぶることができました。
トルコも大変そうですが、イランもひどいことになっています。うちにも影響は及ぶと思っています。

No Title

  • by May
  • 2018/08/19(Sun)12:39
  • Edit
私もあそこの粘膜に注射器!で年甲斐もなく「いーたーいー!!」と言ってしまいました。
入退院の記事に、抗生剤は貰っただけ飲めば・・と書いたけど、やたらと投与されている??そんなに?
でも感染するよりいいです。

Mayさん

  • by 砂漠人
  • 2018/08/20 02:10
大声出したくなりますよね、あそこはね。今回、それは回避できてよかったです。
出された抗生物質はなんとかなりそうです。患部の消毒もしているので、感染はないと思いますが、気を抜いたらいけませんね。やたらにというのは、入院中かなりのスピードで点滴や注射をされて、熱、吐き気、頭痛でびっくりしたんです。

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]