忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「みんなで一つ」の社会(前編)

 先日入院したのは、隣町の国営の病院だった。そのため、患者は地元のトルクメンがほとんどだ。医師や看護士は基本的にペルシャ人のようだったが、土地柄なのかトルクメンも少なからず混じっていた。
 イランは多民族国家と言われていて、現政府はペルシャ人の政府だが、国内各地には少なくない種類の少数民族が暮らしている。トルクメンもその一つで、彼らはトルクメニスタンに接する国境地域に多く住むトルコ系の民族だ。ペルシャ人とは言語や文化を異にするものの、国籍はトルクメニスタンではなくイランなので、この地域のトルクメンもイラン人(Iranian Turkmen)である。しがたって、言語にも文化にも、ペルシャの影響が大きく表われている。この地域内では日常生活にトルクメン語が使われているので、わたしはペルシャ語(イランの国語)ではなく、トルクメン語を覚えたのだった。
 さて、病室はコの字型に近い形をしたフロアの壁際に十台くらいベッドが置かれていて、一角にはナースステーションのようなカウンターがあり、ナースが座っている。プライバシーが欲しい場合は天井のレールにぶら下がったカーテンを引くこともできるけれど、それがあるベッドは限られていた。プライバシーという言葉は、トルクメンにはあまりなじまないのかもしれない。一人の患者には必ず2~3人の付き添いがいて、日本では病院のスタッフがしてくれることを家族がしている。なので、付き添いはほとんどが泊まり込み、24時間体制だ。
 それに加えて、見舞客がやたらに多い。産婦人科だったので、赤ちゃんを産んだ患者が多く、そのお祝いさながらに一族揃ってお出かけだ。小さいこどもまで連れてくるので彼らが騒がしいし、おばちゃんたちは立っているのに疲れたら、隣のわたしのベッドに腰かけていた(もちろん、わたくしそこに点滴をしながら寝ております)。
 そんなカオスの中、最初は自分の具合が悪くて眠っているだけだったのだが、回復してきてからは病室の様子を観察することができた。いやだなあと思うことがたくさんあったにも関わらず、印象に残っていることは、誕生した赤ちゃんを見に来たおじいさんたちの嬉しそうな顔だ。
 お産を終えてベッドに横たわっている女性たちが、特別に具合が悪いのかどうかは分からなかったが、どの人もみんなぐったりと寝ているだけで、付き添いの女性たちが赤ちゃんを抱いたり、ミルクをあげたりしていたようだ。自分で歩くことができない女性もいたけれど、旦那さんが来たら寄りかかってより一層きつそうにしていたので、演技も多少入っているのだなと思った。とにかく、お産がそのくらいに母体にダメージを与えるということは、視覚的に理解できた。牛や犬、猫とはかなり違っている。
 ある朝、お産をした女性の義理のお父さんらしき人がみえた。その病室は原則的に男性が入ってはいけないことになっているので、入り口で一礼をし、周りの患者に会釈しながら静かに入ってきたその男性には好感が持てた。白いイスラム帽を被っていた。ゆっくり歩いてお嫁さんのベッドまで行き、赤ちゃんをのぞき込み、とってもうれしそうにしていた。赤ちゃんを手渡されて、両手で自分の顔の前に持ってみて「ゴウィ(いいね)」とひとこと言ったら、またすぐに誰かに渡していた。大事すぎて、どう扱っていいか分からないといった様子だった。そして、おじいさんが赤ちゃんを抱いたとき、周りにいた奥さんや親戚の女の子、みんながとても柔らかい笑顔で見守っていて、一寸先から眺めていたわたしもそのしあわせな空気に包まれた。ほわ~んとじんわり温められるような、安心感だった。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by May
  • 2018/08/23(Thu)07:08
  • Edit
kumikoさんのベッドはカーテンがない方でしたかね?
何度も入院したことがありますが大部屋は嫌です~
カーテンがあっても朝になったら開けて同室の方々にご挨拶とか、しんどくても世間話しないといけない、とかね社会の縮図のようで。
もちろん親切にしてもらったり同病者で励まし合ったり等もありましたが。
お産は大仕事なんでしょうね。産後の肥立ちが悪いとかってありますもんね。私も産後ガリガリに痩せたりしました。
関係ないけど、人間ってすごく不思議です。他の動物と同じとはとても思えません。進化論なんて絶対信じません、天地創造も信じがたいですが。
動物は学校や会社を作ったりしないし・・つまり与えられた環境で生きて行きますよね。
人間だけがより良い環境を求めて行きます。
話が反れましたが、不思議な環境の中で、おばちゃんのお尻の温かみを感じながら?おじいさんたちにほっこりさせられているkumikoさんを想像しました。

Mayさん

  • by 砂漠人
  • 2018/08/27 23:57
おばちゃんのお尻、驚いちゃって温もりとは感じていませんでした。そういえば、温かみですよね。なんか、不器用な自分も恥ずかしい感じでした。

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]