忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

秀才くん



 ハリルが新鮮な魚を仕入れてきた。いつも砂漠で一緒になるラクダ飼いの知人が漁師を紹介してくれたようで、袋には今朝獲れたチョントリが30匹入っていた。

鱗と内蔵を抜いたところ。内臓を犬猫にやったら大喜び!

 チョントリは、両脇に1~2cm間隔の切れ目を入れることで火を通しやすくして素揚げにし、ごはんと一緒に食べる。揚げたものの写真を撮ろうと思っていたのに、その後に来客があるということになって慌てていたら、その考えはすっ飛んでしまった。
 食事が終わってお茶が沸いた頃、親戚の男性が四人のこどもを連れてきた。自分のこどもが一人、その他三人で、そのうち11歳の男の子が韓国語を習っているというのだ。彼はさっそく、紙にすらすらと韓国語を書いてわたしに見せたのだが、わたしに読めるはずがない。「これは韓国語だからわたしは読めないよ」と言うと、今度は「たのか」とひらがなを書いた。「たのか?」と不審そうに尋ねたら(たぶん「田中」のことだと思う)、その下に "ta no ka" とアルファベットを書いた。学校ではまだ英語をならっていないはずなのに。それから「こんにちは」と書いたり、「北川涼太」と書いて音読し、しまいにはひらがなと漢字を混ぜて「私は十一です」と来たもんだ。
 たまげた。誰に教わったのかと聞いたら、自分で学んだのだそうだ。父親のスマホにアプリがあって、それで覚えたというようなことを言っていたが、彼の集中力がただ事ではないと感じた。一連のやりとりも、わたしがこれまでに見知っているトルクメンの子とはまったく違い、大人と話しているようにスムースだった。この秀才君は今すぐにちゃんとした先生に付くべきだと思ったけれど、とりあえず学年を飛び級して中学・高校を早く終わらせ、テヘラン大学の日本語学科へ行きなさい! とアドバイスした。しかし他の教科も成績が優秀だそうなので、そのうち興味が別のものに移る可能性もあるだろう。とりあえず、わたしは明日、リクエストされたひらがなとカタカナの一覧表をプリントアウトしに行くつもりだ。あんなにたくさんひらがなが書けるのに、体系的に知らないから覚えたいのだそうだ。



 タロ子の息子はだいぶ歩けるようになってきた。猫を追いかけたり、わたしやハリルに向かって走ってくる。
 キティの子猫たちのうち、白っぽい雌猫は少し前に死んでしまった。風邪をひいたようでくしゃみが続き、そのうち元気がなくなって、食卓の下で息絶えた。しかし残っている三匹は元気で、体も大きくなってきている。



PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by 大福
  • 2018/09/08(Sat)23:09
  • Edit
そうそう、子供がパッションを持てること、得意なことを伸ばせる環境を与えてあげること、それが教育ってもんだと思う(あくまでも個人的な考え)。砂漠人さんを得られた彼はラッキーだった!たしかに興味は移ってしまうかもしれない。それでも自発的に興味を持ったことをさらに先へ進められたという体験は、彼の今後にとても良い、グー(親指)!

大福さん

  • by 砂漠人
  • 2018/09/09 01:41
本当に、彼が特別だと感じるからこそ、プロに道を指南してもらわなければと思いました。わたしじゃ力不足です。
でもトルクメンは少数民族なので、あまり優秀だとその道を邪魔されることがあるそうで、なかなか複雑です。

無題

  • by 大福
  • 2018/09/09(Sun)20:18
  • Edit
その道を邪魔されるかあ。。。確かに小さい世界であるほど起こり得るような気がします。家族内とか、なんなら友人間やカップル間でも??
日本人なら誰でも上等な日本語を習得してるかってぇと、全然そうじゃないです。クミシュテペのような土地で、そんなに日本語が良くできて、外国暮らしや外国語の習得経験がある国際感覚のある外国人に会えるもんでしょうか?彼はラッキーですよ。都会育ちの私でも、子供の頃そんな人に会う機会なんてなかったように思います。でもそれもきっと彼のこれまでの行動が呼んだのでしょうね。呼び寄せの法則ね。
新たな買い手を何で見たのか探してみました。この番組です。
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/smp/backnumber4/preview_20180814.html
動画が落ちてるといいのですが。

大福さん

  • by 砂漠人
  • 2018/09/12 14:07
出る杭を打つ的なことは、田舎なのであると思いますが、それとは別に、国内で少数民族だからその才能を潰されるというようなこともあるようです。
動画の情報、ありがとうございます。なるほど、酪農も農業も似たような構造があるんですね。日本はここよりはましとはいえ、がっかりするようなしくみがたくさんありますよね。

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]