忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ガチガチの死

 犬のガチガチが死んでしまった。鼻から血を流していたそうだ。南庭にいるガチガチはだいぶ老いていて、近づいても気がつかずに眠りこけていることが増えていた。それでも昨晩、南庭で見たときは、わたしのあいさつで起きた後に、門の前で外に向かって吠えたりしていた。きっと、仕事をしているところをわたしに見せようとしたのだろう。
 ガチガチは、以前はうちの庭にいたのだが、餌を独り占めするし、リーダーシップに欠けるので、ジャポンやバグティにも慕われていなかった。それで自ら南庭に移り、絶対的リーダーだったキングが死んだ後、なんとかその地位を得たようだった。それもそのはず、ほかの犬はみな雌犬か子犬だったのだ。
 それでも彼は、わたしが飼い犬として一番最初にかわいがった犬だった。首に紐を結んで義母の家からうちまで歩いたときは、まったく嫌がらずに、むしろ嬉しそうにわたしに繋がれて歩いていた。怖い犬がいると、わたしが彼の盾になって守ったものだ。
 猫のロミ夫が死んで、ガチガチも死んだ。時が流れ、時代が変わったことを実感する。

二か月前のガチガチ

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by ボーダ
  • 2018/09/16(Sun)00:00
  • Edit
そうなんですか。あのガチガチが。
おもしろい犬でしたね、ガチガチ。どうしようもないところもありながら憎めないやつでしたね。砂漠人さんのお宅にお邪魔する前から彼はよくブログに登場していたので、実際に会えたときは感慨深かったです。最初にこの記事を読んだときからウケていました。
http://sabakujin.blog55.fc2.com/blog-entry-592.html
ロープで首を巻くようなモダンな飼い主(爆)
ガチガチもロミオも逝ってしまい、砂漠人さんたちもクミシュテペを後にすることになった、というのは、ときの経過を感じるし、人生が新しい段階に移ってきている感じがします。次は何が起こるんだろう。

ボーダさん

  • by 砂漠人
  • 2018/09/16 14:54
ガチガチは犬だということを忘れてしまうくらい、人間に危害を与えない性格でした。で、まぬけなところがあるので、なんともいえない犬でしたね。
なんだか、ここまで来たら、モンゴルに移住しないと砂漠人人生が成り立たないような気もしますが(笑)、とりあえず日本で仕事します。元祖砂漠人のハリルには、モンゴルで一旗揚げてほしい!

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]