忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

思い出の品

 家の中にある荷物の整理が悩ましい。前回の日本帰省の際は、これからずっとイランで暮らしていくんだという決意のもとに、実家に置いてある荷物を大幅に断捨離してきた。断捨離だったのだからそれはいいとしても、こちらに運び続けてきた多くのものをどうするか、それが問題だ。
 基本的には、すべて捨てたと思って手放すしかない。いつイランに戻ってくるのか、戻ることがあるのかどうかも分からないので、ものをしまい込んでおくのは避けたいところだ。すでに捨てたり、誰かが使えそうなものはあげる方向で作業している。しかし持って帰れないけれど、誰にもあげられない、と迷うものがある。



 1リットルくらいのお茶を煎れることができるこの急須は、ヨーテボリから持ってきた思い出の品だ。毎週末、通っていたフリーマーケットで、あるペルシャ人(イラン人)の奥さんが欲しがっていたところにわたしたちが通りかかった。彼女はこの中国風の急須が気に入って旦那さんに買ってほしいとせがんでいたそうだが、旦那さんは「そんなのよりもっといいのを買ってあげる」と言って、目もくれなかった。そこですかさずハリルが手に取り、さっと値段交渉をして買ってくれた。わたしもその色かたちが気に入ったので、手に入ってとてもうれしく、大事に使っていた。
 それをわざわざイランに持ってきたというのに、使い始めてすぐの頃に、蓋を落として割ってしまったのだった。長いあいだ接着剤でつけて使い続けていたけれど、ついにはブロ友のTamihimeさんが金で継いでくれた。


 彼女はまだ練習中だから、と謙遜していたけれど、金の模様がついてもとどおりになり、わたしはとてもうれしく思っている。そしてこうやって直してもらったことが、この急須の二つ目の大事な思い出となった。だからこれを誰かにあげたりすることは、到底できないのだ。
 しかしヨーテボリから食器などを運ぶ必要はなかったと少し後悔したので、今回は持っていくのをよそうと思っている。倉庫部屋の奥深くにしっかり梱包して、お宝として置いていこうと思う。万が一、戻ってきたときには一杯目のお茶をこれで煎れたい。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by May
  • 2018/09/26(Wed)08:43
  • Edit
どうしても手放したくないものいくらかは船便で日本に送るのは・・・?(と口で言うのは簡単だけど、そう簡単にいかないのでしょうか)

でもその急須とはいつの日か再会できるかもしれないですね。

私は本当に本当にスーツケースの洋服以外は全て失くしたので、しばらくは酷い喪失感に襲われていました。
以降、何も買わなくなりました。
死ぬ時は持っていけないので、よい経験だったのでは、とも思います。

Mayさん

  • by 砂漠人
  • 2018/09/28 03:11
わたしもものを溜めこむのはいやなので、手ぶらで帰ってもいいと思っています。思っているんですけど、きっと変なもの、必要ないものを持ち帰るでしょう(笑)。

No Title

  • by Tamihime
  • 2018/09/26(Wed)20:55
  • Edit
お引越し前の荷物の整理には苦労しますね。私も6回引越しをしました。その度に悩み、決断、後悔の三点セットを経験しました。
少ない物で心豊かな生活が理想なのに増えゆく物たち。
両親はたった一度の引越しをしましたが、その時に捨てるものと取っておくものを反対のトラックに入れ、代々伝わってきた雛飾りや道具類をなくしましたが、母曰く、何も必要ではなかった、そうです。
ハリルさんがご一緒なのですから、刺繍の道具と思い出とともに元気にご帰国なさってください。

Tamihimeさん

  • by 砂漠人
  • 2018/09/28 03:12
とっておく方を捨ててしまうという話、他にも読んだことがありますが、気がついたときは血の気が引きそうですね。でも「何も必要ではなかった」、こちらが本当なんでしょうね。
はい、刺繍糸だけは持って帰ります!

No Title

  • by mizuki
  • 2018/09/27(Thu)23:41
  • Edit
 急須の蓋をベレー帽、本体をハンドバッグに見立てて荷物チェックを突破する…できるとしてもやりたくないですよね。

 日本に帰ってからこの急須が恋しくなるようなら、ハリルさんが単身一時帰国するときなどに持ってきてもらうのがいいのかな。金継ぎで良さが増していますね、手放しがたいのがわかります。

 あ、前のコメントのfirebug、うちの前の植え込みにもたくさんいるんです。こちらの記事のおかげで彼らの食べ物を突き止めました。植え込みの半分がアオイ科の植物です。その種ですね、なるほど。
 

mizukiさん

  • by 砂漠人
  • 2018/09/28 03:12
本当にmizukiさんはおもしろい! 想像力が違います。
やはり急須はお宝として、眠らせておきます。その方がロマンチックですよね(笑)。
今日も firebug の大群を見つけました。わたしは慣れましたが、写真を載せると卒倒する人が出るかもしれないので、やめておきましたよ。これを鶏が食べてくれたら最高なんですが、そううまくはいかないようです。

No Title

  • by paprica
  • URL
  • 2018/09/28(Fri)04:23
  • Edit
わぁ♪ 金継ぎ~。素敵ですね~。継いだ部分のラインがお急須のデコレーションになってオシャレに見えます。
くみこさんはひょっとするともう砂漠には戻られないのかもしれないのですか?ちょっぴり寂しい気持ちもします。でも大切なお急須が眠る砂漠の家ですもんね、また戻ってこられるかな、とも期待しています!くみこさんのお話大好きなので、日本でも書いてくださいね~。

papricaさん

  • by 砂漠人
  • 2018/09/29 02:50
やはりこの急須は、お気に入りの湯飲みと一緒に置いていきます。
日本に戻ると、砂漠的な話がなくなっちゃうと思うんです。残念ですけど、ブログはおしまいとなりそうです。あまりに長いあいだ書いてきたので、信じられないんですが。

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]