忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

刺繍

 刺繍の新しいプロジェクトに取りかかっている。また、カーテンを留めるタッセルだ。これまで刺したことのない模様だが、サイズをばっちり計算して作図したので、前回よりうまくいくだろう。


 トルクメン刺繍はまず、枠となる線を緑色の糸で刺繍することから始まる。その次に、黒い糸で模様の枠線を刺繍することが多い。ここが一番、忍耐のいる仕事だ。黒がよく見えないし、同じ形で長い距離を刺さなければならないので、退屈で仕方がない。でも枠線なので、正確に刺しておかないと、残りの色を入れるときにつじつまが合わなくなり、困るのだ。

ひたすら黒い糸で枠線を刺す

現在、黒が2/3ほど終わった。いや、二本あるからまだ1/3だ!

 この模様は、アンティークの帽子からまねしたもので、義母に見せたら「アチャル(鍵)模様」だと言っていた。早く色を入れたいけれど、タッセルは二本あって同時進行するつもりなので、まだまだ黒との闘いが続く。
 最近になって、ようやく刺繍作業に手ごたえを感じ始めた。図案の配置やスティッチなど、一段階上のレベルで習得できたという気がするのだ。このタッセルを仕上げることで、それを自分に証明したいと思っている。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by Tamihime
  • 2018/10/02(Tue)10:51
  • Edit
「鍵」、模様が楽しみです。ちょっと秘密めいた模様?
黒に黒を重ねるのは目がよく見えないと難しいです。
何事にも真正面から取り組む姿勢、見習いたいです。

Tamihimeさん

  • by 砂漠人
  • 2018/10/03 02:05
この形から、大体想像できるとは思いますが、色が入るとまったく違う表情になります。「鍵」と言われなければ、鍵の形を見出すのは難しいけれど、言われたら「なるほど~」と思うような感じでした。
真正面から取り組んでいますか? 自分ではよく分かりませんが(笑)。

No Title

  • by May
  • 2018/10/03(Wed)05:08
  • Edit
kumikoさんが刺繍を極めたら、実はトルクメンよりも綺麗に刺すんじゃないかと思います。
今後は忙しくなって、あまりできなくなるのでしょうか・・・

Mayさん

  • by 砂漠人
  • 2018/10/08 03:34
ありがとうございます。しかしそういうことはないです。トルクメンの手はすばらしいですよ。というか、手のいい人はどの民族でもいるんでしょうね。わたしも可能な限り、手を動かしておきたいと思いますが、いつまで続くか…(笑)

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]