忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

南庭

 双子の子ヤギが産まれたというので、南庭に行ってみた。


 前方に見える大きな倉庫が、南庭の敷地内にある。まわりにポツポツと立つ建物はご近所さんのものだが、もう家畜を売って来なくなった人も多く、あたりは静かだ。後ろに見えるのは、カスピ海の南側に沿って聳えるアルボルズ山脈の一部。アルボルズは、クミシュテペのあるゴレスタン州からアゼルバイジャンの方へ続く山脈である。テヘランへ向かうときは、これを越えていく。


 近くに来ると、ナーセルの長男が羊と牛の群れを阻止していた。南庭では、ハリルが飼料を作り、ナーセルが餌箱に入れている。その作業が終わるまで、羊飼いが家畜たちを外に留めておかおないといけないのだ。甥は羊、牛と順番にうまいことさばいていた。数十頭の動物が弾になってかかってくると、簡単に止めることはできない。鉄製の扉など、牛なら簡単に壊してしまうだろう。

子羊の抱き方がまずいです

 甥は9歳となり、本当に頼りになる手伝いとなった。彼は動物が大好きなのだ。うちに来たときに窓からそっと見ていたら、犬や猫を抱き上げて「僕はお前が大好きなんだよぉ~」と言いながら頬ずりしていて、思わずこちらの顔も心も緩んでしまった。しかし牛のお尻に飛び蹴りをしたりしていたので、やはり感覚は砂漠人だ。

この雄牛がなかよしなんだそうだ



 お目当ての子ヤギ。母ヤギが警戒している。栄養いっぱいのミルクを飲んで、ウンチをしたらとりあえず安心だ。

子羊は4匹いた

 自宅の犬バグティは、ガチガチ亡き後、南庭のボスになろうとしているようだ。自宅を放り出して、南庭にいる時間が長くなった。南庭には、飼い主を失った野良犬が何匹もやってきて、ハリルは結局餌をやり始めた。隣のおじさんに捨てられた犬は、わたしもオーナーの一人だと分かるとすり寄ってきて、撫でてくれとせがんでいた。本当にかわいそうな犬たち。彼らは餌よりも、飼い主が必要なのだ。


 最後に記念撮影をして、庭を後にした。さようなら、牛たち、羊たち、犬たち、猫たち。この景色と空気。

クミシュテペの町に戻る

 帰り道、行きに自転車を停めたあたりで、犬のガラアーラが出てきた。また自転車を停めてひとしきり撫でた後、彼女にもバイバイをした。

がんばってね、賢い犬よ

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by mizuki
  • 2018/10/15(Mon)17:49
  • Edit
いよいよ明日!出発前の家や砂漠の様子をを見たいなと内心思っていたので、載せて下さって嬉しいです。区切り、残念、安堵、もったいない…希望、などごちゃごちゃに混ざりあってのため息が出ました。

 これからまたお会いできますし、やりとりもできますね。まずは落ち着かれた頃に、突然出発することになったちょっと面白い場所便りをお送りします。またいろんなテーマでお話ししていきましょう~。

 砂漠人、最後まで見届けますね。出発まで良い時間を過ごされますように。ハリルさんにもよろしくお伝え下さい。

 

 

mizukiさん

  • by 砂漠人
  • 2018/10/16 00:21
家の写真も上げておきました!
mizukiさんのお便りも楽しみにしていますね。それでは、今後ともよろしくお願いします。

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]