忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

ありがとうございました

 いよいよ最後の記事となりました。出発前のバタバタで焦っていて、気の利いたことは書けそうにありません。
 このブログはここで終わります。日本でどんな暮らしになるのか、今は想像がつきませんが、なにかつづきのようなことがあるとしたら、インスタグラムにアップロードしたいと考えています。現在使っているインスタのアカウントも、今日で終えます。新しいアカウントは下のとおり。気長にお待ちください:
 また、ハリルの生い立ちを綴るブログ『砂漠人6』は、ハリルが語ってわたしが書いているので、その作業時間が取れるようになったら記事をアップしたいと思います。こちらも、どうか気長にお待ちください。
 それでは、長いあいだ、または短いあいだ読んでくださり、本当にありがとうございました。でも、まだインスタや砂漠人6で続きますよ!

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by ざざ
  • URL
  • 2018/10/16(Tue)08:39
  • Edit
数年前からずっと密かにファンでした。
大変なご苦労もあったと思いますが、砂漠での生活はとても生気に満ちていてとても興味深いものでした。
気をつけて帰ってきて下さい。
続きを楽しみにしております^^

ざざさん

  • by 砂漠人
  • 2018/10/29 00:02
コメントありがとうございました。うれしいです!
クミシュテペでの生活が急に終わり、まったく別の世界で暮らしています。今後の方向が見えるまでに、まだまだ時間がかかりそうです。

ありがとうございました

  • by ayaG
  • 2018/10/16(Tue)09:55
  • Edit
私もひそかにこのブログで異国の事柄を楽しませていただきました。
インスタグラムをしていませんので再開時にお会いすること叶いません。
これからも良い人生を歩んでゆかれるよう祈念しております。
長い間ありがとうございました。

ayaGさん

  • by 砂漠人
  • 2018/10/29 00:02
ブログはどこかで誰かが読んでいるかな… と考えることもありました。コメントありがとうございます。ここで終わってしまうことが残念ですが、ayaGさんもお元気でお過ごしください!

おつかれさまでした

  • by すいか
  • 2018/10/16(Tue)21:49
  • Edit
上に同じく、密かに長いこと読ませて貰っていました。(スゥエーデンにいた頃から)この機会にお礼を言いたくて、ありがとうございます。

砂漠での生活が終わってしまうと聞くと、
なんだか切なくもなりますが、それもまた久美子さんの人生には必要な変化なのかもしれません。

無駄になってしまったとも思われる時間の連なりは、いつかどこかで意味を持つ事もあると最近感じさせられたので、きっと人生に無駄なんてないのでしょう。砂漠生活を経た久美子さんからしたら、無駄でないなんて必要ない考え方かもしれませんが。

新生活でのご多幸をお祈りしています。

すいかさん

  • by 砂漠人
  • 2018/10/29 00:04
スウェーデンの頃からですか。うれしいです。テレます。
無駄になったと考えずにはいられませんでしたが、ボーダの姉さんにも「砂漠生活は宝物」と言ってもらって、「そうか~」と考えるようになりました。きっとわたしの人生における宝物になるんだと思います。
すいかさんも、お元気でお過ごしください。ありがとうございました。

No Title

  • by Tamihime
  • 2018/10/21(Sun)19:55
  • Edit
骨を埋めようとまで決心されていた地を離れる潔さ、家禽などを残すことへの心残り、去ることで得られる安堵感など、複雑な心理的変化を興味深く拝読しました。

今日、堀口大學の一節が目に止まり、それが久美子さんと重なりました。
「同じ日本人でも、長く外国で暮らしている人達は日本に住んでいる人と比べて、まるで別の人種かと思われる程、「殉情的」になるものなの。
何かにつけて、わびしいこと、はかないこと、つらいことが多いので、知らない間に感じやすくなって、涙もろくなって、詩人になるのでしょうね。
人間はジャガイモ以上に「土地の産物」だということよ。」(日本の鶯より抜粋)

御目文字叶いますように。

Tamihimeさん

  • by 砂漠人
  • 2018/10/29 00:10
おもしろい! ありがとうございます。どうなんでしょう、自分ではよく分かりませんね。犬と猫のことだけは、感情が揺さぶられそうなので思い出さないようにしています。じつは、実家にも野良猫が来まして、餌をやっていますが。
イランに関しては、親戚がみんな危険な目に合わないことを願うばかりです。そして前を向いてがんばろうと思います。

無題

  • by まつざわ
  • 2018/11/06(Tue)07:24
  • Edit
しまった。読んでなかった。

日本で会えるかな…

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]