忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

エビ

エビの季節がやってきた。季節といっても、エビは養殖なので、太って食べ頃になったということだ。

初日は刺身で食べました

一度に2~3キロ買ってきて、100尾くらいを一気に処理する。頭を取って、殻をむいて、背ワタを取る。もちろん、脇にわさびを溶いた醤油皿を置いておき、ちょっとつけては「パク」。これがたまらない。このときばかりは、日本酒が必要だ(ハラム)。
頭でスープを取ってチェクディルマも作ったけれど、やはり刺身が一番おいしい。加熱する場合は、最後にほんのちょっとにしないと、せっかくの風味が減ってしまう気がする。地元の人は、ほとんどケバブ(グリル)にして食べているようだ。
エビの養殖は数年前に始まったばかりなので、クミシュテペの人にとってエビは未知の食べものだと思う。今のところ頭は捨てられているので、殻と一緒にハリルが市場からもらってくるようになった。鶏肉の骨や皮とは違い、エビの殻はタダなのでうれしい。


エビは、頭からものすごく美味なスープが取れる。犬や猫は、エビの頭をやるとそのままガリガリ食べるけれど、殻も残さず食べてもらうためにひと手間かけることにした。エビの頭と殻を煮て柔らかくし、それをフードプロセッサーで粉状にし、スープに戻し、パンととも混ぜるのだ。これだけのエビをすべて粉にするのは本当に手間だが、そうすると鶏にもやることができるので、今のところやっている。エビも1~2ヶ月のあいだに終わってしまうので、少しの辛抱か。

エビ待ち

エビ待ち

鶏に占領される餌場

猫より鶏が強い

それはバグティの餌入れです


鶏の餌場は牛小屋なのだが、犬猫の餌を横取りしにくる鶏が増えている。犬は鶏より強いが、猫は引いている。コッコは猫を突いていじめているが、今日はチーちゃんにパンチをくらっているところを目撃した。

PR

台所と昼ごはん

市場での仕入れから二日。さて今日は、桃のジャムを煮てしまおう。3キロ分の桃を小さく切り、鍋に入れて砂糖をふっておき、水が出たら火にかける。


砂糖が足りないので、買いに行くようハリルを催促しつつ、次の作業に移る。次はなすのグリルだ。日本の焼網で焼いて、冷凍しておく。なすは、まっ黒こげになるまでしっかり焼かないと、うまく皮を剥けない。今日は最初の数本が焼き足りなくて、二度焼きしたら本当に炭のようになっていた。


なすが冷めるまで時間がかかるので、さらに新しい作業を追加した。ラタトゥイユづくりだ。


松浦弥太郎風に、最初にガーリックオイルを作って、野菜をそれぞれ炒めて最後に鍋で煮ている。



いんげんとたまねぎ


なす、パプリカ、羊肉、きゅうりも投入



最後にトマトを入れて、コトコト煮込む。わたしの場合は、羊肉を入れることと、羊の脂を少し使うのでボリュームアップだ。煮込んでいるあいだに、冷めたなすの皮を剥いて、仕上げる。


ラタトゥイユの煮込みも完成した頃、今度は桃ジャムを火にかける。


効率よくやったようなつもりでいて、実際はすべての作業に3時間以上かかったような気がする。まったく時短ではありません。

3キロ分のジャム完成。砂糖は25%なので、冷凍保存する

お昼の時間を過ぎたので、冷凍してあった煮込みの残りをいろいろ解凍し、ごはんに好きなものをかけて食べるスタイルに。煮込みはゴルメサブジ、ゲイメ、カレー、ナスの肉みそ炒めの四種類だったのだが、ハリルがゴルメサブジとゲイメ、わたしがカレーとみそ炒めを食べた。イランと日本できっぱり分かれたけれど、わたしもほんとはゴルメサブジが一番好きです(笑)。

追記:
なにか足りないと思ったら、完成したラタトゥイユの写真でした。




虫の話(スムスム)

気温が上がる5月くらいから、家の中にはいろいろな虫が発生する。まずはノミ、ハエが出てくる。布団にダニも感じるようになる。でもダニは、布団を日干しにして、掃除機で吸い取れば解決だ。ハエは、プラスチックのハエ叩きでこまめに叩く。そして部屋の隅に薬をまいて、猫を家に入れないようにしてノミがいなくなる頃、今度は蚊が出てくる。しかし蚊は、ハエと同様、虫の中でも一番どうでもいい種類だ。叩けばすぐに殺すことができるし、飛ぶ速度も遅いので捕まえやすい。
最悪なのが、スムスムという虫だ。蚊のように皮膚を刺すのだが、刺されるときにチクッと痛みを感じる。刺されたあとは、もちろん痒くなる。ただし一番ストレスを感じるのは、その虫が捕まえにくいということだ。スムスムは、物の表面を這うように飛んでいる。蚊のように狙いを定めて叩こうと思っても、逃げ足が速くて大抵捕まらないのだった。
ハリルによると、砂漠で寝ている羊飼いたちも、今年の夏はスムスムが多くて安眠できなかったそうだ。網戸もすり抜けて部屋に入ってくるとか。見かけは蚊よりもか細い感じで、黄土色というか、砂漠の砂のような色をしている。羽にまるみがあるので、上から見るとハートのような形をしている。潰すと、ほとんど質量がないような感じなのに、刺すときのあの鋭い口はどういうことなんだろうか。9月後半に入っても、スムスムはまだ飛んでいる。「蚊がいなくなるスプレー」というのがあるそうなので、来年の夏は日本から持ってこようと思う。
ヒトを刺すのはノミ、ダニ、蚊、スムスムだが、どれもシャワーのあとに患部に塩をふり、水をかけてジョリジョリとこすることで簡単に解決できるようになった。虫刺されのどの薬よりも、塩が一番治りが早いし、痒みを押さえる効果も抜群だ。干し草アレルギーや、ときどき出る発疹も、塩水で十分治すことができる。

雄鶏

最近、隣の家の白い雄鶏がうちの庭に侵入してくるので、石を投げて追い払っている。このあいだは、鶏が悲鳴を上げているので外に出てみたら、その白い雄鶏がうちの雌鶏を追いかけ回していた。庭の外に追い払った後、うちにはボスである雄鶏が一羽いるのに、何をしているのだろうと探したら、なんと彼はその両足に糸が絡まって動けなくなっていた。庭に落ちている紐や糸などのゴミはできる限り拾うようにしているのだが、ときどきこういうことがある。彼の足を捕まえて逆さまにして台所まで連れて行き、糸をすべて切って元に戻してやった。

あまり体の大きくない雄鶏のボス

十数羽の奥さんを従えている大将なのだ

それにしても、大将が倒れていたら敵の陣地でもすぐに侵入してその座を奪おうとするのか。まったく抜け目のない動物だ。ボスの次に大きな雄鶏であるコッコはどうなのか観察していたら、白い雄鶏から逃げ回っていた。まだ若いから弱いのか、生まれ持った性格なのかは分からないが、まったく頼りない。


しかし女を口説くのはうまいようで、今日もこの娘に目をつけて近づいていた。コッコよ。せめて、こどもをたくさん作ってくれたまえ。

コンクリを切る

今日もまた、少しだけ塀の工事が進んだ。家の入口となる扉(門)をつけることになる場所の、コンクリートを取り除く作業だ。塀のブロックはハリルが壊したけれど、その下に基礎となる太いコンクリが残っているので、それも取り除かなければならない。この仕事は、壁越しのお隣さんがドリルを持ってきてやってくれた。


奥の白い壁越しに見える家に住む、おじさんだ。おじさんと書いたが、わたしより若いような気がする。奥さんと、こども三人で住んでいて、植物を育てるのが上手な人だ。次女さんは、ナーセルの娘たちと一緒に遊びにくることがあるのだが、飛び級で一年上の学年で勉強しているそう。

おじさん、痩せ型がかっこいいです

この作業は相当大変そうだ。そういえば、今住んでいる地上階に、窓を入れるための穴を切ってくれたのも彼だった。振動ドリルで根気よく穴を開けながら、コンクリートを砕いていく。数十センチ間隔をあけたところも切り、鉄棒をテコの原理で動かして、グラグラさせてから塊を取り除いていた。小学生の息子がそれを手伝っていた。
 

3時間ほど作業をして、門の幅の分の基礎は取り除かれた。次はどんな作業になるのだろう。それはナーセルだけが知っている。


移植せずに一部残しておいた綿花は、さっそく危ういことになっている。どうしたものか。
ところで何度も揉めたことがある隣の家との境には、大きないちじくの木が生えたし、今はうちの排水のせいでカボチャ、メロンが生えてきている。カボチャは少なくとも2個の実を確認した。タラゴンもたくさん生えている。できればいなくなってくれ… と思っている隣の家との境界線が、皮肉にも豊作で、楽園的様相を見せている。なかよくしなさいということなんだろうか?


…あり得ないス。

ガウシャン

庭で餌をやっている猫が13匹もいて、それぞれが甘えてくるので「もう、面倒をみきれない!」と思うことがしばしばある。しかしやはり、かわいいので思い直して世話をしている。
どの猫もそれぞれのかわいさがあるのだが、今はやはり一番小さいガウシャンがダントツで愛嬌がある。彼女はひどく甘えん坊だが、健気さがあってつい家に入れてしまう。


とてもかわいい声で、しゃべるように「入れて!」と鳴く。最近は網戸に登り、わたしが嫌がってドアを開けるよう仕掛けてくる。網戸が壊れると困るので、ついつい屈してしまうのだった。
しかしガウシャンは態度のいい猫で、餌をやれば一所懸命食べて、そのあとすぐに昼寝をする。そういえば、ロミ夫もそういう猫だ。彼の場合、食べたあとは寝室に直行して「ドアを開けてくれ!」と鳴くのが習慣だった。いい大人になった今も、ときどき来る。ガウシャンは子猫なので、お母さんに甘えたいのか、気の済むまでモミモミをしてから、わたしにくっついて眠りたいようだ。時間があるときは添い寝してやるけれど、用事のあるときはクッションの上に乗っけて「寝なさい」とやる。大概は、ニャーニャー言って追いかけてきて、寝てくれないのだけれど。


今日はパソコンをしていたら、マウスを持つわたしの腕にくっついてきて、気がついたら眠っていた。写真を撮っても気づかない。そのうち、パソコンにあごを乗せて寝入ってしまった。うぇ~ん、かわいいよ~





カロリー計算

最近、スイカやメロンのエネルギー量(カロリー)について意識をしたら、それらが思っていたほど少なくないということに気がついた。夏の夕食は、パンとスイカなどということがよくあったのだが、わたしはスイカはほとんど水のようなものだから、いくら食べても問題ないだろうと思っていた。もちろん、これは体重をもっと減らそうとしているハリルにとって、の話です。
いくら低カロリーでも、スイカ1個となると2キロだったら740kcal、パンを添えて食べたら低カロリーどころか、カロリーオーバーもあり得る。これは迂闊だった。ハリルの体重は増えることはないけれど、減り始めてからあるところで留まっているようだったので、果物のカロリーについて気がついてよかった。ハリル自身も果物は体にいいと思っていて、しかも「カロリー計算」などという発想は彼にはないだろうから、説明してもどこまでピンときているか怪しいものなのだ。とにかく、量を減らすよう説得している。
その後、いつも焼いているお菓子についても、気になってきた。大好きな紅茶のパウンドケーキのカロリーを試算してみたら、3,020kcalだった。8等分したものは、377kcal。これくらいの量はパクッと食べてしまう。驚きだ。体重を減らす妨げになるので食べさせたくない一方で、お茶と一緒にたまには焼き菓子を出したい気持ちもある。そこで、油と砂糖を25%カットしたレシピで焼いてみることにした。


見た目はあまり変わらないようだが、やはり油によるキラキラ感は減ったような。そして肝心の味は、甘くなかった! 多少のパサパサした感じはなんとかなりそうだが、甘くないので満足感がない。満足するためにたくさん食べてしまいそうで、これは失敗だと思った。次回は、油は25%カット、砂糖の減量はせずに焼いてみようと思う。ちなみに、混ぜ込んだあんずのコンポートの分は、計算に入れていない。しかし今年漬けた分はこれで食べきってしまったので、その分の心配はなくなった。そろそろ、夏も終わりそうだ。

これっぽっちで317kcal? キビシィ~!

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]