忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

ナスなど

先日作ったチーズケーキは、とてもおいしかった。たぶん、味は買ってきたクリームチーズと生クリームで作ったものとさほど変わらないのだろうが、自分たちの育てている牛から絞った初乳や牛乳やヨーグルトを使っているので、新鮮さがおいしさが倍増させるのだと思う。考えてみると、うちではパックされた食品をほぼ使っていない。日常的には、紅茶とマヨネーズくらいだろう。あとはすべて素材から食事を作っているし、その中には羊肉や卵など、自給できている食材もある。野菜や果物の皮、お茶の出がらしなどは牛や鶏にやるので生ごみもほぼ出ないし、パックされたものを買わないのでプラスチックのゴミも少ない。青果を買うときにレジ袋をたくさんもらうので、それを減らす工夫をすればごみはさらに減るだろう。けれど、クミシュテペの人は海に繋がる水路になんでもボンボンと捨てるので、わたしがごみを減らしたところで全く何の役にも立たないのだった。
さて、気を取り直して、今日はナスの処理にようやく取りかかることにした。3キロもあったので面倒で、ついつい放置してしまった。


焼き網でグリル


塩をして10分ほど置き、フライパンで焼く


皮が痛みかけていたトマトも保護

ナスの下ごしらえも無事完了し、本日のカレーライスに使った1パック以外は冷凍した。これであさっての市場に備えて冷蔵庫がすっきりした。
庭にいる鶏の産卵が止まって以来、なかなか元に戻らなかったのだが、今日は4個も集めることができた。鶏は好きな場所に卵を産むので、日が暮れる前に何ヶ所かをのぞきに行くと、卵を見つけることができる。


手書きで日付を刻印しています

今日はさらに、春から着るつもりのワンピースの縫製作業を進めた。昨日型紙を切っておいたので、次は布を整えて印つけと断裁だ。でもじつは、ワンピースを作る中で、印つけの作業が一番苦手だ。大きな布を整えたり、ずれないように布を押さえたりすることにストレスを感じる。


ポケットつきのワンピースドレス

それでも一着分できた。あと3枚も縫う予定だが、とりあえずは一着を仕上げたい。丈がくるぶしまであるワンピースを着ないとバラックも着ることができないので、今年は早めに縫っておくつもりだ。

PR

チーズケーキ

アウズ(初乳)を使ってチーズケーキを焼いた。チーズケーキの材料は、クリームチーズと生クリームのようなので、わたしはアウズとカイマック(牛乳の膜の部分)とスズメ(水切りヨーグルト)を使った。卵も自家製なので、かなり贅沢なチーズケーキになったと思う。


焼けた~

生地を舐めたら、生のままでも十分おいしかった。これは期待が高まる。冷蔵庫で冷やして、明日味見をするつもりだ。レシピはベイクドチーズケーキを参考にした。

アウズ+カイマック+スズメ=400g
卵 2個
砂糖 90g
小麦粉 30g
オレンジの果汁(レモンジュースの代わり) 大さじ2

すべての材料を泡立て器で十分に混ぜ、敷き詰めたビスケット(バター)の上に流し込む。弱めの火加減で40分くらい焼いて、できあがり。参考にならなかったらスミマセン(笑)。

クミシュテペの店には必ず昔ながらのダイジェスティブビスケットが置いてある。15枚くらい入って、35円くらい。チョコレートがかかっているのは、50円くらいする。素朴な味のこれが好きで、ときどき食べている。


子猫も順調に育っています

子牛・子犬・子羊

先日産まれた牛 No. 3 の子は、白くて面白い顔をしていた。

わたしが見かけるときは、いつもミルクの飲みすぎでぐったりと座り込んでいる。けれど、力が強くて(ミルクを飲みたいとき)元気なオスだった。

No. 4 の子。おでこにハートマークのあるきれいな子牛になった。左も、前年に産まれた No. 4 の子、No. 7 だ。かなり大きくなった。
犬のガラアーラは、倉庫の脇に積んだ(余った)干草のところに子犬を囲っていた。わたしが近づくと、ものすごく不安そうな声を出して、追いかけてくる。「触らないで」とか、「さらわないで」と言っているに違いない。

そろそろ目が開いた子犬も出てきたようだ。全部で8匹。南庭には、去年ガラアーラが産んだうち、3匹が残っているので、今回の子犬は誰かにやることになるのだろう。犬も猫も増えすぎて、餌やりがきつくなってきている。
自宅から南庭に移した8匹の猫のうち、1匹は倉庫のある家にやったそうだ。ナーセルが干草を売りに遠くの町まで出かけたとき、いつのまにかトラックに乗り込んでいて、目的地で飛び降りたのだとか。そのままオーナーにも懐いていると聞いたので、ひとまずよかった。残りの7匹と、その前に産まれた3匹の合わせて10匹の猫が元気に暮らしている。本当に活発で、今日もわたしの目の前でネズミを狩っていた。


タイちゃんの子猫たち


遠目にもネズミを咥えているのだ見えた。これは年長のサーリジャ


年少のサーリジャがネズミを横取りした!


散々もてあそばれて、息絶えたネズミくん

猫ににらまれたら、ネズミはもう逃げようがない。小さな命をギブアップだ。猫も犬に噛まれたら、命が尽きる。

この子羊は、どうしたのか右目がつぶれているけれど、元気いっぱいでかわいい。買ったのだそうだ。先日子羊が死んでしまい、母羊のミルクが余っているので新たに子牛を買ったのに、実際はミルクが足りなくて、この子には牛乳を哺乳瓶でやっている。そのせいか、人間を母親だと思って懐いてくる。

バラック

義母に刺繍をしてもらったバラック(ズボン)が仕上がったので、3~4本まとめて受け取ってきた。そのうち二つを紹介したい。


「スカーフ」の模様(ペイズリーのことだろう)


「ザクロ」の模様

ペイズリーの方はモダンな色使いで、ザクロは古典的な色使いだ。組み合わせは古典的なルールに則っているものの、義母はそれぞれの色味を少しずつ変えて、すばらしい配色をしてくれたと思う。
これらのバラックはまだ上半分を縫っていないのだが、ザクロの方は裾口も広いので、大きめのサイズになる予定。脚の長い方、大きめサイズの方、ぜひどうぞ。二本限定で販売予定です。


これはわたしも買いたい!

おまけは、ハリルが市場で買ったほうきの写真。芸術的でしょ?


実用品です

出産など

チーちゃんの出産は結局、3匹だった。黄色いのが1匹いて、おそらくそれはロミ夫の子だろう。雌猫は自分のテリトリーから出て行かないし、この辺りで見かける雄猫は限られている。去年も今年も、チーちゃんと似たような柄のオスが来ていたので、2匹はそれの子だと思う。もうすぐ出産するタイちゃんは去年、三毛猫を2匹、黄色とグレーを1匹ずつ産んだが、今年はどうだろう。なんとなく、白いアークジャの子が産まれるような気がする。

子猫たちは、常に乳首を咥えてミルクを飲んだり眠ったりしている。恐ろしくて性別はまだ確認していないが、早く成長して猫らしくなってほしいと思う。
南庭では、牛 No. 7 に続いて No. 3 が出産した。今回は初乳中の初乳、つまり一番最初のミルクをもらってきた。さすが、カスタードクリームのように固まったし、色も黄味が強い。初乳は弱火でゆっくりとかき混ぜながら温めて、ひらひらと固まりが出てきたら火を止める。そしてそのまま置いておくと、冷めた頃に固まっている。


手前はもう食べたところ

長いあいだ卵を産まなかった鶏は、今日また1個産んでくれた。これからまた増えるよう、期待している。屋外での活動が増える春に向けて、アウズや卵を食べて備えなければ。内装工事の終わった二階の掃除も待っているし、じつは地上階も一部屋、鶏小屋のままになっているのだった。

チーちゃんの出産

3月1日、チーちゃんが出産した。何度目の出産だろうか。去年は二回で5匹産んだし、これでまたまた彼女の子孫が増えた。


 出産前日

出産が近くなると、チーちゃんの態度が少し変わってくる。やたらに甘えるようになり、普段はわたしの体から1メートル以内の距離で寝ることはないのに、毎晩わたしの枕元(顔から20cm!)で寝ていた。出産当日は、いつも威嚇して近づけなかったガラジャに自らくっついて寝たり、キティを自分が産んだ子猫のように追いかけまわして舐めたり、不思議な行動があった。「孤高のクレオパトラ」チーちゃんも、出産という大事を控えて情緒不安定になるのだろう。

夕方、1匹目が産まれた。黒の縞のように見えるので、チーちゃんやタイちゃんのような猫になるだろう。2匹目も黒で、3匹目は黄色だった。今のところ、4匹目は産まれていない。暗くなってしまったので、写真はまた明日撮ろう。


 チーちゃん出産のとなりで眠るキティ


 覗くサーリジャ


 ガラジャも。気になるよね

段ボールの中から子猫のピーピーいう声とチーちゃんのグルグルが聞こえてきて、いい気分だ~。

冬の終わり

天気の月間予報を見ると、クミシュテペは明日から最高気温が15℃以上の日が続くことになっている。20℃を超える日もどんどん増えて、いよいよ冬が終わるだろう。しかし今年の冬は、家畜の仕事をしなかったこともあり、わたしはずいぶんと楽に越すことができた。雨漏りも数えるほどしかなかったし、台所も浴室もすぐにお湯が出るようになったので、辛いことは何もなかった。ハリルは逆に、今年初めて雇人なしに自ら家畜の世話をしたので、きつかったようだ。雨の降る日も風が吹く日もバイクで南庭に行って、朝晩の餌やり、または放牧があった。病気になって死んだ子羊は一頭だけで、あとは牛も羊も何頭かが出産した。先日は、犬のガラアーラも子犬を8匹産んだ。まだ目が開いていないので、犬とは別の生物のようだったが、とってもかわいく、近いうちにまた写真を撮りに行こうと思っている。
 自宅ではタローとジローが皮膚病も治り、コロコロした状態からスマートになってきた。


家の前の排水溝は、掘り返してほったらかしてのくりかえし(笑)


ジャポンと子犬たち


タロー&ジロー


バグティ

バグティとジャポンに習ってか、子犬たちは近所の犬が来たり人が近づくと「アウアウ!」と吠えたてている。そして鶏から自分の餌を守ることができるくらい、強くなった。


チーちゃん(♀・右)とガラジャ(♂)

チーちゃんのお腹はどんどん膨らんで、コロコロ体型のガラジャにそっくりになってきた。ガラジャだけはチーちゃん一族ではないので、体つきが異なる。まるっこいし、人間には決して爪を立てないので、限りなくぬいぐるみ的だ。


ガラジャ

キティは風邪をひいて咳がひどかったので、しばらく薬を飲ませた。今では咳も収まったが、一時はサーリジャのように片目がつぶれて、美猫が台無しだった。サーリジャがいつも涙で目が汚れているのは、自分の手で洗わないからのようだ。ほかの猫たちは自分で洗顔しているので、目元くっきり、美しいのだった。


チーちゃん

最新記事

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]