忍者ブログ

砂漠人5

トルクメンサハラの暮らし

   

カステラ

 暖かくなったからか、このところニワトリたちが卵をたくさん産むようになった。それでまた、卵をたくさん使うレシピを調べていて、今回はカステラを作ろうと思い立つ。

材料は牛乳75g、小麦粉150g、砂糖150g、溶かしバター50g、卵白と卵黄6個分。レシピをいくつか読んで、適当に配合した。卵白、砂糖、バター・卵黄・牛乳、小麦粉の順に混ぜて、生地を型に流し、弱めの火で40分焼いた。

ラップに包んで一日寝かせたりするといいようだが、わたしはパウンドケーキのようにしばらく布巾をかけておいただけで、冷めた頃に食べてみた。

外側が、ダックワーズという名前のお菓子を思い出すような食感だ。この配合だと甘さが控えめなのと、カステラに比べるとしっとり・もっちり感に欠ける。けれど、パウンドケーキとは違うたまごのおいしさが感じられたので、同じ配合でまた作ろうと思っている。

毎朝、パンを焼くことも続けている。温度計のないガスオーブンでも、こまめに使い続けると温める時間や炎の大きさを調節できるようになるものだ。最初の頃は焼きがあまめで、だんだん強く焼くようになり、今はマイルドな焼け具合に落ち着いている。


かりんジャム。最近は自分でジャム用の果物を少量買っている

チーちゃんの子猫たちは目が完全に開いて、歩きの練習を始めている。一日のうち多くの時間を子猫との添い寝に費やしているチーちゃん。それでもときどき外出しては、雄猫たちに追いかけられている。まずいと思って子猫を玄関まで持ってきて、わざと鳴かせると、チーちゃんが走って戻ってくる。すまんな。


しあわせそうだね

 
キティ。いつも隙がないね

 

PR

タローが回復か?

今日は子犬のタローにいい兆候があった。朝、パンを焼いているときにふと庭に通じるドアを開けたら、タローだけが近くにいた。昨晩は餌を食べたそうにして、でも匂いを嗅ぐと避けてしまっていた。それでも立ち上がって自ら餌のそばに来るのは大きな変化だったので、朝は食べるんじゃないかと期待していたのだ。そのとおりになって、うれしい。食欲が戻れば、回復するだろう。

タローの具合が悪くなってから、一週間くらい経った。なんの病気か分からないが、子犬のときにこれに罹って死んでしまうケースは、これまでも多くあったのだ。とくに拾ってきた子犬は、ほとんどが死んでしまった。わたしの覚えている限りでは、この病気から生き延びたのはアッコだけだ。


黒のジローはまったく元気

ある種のウィルスに感染しているのだとすると、ジローに移ってもおかしくない。というより、必ず移るだろう。しかしジローは今のところどんな症状も発していないし、やたらに食べて走って元気だ。体もタローよりだいぶ大きくなっている。今回はタローの具合がおかしいとなってすぐに注射をしたり、嘔吐によって失われた電解質を調整するための水分を与えたりしたので、効果があったのかもしれない。タローの死を覚悟したけれど、よかったよかった。
しかし問題は他にもある。警察は犬狩りをこれまでより強化しているようだ。今朝もジャポンとバグティが庭におらず、町では撃たれた犬たちの噂があったそうで、ハリルは彼らが死んだと思ったそうだ。もう何度目だろうか、わたしもこの二匹については何度も失ったと思った。しかしその日はいつかきっと来るだろう。


今朝のパン

今日はフムスを作ってみた。残念ながら練りごまがなく、ごまをフープロで練ってみたものの、粒が残ってしまったので、全体的になめらかなペーストにはならなかった。


フムス?

フムスというものは何度か食べたことがあるけれど、おいしさのコツがいまいち掴めていないので、もっと本物を食べてみないとだめだと思った。味は限りなくマイルドで、パンチはないけれどじわじわとおいしいような、そんな風だった。
さて、チーちゃんの子猫たちの目が開いた。まだ手足の力が弱くて腹這いにしか歩けないが、撮影のために段ボールから出した。

ちなみにキティは生後一年だというのに、まだ体が子猫のようだ。頭の大きさも、新しい子猫とそれほど変わりがないように見える。

アークバールク

今朝はパンを焼いていたら、親戚の漁師がまたアークバールク(白い魚)を持ってきてくれた。そして今日は2尾のうち1尾にキャビア(たまご)が入っていた!

これはバター炒めにして、パンと食べるのがクミシュテペ風だ。クミシュテペはカスピ海沿いの町なので、砂漠地帯とはいえ、漁師の町でもある。


小麦粉:全粒粉=1:1


冷めてからスライス

お昼は、魚を焼き網で焼いてデュシェメという料理にした。ジャガイモを油を敷いた鍋の底に置き、魚、たまねぎ、にんにく、レーズン、ゼレシュクなどを順に乗せていき、最後に茹でたお米を敷き詰めて弱火で炊く。できあがったら上から順に、お皿に盛りつけていく。


デュシェメ

そして夜にはキャビアを食べた。トーストしたパンにパセリバターを塗り、キャビアを乗せてかぶりついた。おいしい。さすがにここまで来るとワインが合うんじゃないかと思うけれど、イスラム共和国ではアルコールは禁じられております。

 

それから今日はタイちゃんが出産した。黒っぽいトラ柄が3匹と、黄色いトラ柄が1匹だった。またしても、ロミ夫の子が1匹(笑)。

モノと思い出

わたしはどちらかといえば、物に思い入れのない方だと思っている。つまり、「これは思い出の品だから捨てられない…」といろいろなものをしまい込むタイプではないということだ。しかしよくよく考えてみると、そういうモノもいくつか持っていた。
ブロ友の papricaさん は、急須の蓋が割れたのに何度も接着剤で継ぎ直して使っているそうだ。じつはわたしもまったく同じことをしている。スウェーデンから持ってきたティーポットの蓋を落として割ってしまい、何度も継ぎ直して五年くらい使い続けているのだ。ティーポットごと沸かすので、しばらくすると接着剤が剥がれてしまうようで、継ぎ直しが必要になる。

これはめずらしく思い出のあるモノなので、できれば捨てたくないが、今度割れたらなんとかしよう。
ヨーテボリに住んでいたときに週末に通っていた市場は蚤の市で、アンティークや中古の品もいろいろと売っていた。いつもステキなものを持ってくるお兄さんが一人いて、これは彼の店でハリルが見つけたティーポットだ。じつはそのとき、通りがかりのイラン人の奥さんがこれを欲しいと旦那さんに言ったのだが、旦那さんは「そんなの全然よくないよ。もっといいのを買ってやる」と、奥さんのリクエストを無視して買わなかったそうだ。ハリルがこれを買おうと値段交渉を始めたとき、わたしは高くても必ず買いたいと思ったほど、気に入っていた。そして案の定安く買ってもらい、ごきげんで帰ってきたのだった。
だからクミシュテペ生活が始まってわりとすぐ、蓋を床に落として割ったときは泣きそうになった。持っていた接着剤で必死に修復して、なんとか精神の平安を保ったものだ。思うのだが、モノというのはかなり確実に壊れるものだから、モノに強い思い入れを持つことは、賢明ではない。

これはまだ壊れていないけれど、ポットつながりで、伯母にもらったお気に入りの土瓶。1.5リットル入るので、スパイスを入れた紅茶を沸かすのに毎朝使っている。壊れても同じものを買い直したいくらい。

それから日本の友人にもらった白いお茶碗も大事にしている。誕生日祝いにもらって、なぜか駅のホームで包みを開けて喜んだ記憶がある。しかしいつのまにか底の一部が欠けていた。犯人はハリルか?(笑)

おまけに、食器置き場の写真。お皿以外の食器は、これでだいたい足りている。ヨーグルト用の小さな器とか小皿とか、買い足したいものを市場で見ているのだが、どの店も毎週同じものを持ってきているようでなかなか見つからない。日本だったら買いたい放題なのにな。ちなみに、モノに思い入れをしないとこだわりを持たないことは別の話だと考えている。こだわってモノを選ぶけれども、所有しているものを手放すことに固執しない、という意味で。

ガトゥックラシュ

今日のお昼はガトゥックラシュという、トルクメン料理にした。ガトゥックラシュは、ヨーグルトごはんという意味だ。揚げた魚とヨーグルトごはんを一緒に食べるめずらしい料理で、味覚の発達していないわたしはこれも最初は好きじゃなかった。しかし食べ続けるうちに、そのおいしさがだんだん分かるようになる。

アシュの作り方は、火を通したほうれん草やハーブ類を冷ましたもの、茹でた米、にんにくやネギなどをヨーグルトで和える。


今回はほうれん草がメインで


米を茹でるときに強めの塩加減にしただけで、ヨーグルトには塩は入れなかった


ピクルス大集合


パセリソースの冷凍も、おおむね成功

魚の塩辛さと油っぽさが、ヨーグルトごはんでうまいこと中和される、不思議な一品です。

今日はコイネク(ワンピースドレス)が一着仕上がった。型紙ができていれば、1~2日で仕上げることができる簡単なワンピで、自分のコイネクはもうこの形と決めている。

記事は日本のネットショップで買った。同じ店でこのほかに3着分買ったので、全部コイネクにする予定。先染め織物の綿で、近くで見るとこういう布です。

アイロンをかけているときに糸を引っ掻けてしまったり(アイロンの先が欠けて尖っているのだ~)、黒い糸が表面に出るよう織りこまれているので、縫うのが難しかった。けれど布はしなやかで、着心地が最高だ。

南庭

今日はヤギが双子を出産したというので、南庭へ出かけてきた。双子のニュースを受けて、一所懸命に世話をしているハリルはとても喜んでいた。


まずは猫のお出迎え。というより、餌を待っている。餌にがっついているところ


子犬の無事をチェック

子犬たちは目が開いてきたようだ。ちなみにチーちゃんの子猫たちも、半分くらい目が開いてきた。

目が少しだけ開くこの状態になると、いつもなぜか自分の弟を思い出す。目の小さい感じが似ているかも。


羊にレクチャーをするハリル


痩せた?


今日生まれた子ヤギ2頭


近寄って来た雄牛。遊びたがるのだが、角で突くので恐いよ!

今日はナーセルが干草を粉砕する作業をしていて、庭中に干草の吹雪が舞い始めたので、わたしだけさっさと退散した。家路の最後、水路沿いの道をとぼとぼ歩いて帰る。


なにもないです


馬がいるっちゃいるけど


ロバもいるっちゃいるが


ここ(果て)まで来たら、うちです

水路の工事のサインまで立てているが、一年以上進展がない。最近は掘り返す頻度が上がったのだが、やはりまた放置されている。この排水溝となる予定の溝を通り越して右に曲がると豪邸に着きます。

この二匹にかなり吠えられるのでご注意ください。でもゆっくり歩いてくる女性には吠えません。


タロー&ジロー

タローが病気に罹ってしまった。今日は何も口にせず、横たわっている。すぐにハリルが症状を話して、獣医に指定された注射をしたけれど、ミルクも飲まずに眠っている。明日の朝、よくなっていてほしい。

イタリアンパセリでいろいろ


ハリルが買ってきたサブジ

大量のイタリアンパセリをどうやって食べるか、インターネットでいろいろ検索して、珍しいものを三つ作った。一つは、パセリ味噌。

味噌と砂糖を練って、茹でたパセリを加えて、フードプロセッサーにかけた。参考にしたレシピにはみりんと酒も入っていたのだが、それはないので、冷蔵庫にあった気の抜けたコーラを使ってみた。それでもなかなかおいしいものになった。日本のごはんがあったら、そこに乗せるだけでよさそうな、フキ味噌のようなものだ。うちではにんじんなど、スティック状にした野菜をつけて食べるつもり。
次に、パセリのソース。コリアンダーも似たようにして作っているのだが、今回は奮発してオリーブオイルを使ってみた。パセリ、ピーナッツ、塩、オリーブオイルで作った。これはスパゲティに絡めたらいいのかな?


うまくキューブができますように


イラン産エクストラバージンオリーブオイル

三つめは、パセリバターだ。みじん切りにしたパセリとチャイヴをバターに練りこんだ。パンにつけたり、ご飯を炊くときに入れるとよさそう。


こうやって冷蔵して、使うときに輪切りにしようと思っている


バターもイラン産(左はマッチ箱)。1個50円くらい

お察しのとおり、一日中台所仕事が続いたので、明日はもう裁縫に戻りたい。休憩用にあれがあるといいなと思い、最後のひとふんばりでこれも焼いた。


チーズケーキ

もう何枚撮っても写真がボケてしまうので、これにておしまい。ご拝読ありがとうございました~

プロフィール

イランのトルクメンサハラに移住した日本人クミコです。中央アジアの少数民族トルクメンの夫と、その家族や動物との日常を綴ります。
2006年にスウェーデンで始めたこのブログは、4回引越をして今に至りました。過去のサイトはリンクより閲覧できます。

連絡先:sabakujin at gmail dot com

P R

Copyright ©  -- 砂漠人5 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]